ワーク

新規事業でビジネスチャンスをつかもう!新規事業の提案例や始め方

新規事業は新たなビジネスへの扉

変化のめまぐるしい現代にあって、既存事業を続けるだけでは、会社も個人もなかなか成長をすることはできません。時代の変化に応じて、新規事業を立ち上げていくことが大切になります。

Amazonはもはやeコマースの会社ではなくクラウドサービス(AWS)の会社ですし、ソニーの稼ぎ頭は金融です。上場企業のうちで、2009年から2019年までの10年で本業が変化した会社は、およそ4社に1社に上ります。

重要度が高まっている新規事業ですが、すべては新しい事業を提案し、ビジネスの立ち上げに挑戦した個人の努力から始まります。それはつまり、こうした新規事業は会社の成長をもたらすだけでなく、それに挑戦した個人のスキルをも大幅にアップしてくれるのです。

本記事では、そうした新規事業立ち上げのための技法の要点を、例を挙げて解説していきたいと思います。

新規事業を会社へ提案するには?

新規事業の立ち上げは、新しいビジネスの案を会社に提案するところから始まります。

古くは、ソニーが1982年に発明したCDも、技術者の方の提案から生まれたものです。CDはその後、巨大な音楽市場を生み出し、1990年代にはソニーに莫大な利益をもたらしました。この方は後に、ソニー関連会社の社長を歴任しています。

私たちもそんな成功事例を目指したいですが、そのためにはまず新しい事業を構想し、提案を出すことです。このとき、提案のタイプは大きく2つに分けられます。アイデアベースか、課題ベースか、です。

CDの場合は、当時のレコードにあった「課題」からスタートしています。プラスチック製のレコードは、破損・劣化をしてしまう、大きくて持ち運びにくい、クラシックなどの長い曲を収めきれないといった課題がありました。これを解決するためのアイデアが「音をデジタル信号にする」というものでした。

新規事業の提案例

ビジネスは誰かの課題を解決することです。そこには必ず「課題」と「解決のアイデア」があります。どちらかを起点として、事業企画はスタートします。

一般に、課題からのほうが、手堅く成功を収めやすいことが分かっています。既にそこにニーズが見えているからです。「安定してヒットを出せる」タイプです。

一方で、アイデアからスタートする場合は失敗するリスクも多いですが、かつてない斬新な案が生まれる可能性があります。「ホームランか三振か」のタイプです。

1.アイデアベース

アイデア起点の場合は、常識を取り払った「組み合わせ思考」が有効です。孫正義さんは、毎日5分、2冊の辞書を両手でめくり、開いたページの言葉同士を組み合わせて事業アイデアを考える練習をします。

お父さん犬のCMも、ある日これを実施して「お父さん」と「犬」の組み合わせから生まれました。科学的にも「イノベーションとは既存のものの新結合である」ことは100年前から知られています。

2.課題ベース

課題から始める場合には、いま社会で人々はどのような悩みを持っているかからスタートします。現場を観察したり、ヒアリングする中から、人の痛み(ペイン:Pain)あるいは喜び(ゲイン:Gain)を見つけることがその鍵です。

ご高齢の方向けに、上下セパレート型の水着があります。これは、一般的な競泳水着だと高齢者は体が冷えてしまう、トイレで脱ぎにくく片足立ちになって危ない、というペインの発見から生まれた商品です。