複業するなら 複業クラウド

アウトソーシングの意味とは?

アウトソーシングとは、業務の一部を外部(アウト)から調達(ソーシング)するということを意味しており、いわゆる日本語で言うところの外部委託という意味。働き方改革が広く言われてきている近年では、アウトソーシングという経営手法には特に注目が集まっています。

アウトソーシングがなぜ注目されているのかというと、アウトソーシングが現在の多くの企業が抱える悩みを解決してくれる経営手法だからです。

「情報技術の急速な進歩に社内の人材育成が追いつかない」「グローバル化に対応し海外展開したいので、現地の言葉を話せる人材が欲しい」「時代の流れに乗って新規事業を立ち上げたいが、既存の業務から人をさけない」「不況で人件費をこれ以上増やせない」

…こういった悩みも、外部の専門性の高い業者に業務の一部やサービスをアウトソーシングしたり、自社の優秀な人材を重要な業務に当ててそれ以外の業務に関しての人材をアウトソーシングしたりするというやり方で解決できるのです。

現在においてアウトソーシングが用いられる業務は多種多様。事務・会計・人事・開発・生産・物流・購買・法務・情報システム…はっきり言ってしまえばどのような業務やサービスでもアウトソーシングを用いることができます。

つまり、現在の流動性の高いビジネス環境において、必要に応じてアウトソーシングという選択肢を取ることは必要不可欠なことだと言えるのです。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングを活用せずに自社の業務は全て自社の人材で行うというのはもはや古い考え方です。少し前であればそれで良かったのかもしれませんが、現在多くの企業がアウトソーシングを用いている中、アウトソーシングという選択肢を知っているか知らないかで、自社の業績に大きく影響を及ぼします。

アウトソーシングのメリットを挙げればキリがないのですが、代表的なアウトソーシングのメリットは4つありますので、それらを詳しく見ていきましょう。

1.人件費の削減

アウトソーシングの一番のメリットはなんといっても人件費の削減。自社の正社員を一人増やすということは、採用するコストがかかり、育成するコストがかかり、その後も常時雇用し続けるコストがかかるということです。

それをケースバイケースでアウトソーシングに切り替えれば、人件費を含めた経費の削減が見込め、企業の競争力を強化するという意味でもアウトソーシングするということは大きなメリットになります。

2.各々の業務の効率化

自社にはない専門知識やスキルをもつ「その道のプロ」の業者にアウトソーシングするということは、当然ながら業務のスピードが上がり効率化が見込めます。

IT関連や法務など専門性があり日々ルールが変わっていく業務をアウトソーシングするのはもちろんのこと、逆に専門性がいらないどんな業者でも対応できるサービスやルーティンワーク業務をアウトソーシングして、コア業務にリソースを集中させることも各々の業務の効率化につながるのです。

3.組織をスリム化できる

必要な人材やサービスをケースバイケースでアウトソーシングするということは、組織のスリム化を後押ししてくれます。特に人の配置を変えることによって組織の再構築を目指す場合にはアウトソーシングは最適な手段と言えるでしょう。

無駄に肥大化した組織では現在の企業を取り巻く変化の早い社会環境に対応できません。無駄を省くということは自社のビジネスを加速させる重要なファクターなのです。

4.ノウハウの共有

アウトソーシングにより、専門的な技術やサービスのノウハウをもつ外部の業者と共に業務にあたるということは、その業者がもつノウハウを共有できるということでもあります。

新たな出会い、繋がりから今まで得ることの出来なかった最高のノウハウを知ることができる。そういった意味でもアウトソーシングのメリットは大きいと言えるのです。

アウトソーシングにおすすめ業務

アウトソーシングにおすすめな業務は自社のコア業務以外です。コア業務とは経営戦略や組織戦略の立案・意思決定を行う業務を指すのはもちろんのこと、他では自社の強みの部分の業務のことを指します。

自社の柱ともなる強みの部分を中途半端にアウトソーシングしても、その強みが薄まりコモディティ化してしまうだけです。それではアウトソーシングする意味がありません。

したがってアウトソーシングに向いているのはコア業務以外のノンコア業務と言えますが、どの業務をアウトソーシングするかは企業によってさまざま。以前は事務作業や単純作業をアウトソーシングするのが主流でしたが、現在ではIT関連や法務などの専門性が非常に高い業務や総務・コールセンターなどの間接部門業務をアウトソーシングする企業が増えてきています。

どの業務をアウトソーシングするかは自社の経営戦略に関わる重要な問題。自社の強みであるコア業務と照らし合わせて、どの業務やサービスをアウトソーシングできるかを考えるべきでしょう。

複業するなら 複業クラウド