複業するなら 複業クラウド

インバウンドの意味とは?

インバウンドは「外から中に入ってくる」という意味をもっています。他には「内向きの」という使い方もあります。

一般的には旅行業界にて、外国人が日本を旅行しに訪れるという意味で使われています。

インバウンドは、英語でいうと「in bound」です。

boundは電車や飛行機にて使われる「〜行きの」という意味があります。

つまり前にinがつくことで、「〜の国に行く」というニュアンスで使うことが可能。

そのため日本ではインバウンドを、外国から日本に向けてくることを指す意味になっています。

実際に日本では、インバウンドという言葉をよく使用するのをご存じでしょうか。

ではどのような時に使われるのかを解説します。

例としては下記です。

・インバウンド観光
・インバウンド需要
・インバウンド事業

日本にやってきた外国人が観光したり商品を購入したりすることで需要が高くなり、事業が発展するため、このような使われ方をします。

主に観光業界に関する言葉として、インバウンド〇〇と使われることが多いです。

アウトバウンドとの違いをわかりやすく解説!

インバウンドとは反対に、アウトバウンドという言葉も存在します。

英語で書くとout boundとなり、「〜行きの」を意味するためin boundと同じニュアンスになります。

ただ日本語では意味が変わってきます。

日本ではアウトバウンドは、外向きの〜行きを意味するためです。

要するにインバウンドのような外から中ではなく、アウトバウンドは中から外へという使い方になります。

一般的に外国人観光客が自国に戻るとき、または日本人が外国に旅行しにいくときに使用します。

そのためインバウンドとは反対に、下記のような使用例が存在します。

・アウトバウンド観光

・アウトバウンド需要

・アウトバウンド事業

日本で「アウトバウンド〇〇」の言葉を使う場合、主に海外に向けて発信・言及しています。

つまり海外旅行に関するビジネスや、旅行を示すシーンにて使われるのが一般的です。

したがって、外国人が日本に旅行しにくることを指すインバウンドとは、全く逆の意味となります。

インバウンド事業のとは?わかりやすい例で紹介

インバウンド事業とは、日本に旅行・観光しにくる外国人をターゲットにしたビジネスをすることです。

観光に関連する事業だけでなく、外国人が訪れることによって発生する新たなサービスや商品のことも指します。

インバウンド事業の例としては下記のようなものが挙げられます。

・ホテル

・百貨店

・小売業界

・家電製品の爆買い

観光に関連したものではなく、少しでも旅行しにきた外国人に役立つビジネスは「インバウンド事業」とされています。

現在ではIT業界でも、インバウンド事業に関連したビジネスやサービスを提供中。

シェアリングエコノミー関連がその一例です。

なぜITがインバウンド事業になるかというと、日本に旅行しにくる外国人はインターネットで情報を集めているためです。

日本で観光している最中も、ネットを使って生活しています。

つまり街にある無料Wi-Fiなども、外国人へと提供しているインバウンド事業です。

情報社会となった近年だからこそ、IT業界でもインバウンド事業に取り組んでいます。

複業するなら 複業クラウド