在宅ワークとは?

在宅ワークとは文字通り自宅で働く働き方のことです。

在宅ワークという意味ではテレワークもそれにあたるのですが、一般的にテレワークは企業に雇用されている状態でオフィスではなく自宅で働く働き方を指すのに対し、在宅ワークは個人事業主やフリーランスが自宅で働く働き方を指します。

新型コロナウィルスが社会に与えた唯一の良い影響と言えるのでしょうか、仕事は会社に行かなくても十分できるということに気づかせてくれたおかげで、テレワークを含めた在宅ワークをする人が急激に増えてきています。

職種は様々で、おもにインターネットを使ってできる仕事になりますが、商品を梱包したり組み立てたりする仕事やテレアポの営業という仕事もあります。

最近の在宅ワークの特徴として、企業がインターネット上で不特定多数の人に仕事を発注するクラウドソーシングが一般化してきており、個人が在宅ワークで仕事を受注するという流れが加速してきています。

どうしたら在宅ワークできるの?

現在では在宅ワークの仕事はたくさんあります。初心者でもできる単純作業のものから高度なスキルを要するプログラミングのような仕事まで多種多様です。

そういった在宅ワークを行うためには仕事を発注してくれるクライアントを探さなくてはいけません。ここではそんな在宅ワークのおすすめの探し方を3つご紹介していきます。

1.インターネットの求人サイトで仕事を探す

在宅ワークの仕事自体がインターネット上で完結するものが多いため、インターネット上の求人サイトで在宅ワークの求人が見つかりやすいです。すぐにでもスマホで検索してみることをおすすめします。

なお、在宅ワークを探す際のキーワードは「在宅OK」とか「好きな場所で働けます」とか「リモート可」のような文言です。求人にこれらのキーワードがあれば在宅ワークだと思って間違いないのでチェックしてみてください。

2.マッチングアプリに登録する

副業や隙間時間で簡単に出来る在宅ワークを探すなら、在宅ワークのマッチングアプリがおすすめです。なぜなら、在宅ワークということに特化しているからです。

仕事のレベルも隙間時間で出来るお小遣い稼ぎのようなものから、本格的な在宅でできる副業レベルのものまであって、自分に合ったおすすめの在宅ワークが見つけやすいと言えるでしょう。

マッチングアプリの登録は無料のところが大半なので、登録してみることをおすすめします。

3.知人からの紹介

意外と盲点なのですが、知人に在宅ワークを紹介してもらうというのもおすすめです。特に知り合いに会社の経営者や個人事業主の方がいるならば、在宅ワークの仕事が無いか一度聞いてみてください。

会社側からすると単純作業だったり、逆に高度な技術を要する専門職に社内の人間を割かれるよりは、外注で在宅ワークとして仕事を発注した方が効率の面からも都合が良いのです。

さらに、知人であるならば信用もできるし仕事を発注しやすいと言えます。ですので、周りにそのような人がいないか探してみてください。お互いがウィンウィンになれるのでおすすめです。