ワーク

営業の仕事ってなんだろう?今すぐ知っておきたい営業職の基礎知識

営業の意味とは?

ビジネスにおける営業とは、お客様が必要とする製品などを、対話を通して宣伝・交渉し、お客様が求める製品を提供するお仕事です。その対価として金銭などを受け取ります。

営業の働きによって企業は仕事を獲得することができ、会社の経営の支えに直結します。

営業の仕事一つで、経営がスムーズに行くかどうかもかかっている重要なポジションであり、営業が優秀であればあるほど企業の生産性が自然と高まっていきます。

営業の仕事において一つ重要な点があり、それは「利益目的であること」です。

営業は企業に利益をもたらすための存在であり、ボランティアではありません。

お客様が求める製品を提供するために活動することについては、営利目的・ボランティアかどうか問われませんが、営業は営利目的で行う活動・仕事です。

営業を通して利益につながる製品の販売・契約をすることが営業の役割であり、存在意義でもあります。

営業の仕事は難しい?

営業の仕事が難しいかどうかは人により異なります。

営業は少なくとも一対一以上で交渉を通して製品の販売・契約の獲得を目指すため、人と会話することが苦手な方は、営業の仕事を難しいと感じるかもしれません。

また、営業の仕事の難易度は業界によっても異なります。

客単価が高くなる営業。たとえば不動産営業などはお客様が慎重に行動するため、なかなか結果を出せず、苦戦を強いられる場合があります。

逆に、客単価が低く衝動買いしやすい商品の販売を目的とした営業であれば、営業の難易度も低くなりやすいです。

何を誰に対して営業するのかによって営業の仕事の難易度が大きく変わるため、一概に営業の仕事は難しいかどうか判断することはできません。

一つ言えることは、コミュニケーションが苦手な方は営業の仕事が難しいと感じやすいということだけです。

営業の種類

営業の仕事には様々な種類があります。営業の種類によって営業対象が異なり、営業手法も変わってきます。

営業の種類を大きく分けると、法人営業・個人営業・新規営業・反響営業の4種類が存在します。

まずは、これらそれぞれの営業について、営業対象や特徴などを見ていきましょう。

1.法人営業

法人営業は、会社などの法人を対象に営業することを言います。

主にB2B(Business to Business)と呼ばれる、製造業者や小売店・IT企業などと取引する企業間取引であり、営業の中でも地区ができないのが高い部類に入ります。

営業相手が資本をもつ法人であることから営業による取引額が大きく、数百万~数億円規模の取引が行われることも少なくありません。

一般個人を相手にする営業と違い、営業相手の企業の承認プロセスの関係で、一回で営業だけで成功することはほとんどありません。営業を対応した方が決定権をもっていることも少ないでしょう。

営業相手が「契約します」「是非お願いします」と良い流れになっても、実際に契約を締結するまでは、営業が成功したかどうかわからないことも法人営業ならではの特徴です。

2.個人営業

個人営業は訪問客など個人を相手にする営業のことです。

たとえば、家電量販店で商品選びに悩んでいるお客様におすすめの商品を紹介する・宣伝するということも個人営業の一つです。

法人営業と比較して、今その瞬間において必要なものを求めている顧客が多く、その場で販売・契約を獲得できることも珍しくありません。

そういう意味では、営業の仕事経験がほとんどない方でも成功しやすい営業と言えます。