ノマドワーカーの意味とは?

意味

どのような職業でも、大抵は毎日同じ職場に通い仕事をするというワーキングスタイルです。ノマドワーカーと呼ばれる人たちは、毎日ずっと同じ職場で働くワーキングスタイルではありません。

ノマドワーカーの言葉は、場所に縛られずに行きたいと思う場所や好きな場所で仕事をする自由な働き方をする人という意味をもっています。

ノマドワーカーに必要な仕事道具はパソコンとインターネットぐらいであるため、どこででも作業をすることが可能です。 

ノマドワーカーは自由な働き方ができるという意味で、フリーランスと混同されてしまっているところがあります。転々と場所を変えて働いているフリーランスはノマドワーカーに属しますが、特定の仕事場をもつフリーランスだとノマドワーカーにはなりません。

どんな場所で作業するか自由に選べる働き方がノマドワーカーであり、会社に属さずに自分で仕事を請け負う働き方のフリーランスとは違いがあります。会社員でも社外で自由に仕事ができるスタイルの働き方であれば、会社に属していてもノマドワーカーです。

ノマドワーカーの語源

語源

ノマドワーカーの言葉の語源になっているのは、日本語に訳すと「遊牧民」のノマドという英単語になります。遊牧民は放牧のために場所を転々としながら生活する人たちであり、場所に制限されないで働けるノマドワーカーの意味は遊牧民が元です。

ノマドワーカーは毎日同じ場所で働くスタイルではなく、昨日今日と違う場所で働くことができるワーキングスタイルのため遊牧しているようにも見えます。 

職種として多いものは、WEBやIT関連の仕事・ライター・イラストレーター・翻訳業などです。最近では自由な働き方を推奨する会社も少しずつ増えて、事務や営業といった職種でもノマドワーカーをしている場合があります。

コロナの影響で場所に縛られない働き方を企業も重視する傾向があり、ノマドワーカーになれる職種の幅も広がっていくかもしれません。

一昔前のワーキングスタイルは、毎日職場に通勤して働くのが当たり前でした。仕事をする場所が自由なノマドワーカーは、パソコンとインターネットの普及と進化により生まれた現代の新しいワーキングスタイルの形でしょう。

ノマドワーカーの生活スタイル

生活スタイル

ノマドワーカーに必要な道具はパソコンとインターネットであり、自分のパソコンとインターネットをつなげられる環境があればどこでも仕事が可能です。選べる場所の選択肢が多い働き方なので、生活スタイルは個人でいろいろと違います。 

ノマドワーカーの大胆な生活スタイルのひとつとして、働く場所だけではなく住む場所自体を変えながら仕事をしている人も珍しくないです。

安い料金で気軽に入退去ができるシェアハウスやゲストハウスを利用して、全国各地を移動しながら暮らして働く生活スタイルもあります。住む場所を変える生活スタイルは仕事の合間にご当地の観光もでき、旅行が趣味の人に向いているスタイルでしょう。

ノマドワーカーの中で多い生活スタイルに、コワーキングスペースやシェアオフィスを効率的に利用する方法があります。曜日や時間帯で複数の仕事場を使いわけるなど、その日の気分で仕事場を決めることができます。

ノマドワーカーの生活スタイルは仕事に使う道具さえ揃っていれば、暮らし方も仕事場も選ぶ際に制限されません。

ノマドワーカーのメリット

メリット

仕事場を変えながら働くメリットについて、何があるのか2つほど紹介いたします。ノマドワーカーの働き方には、自由度が高いことと新しい人脈を作れるチャンスがあることがメリットです。

会社に通勤する普通の働き方だとあまり自由はなく、職場の人との付き合いが中心となるので人脈の幅が広がりません。ノマドワーカーになると縛られることが少なくなり、新たな人脈の開拓が期待できます。 

誰かに束縛される働き方を好まない人や起業して人脈を広げたい人にとって、2つのメリットは魅力的でしょう。

1.自由度の高い働き方ができる

働く場所を自分の好きに選べるノマドワーカーは、仕事をする時間帯や曜日も自由に選べます。ノマドワーカーでも会社員は規定の勤務時間があるかもしれませんが、会社によってはフレックス制度が適用される場合があります。

社内の職場では仕事以外の諸雑務が何かとあるため、必要な業務だけに集中して取り組めません。ノマドワーカーとなり働く時間を自分で調整できれば、業務のみに集中できるので仕事の効率も上がりやすいです。

好きな場所で働けるという環境も精神面に良いので、気持ちが落ち着き思考力も高まるでしょう。

2.新たなつながりができる

ノマドワーカーが働く場所は、シェアオフィス・コワーキングスペース・ゲストハウスなどが多いです。個別の空間を確保しながらも、他の人とオフィスをシェアする場所では異なる業種の人たちと交流できるメリットがあります。

職場に縛られる働き方は同業者の人たちのみとの付き合いになり、違う業者の人と付き合うことはそうないです。シェアオフィスなどはいろいろな職の人が集まっているので、新たな人とのつながりができます。 

業種にとらわれない人脈をもつことにより、意外な方面からの仕事の依頼が舞い込むかもしれないです。