在宅ワークで安心して仕事をしたい!

副業

在宅ワークは仕事場が家であるため、育児や介護との両立も可能で、安心して働くことができます。家族のなかに放っておくことができない人がいても、その人のことを気にかけながら働くことができるので、在宅ワークによって助けられる方も多くいることでしょう。

また、在宅ワークは才能やスキルはあるけれども、人と接することが苦手な方にとっても安心。対人関係が苦手でもウリにできるスキルがあれば、収入を得ることができます。家で仕事を行うことによって、人間関係に悩まされずに、仕事に没頭できるのも魅力的。

このように利点の多い在宅ワークですが、近年において副業として在宅ワークをされる方たちが増加しています。サラリーマンやOLの多くが、隙間時間を利用して副業を行っています。その内容は、Webライター、アフィリエイト、You Tubeといった、自分の趣味を活かしたものから、オンライン講師、Webデザイナーなど自分のスキルを換金する仕事まで多様です。

コロナで変わった在宅ワークの実情

2020年の春先、新型コロナウィルスが世界中に蔓延しました。このウィルスの影響を受けて、日本では昨年の4月7日に緊急事態宣言が出され、この期間の前後から人々は外出を控えるようになりました。

緊急事態宣言に伴って、企業の多くが社員の安全を守るために在宅ワークに切り替えました。在宅ワークにおいて会議はリモートで行われ、連絡はメール、ビデオ通話が主です。

在宅ワークで働く人の数が増えたため、在宅ワークを快適にする便利グッズや、自宅の一部屋をワークスペースに変えられる商品が次々に発売されています。

また、コロナウィルスの影響を受けて在宅ワークに切り替えた企業のなかには、在宅ワークでも業務に支障がでないことがわかったため、アフターコロナもそれを継続するつもりでオフィス規模を縮小して経費を削減するところも少なからず存在しています。

個人単位では、コロナの影響で収入が減った人たちの多くが、在宅でできる副業をはじめたのではないでしょうか。シフト数が減り時間は増えたけれども、給与が減った人たちのいくらかは、自宅でできる副業によって生活費を補おうと考えているのです。

在宅ワークは稼げる?

「副業で在宅ワークをして月収プラス20万円獲得しました」などといった、副業の成功事例はインターネット上にあふれています。これくらい大きな額になると難易度は高くなりますが、在宅ワークの副業で月収1万円程度の収入は、本業と両立しながらでもハードルが低いです。

在宅ワークとしてよく知られるアフェリエイトは、成果が出るまでに時間がかかりますし、ある程度の才覚は必要であるため、副業による収入が保障されるとは限りません。

特にスキルはないけれど、副業によって収入を確実に増やしたいという方ができる仕事は数多く存在します。例えば、データ入力、アンケート、文字起こし、Webライターなどは始めやすく、リスクもほとんどありません。また、自分が働いた分の対価をきちんと受け取ることができるのでオススメです。これらの仕事では月数千円~3万円が平均収入といわれています。

Webデザイナーや専門性の高い記事のライティング、あるいはプログラミングも在宅で可能な副業であり、自分の能力を活かし、高収入を得ることが期待できるでしょう。