ワーク

パラレルワークってなに?複業、副業との違い、パラレルキャリアの築き方解説

パラレルワークとは?

パラレルワークとは、同時に複数の本業の仕事を並行(パラレル)する働き方です。

パラレルワークの場合、ボランティア活動や社会貢献活動、学術研究などの非営利活動も本業に含まれます。

例えば、会社員と同時にボランティア活動をすることもパラレルワーク、YouTuberをしながらアーティストの創作活動をする場合もパラレルワークといえるでしょう。

このようにボランティア活動や社会貢献活動で地域や社会と深い関わりを持ったり、創作活動など、自身が価値を感じるものに取り組むことで、多くの経験や知識を身につけることができます。

終身雇用の終焉やコロナ禍の影響もあり、パラレルワークに注目する個人や企業が増えてきました。複数の仕事に携わることにより、今まで発揮しきれなかった新たな可能性や能力に気づいたり、新しい人間関係の形成で価値観の幅が広がったりと、キャリア面はもちろんのこと、人生の視野も大きく広げることができます。幅広い分野の自己研鑽ができると言っても過言ではないでしょう。

パラレルワーク・複業・副業の違い

パラレルワーク・複業・副業、この3つはどれも共通して複数の仕事をもつことです。異なる企業に同時に勤めたり、異なる複数の職種に就いたりなどの形態が挙げられます。

パラレルワーク・複業・副業はどれも似ていますが、違いは仕事への定義や目的が異なるところです。

たとえば、パラレルワークと複業だと、どの仕事も「本業」になります。この2つは自由な働き方を求めたり、自分自身のスキルアップや経験を増やしたりと、目的は「仕事に対してやりがいを求めること」です。

パラレルワークと複業はよく似ていますが、違いは「営利目的かどうか」という点でしょう。パラレルワークは収入の有無にかかわらず、幅広く「本業」として扱いますが、複業は営利目的のビジネスを行う場合に呼ばれます。

それに対し副業は、あくまで本業以外の「サブの仕事」です。本業以外で収入を得ることが第一目的ですので、やりがいなどの有無は問わずに取り組む方が多いようですね。

以下よりそれぞれの違いや具体的な仕事内容について解説します。

1.パラレルワーク

パラレルワークの「ワーク」の仕事以外の意味は「勉強・作業・研究」などです。

そのため、ビジネスに限らず、収入を伴わないボランティア活動や社会貢献活動も本業と扱い、「パラレルワーク」に含まれます。

たとえば子育て中の主婦が、自分の経験をもとに保育ママ(在宅保育)や訪問保育(ベビーシッター)をすることができるでしょう。
保育園に入りづらい地域が多い中で、このような活動は共働きの家庭にとても喜ばれます。
人の役に立つことで、やりがいを感じられますよね。

パラレルワークで収入の有無に関わらずさまざまな活動を経験することで、今後の人生の可能性が広がるでしょう。

2.複業

複業は、収入源となる仕事を複数持つことです。
仕事量や収入額の大きさに関わらず、全ての活動を「本業」と考えた時点で複業になるとお考えください。

複業の働き方はさまざまです。正社員として雇用されながら別のビジネスで起業したり、スキルを活かした請負契約をしたり、会社を複数経営したりと、個人によって異なります。

例えば、正社員でパソコンを扱う仕事の人がクラウドソーシングサービスに登録してWebサイト制作やWebライティングを請け負うのは複業になります。また、お菓子作りが趣味の人が自分で作ったお菓子をネットで販売したりするのも複業です。

複業は収入増やリスク分散をしながらさまざまな経験をしたり、スキルアップをしたりすることができます。

3.副業

副業は、主に本業の収入を補うものです。やりがいやスキルアップは関係なく、収入を得ることを第一目的としています。

メジャーな副業は、時間労働型です。時給制のアルバイトがこれに当たります。
平日日中は会社に勤め、夕方からは居酒屋やコンビニでアルバイト、などがわかりやすい例です。

時間を切り売りする分確実に収入に繋がりますが、大きな額を得ることは難しいでしょう。

逆に成果報酬型の副業は、成果が出た分だけ収入につながります。インターネットを利用した物販をイメージするとわかりやすいです。

商品が売れたら売れた分だけ収入につながるので大きな額を得ることも可能になります。
ただし、売れなければ収入もゼロですので、安定収入は得られにくいでしょう。

パラレルワーク・複業・副業キャリアを築く方法

パラレルワーク・複業・副業キャリアを築く前に、考えたいことがあります。

それは「これからどのように生きたいのか」「どのような社会貢献をしたいのか」ということです。
自分の目的を明確にすることで、パラレルワーク・複業・副業のどこに位置するかが決まり、行動をしやすくなるでしょう。

以下からそれぞれのキャリアを築く方法や、具体的にどのように行動したらよいかを解説します。

1.パラレルワーク

パラレルワークは、現在の会社にとらわれることなく「自分らしさ」を模索している人におすすめの働き方です。
生き方や働き方の多様化が進む現在は、趣味や特技が仕事になる時代といえます。

