2.運動不足になりがち

在宅ワークでは出勤の必要がないため、運動不足になりがちです。

出社すると、通勤時のみならず、社内でなにかと歩きまわります。しかし、在宅ワークでは、朝起きて、そのまま自宅で仕事を開始するため、自宅のなかですべて完結し、一日における歩行数は少なくなります。

そのため、自己管理が必要となり、一日に一度は外に出る時間を作り、自宅でストレッチや軽い運動を行う必要があります。

3.生産性が上がるとは限らない

在宅ワークは自分が働き、成果を上げなければ収入が発生しません。

朝寝坊、あるいは娯楽に走って時間を浪費したり、あるいは仕事に集中することができずに一日が終わってしまったりという悩みを抱える方も多いです。

生産性を高めるには強い意思が不可欠です。人に労働時間を管理されない分、自分で管理をしなければ、生産性を高めることはできません。

その解決策としては、一日のTo Doリストの作成や、仕事環境の整備が挙げられます。

在宅ワークのなかには手軽にできる仕事が多くあるものの、仕事をとれなかったり、商品を販売して売れなかったりすると収益が発生しません。労働時間がお金に必ずしもならないことを覚悟する必要があります。

在宅で副業するコツ

在宅で副業するにあたって稼ぐ、成功のコツを3つお教えします。ご自身に足りない部分があれば、取り入れてみてください。

在宅ワークを行うにあたってストレスを抱えずに作業することが、仕事の継続や成功にもつながります。在宅ワークを始める際には仕事環境を整えることも重要です。

一人で行う在宅ワークでも、お金が発生するからには他者が必ず関わっています。そのため、ビジネスマナーは厳守です。

1.整ったWi-Fi環境

在宅ワーク、副業のほとんどがインターネット環境を要する仕事です。

エンジニア、ブログアフェリエイター、Webデザイナーなどのように、Web関係の高い知識は必要されなくとも、メールやチャットでのやりとりなくしては仕事が成り立たない案件が大半です。

また、仕事においてもインターネットを使うものがほとんどです。作業中にネットが切断し、データまで消えてしまうことや、クライアントのやりとりに支障をきたすことのないようにしなければなりません。

2.集中できる空間

在宅ワークのメリットとして育児や介護と両立できることも挙げられますが、クライアントを納得させられる成果物を納品するためにも、集中して作業を行わなければいけません。また、生産性を上げるためにも、集中できる空間をもつことは重要になります。

コロナウィルスの影響を受け、多くの企業が在宅ワークに切り替えました。そのため、在宅ワークを快適にするアイテムやリビングの一角を個人ブースにするためのアイテムなど、さまざまな商品が発売されています。こうしたアイテムを利用してみることもオススメです。

3.納期や締め切りを守る

納期や締め切りを守ることは在宅ワークにおいても重要です。

納期、ないし締め切りを想定してクライアントは計画を立てているため、定められた日までに商品の納品を行わなければ迷惑をかけることになります。

継続案件であっても、納期・締め切りの遅延が原因で契約打ち切りになることも十分あり得ます。納期を破ったために、今後の仕事を得難くなり、場合によっては在宅ワークを行えなくなるかもしれません。

納品が約束の日に間に合わない場合は、できるだけ早く、謝罪をした上で、その旨を連絡する必要があります。