ワーク

【ビジネスマナーの基本】社会人なら知っておきたいビジネスマナーの知識

3.受け答え

ビジネスマナーでは正しく受け答えができるかどうかも基本の一つです。

上司や先輩など敬う相手に相談する際は、「少々お尋ねしてもよろしいでしょうか」「今、お時間よろしいでしょうか」というように、相手の立場を敬って尋ねるようにしましょう。

ビジネスマナーを意識する必要がない関係でない限り、決して「今暇ですよね?」というような失礼な受け答えをしてはいけません。

連絡するとき、報告するとき、お願いしたいときなど、ビジネスマナーとしての受け答えを身につけておかないと、自分自身が気づかないうちに相手を不快にさせてしまうでしょう。

種類別ビジネスマナー〜作法編〜

ビジネスマナーは言葉遣いのことだけを指しているのではありません。

身振り手振りなどの作法に関するビジネスマナーも抑えておく必要があるでしょう。ビジネスマナーにおける作法は第一印象にも大きく影響するので、絶対に抑えておく必要があります。

ビジネスマナーにおける作法が全然できていなかった場合、相手からの印象は悪くなってしまい、今後の関係性にも影響してくるでしょう。

1.身だしなみ

身だしなみは作法周りの基本中の基本です。

身だしなみは、一切会話をしない・動かない場合でも目で見て分かることであるため、きちんとした身だしなみがなっていないと挨拶を交わす前から印象がマイナスになってしまいます。

スーツを着ているのにネクタイをきちんと締めれていない、襟や袖がよれよれになっているといったところに目がついて見られてしまうと、「やることみな中途半端な人なのだろうか」「やる気が無いのだろうか」と思われます。

第一印象が与える影響というのは本当に大きく、人は見た目が9割と言われることすらもあるため、身だしなみはビジネスマナーにおいて最重要です。

2.名刺交換

名刺交換の作法はビジネスマナー上絶対に必要です。

企業など組織に属する社会人として外部の人と接する場合は、挨拶と一緒に名刺交換を行うことが一般的です。

この名刺交換での名刺の渡し方・受け取り方は決まっており、名刺交換の手順・やり方をわかっていないと「名刺交換すらできない人なのか」と思われてしまいます。

営業の方など外部の人と接する機会が多い人は名刺交換マナーを知っておかないと苦労することになりかねません。

3.席次のルール

ビジネスマナーでは、応接室などで席に座る順番も意識する必要があります。

一般的に言われる上座と下座の関係であり、その場における立場が上の人が上座・立場が低い人が下座に座ります。

席次のルールはビジネスの場では一般常識でもあるため、席次ルールを把握しておかないと取引先との関係性にも影響が出てくるでしょう。

応接室・会議室に限らず、タクシー・社用車・円卓などの席次について覚えておくことこともビジネスマナーとして必要です。

種類別ビジネスマナー〜テキストコミュニケーション編〜

社会人生活においてメールやチャットサービスを使って連絡を取り合う機会が出てきます。

友人とのチャット・メールのやりとりと違い、ビジネスの場ではビジネスマナーの意識が必要です。

ビジネスマナーのことがわからずにチャットやメールでテキストコミュニケーションを取ってしまうと、相手を不快にさせてしまいます。

続いてはテキストコミュニケーションにおけるビジネスマナーについて解説します。

複業するなら 複業クラウド