パラレルワークはリスクを負うことなく始められますので、まずは趣味のサークルなどに参加してみるのも良いでしょう。

たとえばアクセサリー作りが趣味なら、無料のネットショップを立ち上げ、そこで販売もできます。

障がい者の就労支援施設の人たちと一緒にアクセサリーなどの物作りをし、イベントを開催して販売する、といった一連の流れをみんなで楽しみながらやるのも良いですね。
地域コミュニティを活性化させることは、社会貢献にもつながります。

2.複業

複業は、複数の仕事を同時進行でおこなうことから、元々おこなっている本業から派生して別の仕事をもつ、という流れが取り組みやすいようです。

たとえば、本業が教師の人が、複業として「教育」を接点に他の仕事に携わる例があります。週末に子供向けにパソコンを教えたり、親向けに子育て方法を教えたりするなど、ベースとなる仕事が複業として多方面で活躍できる可能性があるでしょう。

他には、IT企業に勤めているエンジニアが複業でフリーランスとしてWeb制作の会社を請け負ったり経営したりする、などがあります。複業マッチングサービスを利用し、自分のスキルを他の場で活かすのも良いでしょう。

3.副業

収入を得ることを第一としながら副業経験をキャリアにつなげたい人は、少しでも興味があることを副業にすると良いですね。

たとえば筋トレが趣味の人は、フィットネスジムの受付として働くのもおすすめです。

副業目的が将来何かに挑戦、勉強するための資金集めの場合は、確実に収入につながる時給制や固定給のアルバイトをおすすめします。
貯金目標額や貯金達成時期などのゴールを設定し、目標を見定めた上で副業を選びましょう。

ダブルワークとサイドビジネスは何が違うの?

これまでパラレルワーク・複業・副業の3つについて解説しましたが、さらにダブルワークとサイドビジネスという働き方があります。

ダブルワークとサイドビジネスは、2つ以上の仕事を掛け持ちする点は同じです。

明確な違いはありませんが、一般的にダブルワークはアルバイトのような非正規の仕事を掛け持ちすること、サイドビジネスはメインとなる仕事をもちつつ、別の収入源ももつことという意味でとらえられています。

ダブルワークとサイドビジネスについて、具体的な例をまじえながら解説します。

1.ダブルワーク

ダブルワークは複数の仕事を掛け持ちすることです。
「複業」はそれぞれの仕事が本業なのに対し、ダブルワークは本業とはいえない小さなアルバイトを掛け持ちする場合に使われます。

例えば派遣で事務員をしつつ、夜にファミレスでアルバイトをしたり、週末に居酒屋でアルバイトをしたりする働き方がタブルワークにあたります。

時給で働く仕事が多いため、必然的に労働時間が長くなりがちです。

非正規雇用の仕事をかけもちする場合、労働時間に対して全体の収入が少ないと感じることもあるでしょう。

2.サイドビジネス

サイドビジネスは副業と同じく本業のかたわら、スキマ時間を利用して取り組む仕事になります。
ダブルワークとの違いは、「本業」があるかないかというところです。

サイドビジネスは、必ずしも労働時間=収入ではありません。
資金ゼロもしくは低資金で開業できるフランチャイズや、在宅で出来るアフィリエイトなど、たくさんのサイドビジネスが存在します。
サイドビジネスはやり方次第では少ない労力で大きな収入を得ることも可能です。

サブの仕事でパラレルキャリアを目指そう

パラレルキャリアとは、仕事はもちろんのこと、そのほかボランティア活動や社会貢献活動なども含んださまざまなキャリアを並行し、磨いていくことです。

パラレルキャリアを持つことで、多くの経験をしたり、スキルを身につけたりすることができます。

社会の価値観が多様化している現在、1つの企業にとどまることが必ずしも正解とは言えません。パラレルワークや複業などでさまざまな働き方をしながら経験を増やし、知識を深めることで、今後ますます変化するであろう社会に対応できるようになるでしょう。視野が広がりますので、物事を柔軟かつ客観的にもみられるようになるはずです。

今後の人生設計やキャリアプランを考える上でも、まずは現行の仕事と同時に自分が価値を感じられる活動に力を入れてみてはいかがでしょうか。収入を得られる仕事のみならず、ボランティア活動や社会貢献などでも構いません。

パラレルキャリアを築くことは、将来の選択肢を増やすことにも繋がります。ぜひあなたもサブの仕事を取り入れてみてください。

複業を始めるならAnother works!

複業・パラレルワークを考えている方におすすめなのが、複業マッチングサービス「Another works」です。

Another worksは、自分のスキルを活かした案件を探すことができます。スキル登録しておくと、企業側からアプローチを受けることもあるでしょう。スキルを活かした複業をしたい人に、特におすすめのサービスです。

また、本業に支障が出る不安や、別の仕事に取り組める時間が限られていることから、複業すること自体をためらう方もいます。Another worksなら、休日だけ、平日夜だけ、リモートOKなどのお仕事も多いです。自分の都合にあった複業を探しやすいでしょう。

複業は本業では得られない考え方や人脈を得ることができます。
複業で身につけた考え方は本業でも生かすことができるでしょう。

このように複業は、新しいキャリア形成に加え、現在の本業にもプラスに働きます。

Another worksを利用し、複業の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。