ワーク

社員の時短勤務どうしてる?制度の導入法や仕事量の悩みをまるごと解決!

複業するなら 複業クラウド

時短勤務制度とは?

時短勤務(短時間勤務)とは、一日の労働時間を短縮して働くことをいいます。2019年に策定された時短勤務制度によって、労働者は育児ないし介護と仕事を両立しやすくなりました。

時短勤務制度の適用基準に該当する労働者は、一日の所定労働時間を原則として6時間にすることができます。また、雇用主との相談しだいでは1日の労働時間を7時間にしたり、隔日勤務にしたりすることも可能です。

時短勤務制度は育児・介護休業法の改正によって各事業主に導入が義務付けられているため、基準を満たしている労働者は適用を受ける権利があります。

しかしながら、該当する事業主のもとで働きはじめて1年以内の者や、1週間の所定労働日数が2日以内の者には時短勤務制度は適用されません。

時短勤務制度の導入背景

時短勤務制度が策定された背景には少子高齢化問題があります。2025年には人口の3分の1が65歳以上になるといわれており、出産率もまた年々低下しているため、日本にとって少子高齢化は深刻な問題です。

時短勤務制度が導入される以前は、特に女性の場合は出産か仕事かの二者択一の選択肢しか与えられていませんでした。

出産による時短勤務が認められたことによって、子供が3歳になるまでは就業時間を6時間とし、その他にも柔軟な対応を受けることができるようになったため、育児をしながら働きやすくなりました。

現在の日本は核家族が多く、家庭内で介護を行うことは難しい傾向にあり、介護を要する人を抱えている労働者にとっても時短勤務制は不可欠な制度です。

介護と仕事を両立している社員は時短勤務制度を利用することによって、介護ヘルパーの滞在時間との兼ね合いや、デイサービスの通院時間を考慮しながら働き方を考えることができます。

企業にとっても社員の介護による離職は避けたいところであるため、時短勤務制は労働者と企業双方にメリットをもたらす制度です。

時短勤務の仕事量は?

労働者の時短勤務中の仕事量は企業、ないし事業主によって差があります。

残業もなく、上司や部署のメンバーから定時に帰宅を促してもらえる職場がある一方、仕事量はたいして変わらず、仕事が終わらないと帰宅が難しい職場もあります。

時短勤務中も仕事量が変わらず、仕事が片付かなければ帰宅できないという状況にある労働者も珍しくありません。

時短勤務の適用期間において仕事量が減ったケースにもデメリットがあります。柔軟に働くことができないため、責任ある仕事や重要なプロジェクトから外され、サポート的な仕事にまわされることも珍しくありません。

複業するなら 複業クラウド