ワーク

【ビジネスマナーの基本】社会人なら知っておきたいビジネスマナーの知識

ビジネスマナーできていますか?

社会人になった今、ビジネスマナーはしっかり身についていますか?ビジネスマナーは社会人生活において必要不可欠です。

なんとなく礼儀が良さそうと思って行っている行為が、ビジネスマナー上では間違っている可能性があるほか、マナー違反の可能性すらもあります。

社会人になって働き始めると必要になってくるビジネスマナーですが、会社によっては必要最小限しか研修で教えてもらえない、できて当たり前だから全く教えてもらえないということもあるでしょう。

ビジネスマナーが曖昧なまま社会人生活を過ごしてしまい、自分が本当にビジネスマナーができる人間なのか不安になってしまう方もいます。

雰囲気や感覚でビジネスマナーを覚えている方はいざというときに礼儀作法を間違えてしまい、相手を不快にさせてしまう、礼儀がない人に見られてしまうこともあるでしょう。

社会人生活を続けているとこれまでの経験を重視するようになるため、間違ったビジネスマナーを覚えたままになっていることも少なくありません。

ビジネスマナーは仕事でどう活かせる?

ビジネスマナーは様々な場面で求められるマナーであり、実際に役に立つ礼儀作法です。

ビジネスマナーを守ることで、業務パフォーマンスを落とさずスムーズに進めることができます。

たとえば上司に対しての報連相(報告・連絡・相談)などのコミュニケーションは仕事で不要なトラブルを減らせます。これも立派なビジネスマナーの一つです。

ビジネスマナーを守ることは、相手を不快にさせない・無用なストレスを溜めさせないことにもつながるため、上司・部下とのコミュニケーションがとりやすい、クライアントからの信頼を低下させないといった結果に繋がります。

信頼関係の構築にビジネスマナーは非常に有用であり、ビジネスマナーを活かせるかどうかが信頼関係に直結してくると言っても過言ではありません。

ビジネスマナーができていると他社クライアントからは好印象をもたれ、「この会社となら一緒に仕事してもいいかもしれない。スムーズにやり取りできるかもしれない」と思われて、今後いい関係を気づけるきっかけの一つにもなるでしょう。

逆にビジネスマナーができていないと、「こんな基本的なこともできないのか」と思われて相手にされなくなることもあります。

種類別ビジネスマナー〜言葉使い編〜

ビジネスマナーにはたくさんの種類があります。その中でも基本的なビジネスマナーの一つである言葉遣い。言葉遣い一つで人の印象というのは大きく変わります。

特に言葉遣いはコミュニケーションが発生する場において必ず必要となるビジネスマナーであるため、絶対に身につけておかなければなりません。

まずは、ビジネスマナーにおいて基本中の基本である言葉遣いについて見ていきましょう。

1.敬語の使い分け

ビジネスマナーでは敬語の使い分けが大切です。

敬語は大きく分けると尊敬語と謙譲語・丁寧語の三種類があり、敬語を話す相手がどの立場の人間かによって変わります。

二重敬語にも注意が必要です。「〇〇にお会いになられましたか?」というような、尊敬語に尊敬語を重ねるなどの二重敬語は誤った使い方であり、敬語としては正しくありません。

敬語を正しく使い分けられる人は、会話の際に好印象を抱かれやすく、評価にも繋がってきます。

2.挨拶

挨拶もビジネスマナーの基本の一つです。挨拶ができない人はビジネスマナーができていない・失礼な方と思われて不快感を示されるでしょう。

また、ビジネスマナーを意識して挨拶する際は様式だけにこだわらず、相手との関係性も重視してください。

ビジネスマナーにおける挨拶は会釈・忠霊・最敬礼の3つに分かれますが、これらをシーンに合わせて正しく使い分けることも抑えておくべき基本の一つです。

たとえば客先でのはじめの挨拶は中礼を行いますが、同僚など社内の人とすれ違ったときは会釈が適切です。ただただ丁寧にお辞儀して挨拶することだけがビジネスマナーというわけではありません。