在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットは自宅で収益を生み出せることです。在宅ワークは育児や介護をしながら働くことができるため、この働き方に助けられている人たちは多くいます。また、病弱な方たちにとっても、貴重な仕事といえるでしょう。

近年では在宅ワークは副業としての人気が高まり、注目を集めています。副業として月に1万円未満の収入を得る難易度は比較的低く、日々の生活のなかにうまく取り入れることで、家計に余裕をもたらすことができます。

金銭面でのプラスだけではなく、自分のスキルや専門性で収入を発生させることもできるため、本業では発揮できなかった能力を活用させる場所を自ら生み出すことになり、自己成長の場とすることもできます。

1.外出する必要がない

在宅ワークのほとんどが外出する必要ありません。育児や介護との両立も可能ですし、満員電車に乗って通勤することで生じる心身のストレスとも無縁です。

2020年春先にコロナウィルスが世界中に蔓延し、私たちは感染を恐れて容易に外出することができなくなりました。在宅ワークでは出社する必要がないため、公共交通機関の利用やオフィスに人が集まって働くことも避けられるため、感染リスクを大幅に下げることができます。

2.スキマ時間にできる

在宅ワークにはスキマ時間にできる仕事が多く、スキマ時間を効率的に利用することによって収入を得ることができます。

スキマ時間にできる在宅ワークとして、アンケート、商品のレビューなどが代表的です。これらは家事や育児の合間、電車内、あるいは飲食店で食事が出てくるまでの時間にも行うことができます。

一件あたりの単価は低いものの、効率的に行うことで、ある程度の収入も期待できます。

3.スキルアップ

在宅ワークは収入を発生させながら、スキルアップすることができます。特技や専門性を活かし、働くことができるからです。

副業でこれから稼ぐことを目標にして行う勉強は、自己成長にも繋がります。在宅ワークでは自分のもつスキルをアウトプットすることによって、それをさらに高めることができますし、新しいスキルを取得する機会にも恵まれるケースが多いです。

終身雇用制度が崩壊しつつある今日において、個人がスキルを身に付け、独力で生きる力を蓄えることは社会を生きる上で不可欠です。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークには注意しなければならないデメリットも多くあります。

既に在宅ワークを行われている方は自分の生活や仕事スタイルを見直し、これから在宅ワークを始めようという方はこれらのデメリットを踏まえた上で検討してみてください。

在宅ワークは自宅で仕事を行え、自由な側面が多い分、高度な判断力や自己管理力が非常に重要になります。

1.コミュニケーションが難しい

在宅ワークにおいてクライアントとのやりとりは基本的に文字になるため、相手の意向を読み取ることが難しく、クライアントの要望を正しく理解することが容易でないケースもあります。

また、相手の顔を見ることができないため、仕事への評価や反応を表情から読み取ることもできません。そのため、相手の要望やニーズをきちんと文字から読み取り、分からない場合は確認することが重要です。

自分の意向をクライアントに伝える際には、丁寧、かつ分かり易い文章を心がけなければいけません。