ワーク

働き方改革をわかりやすく解説|導入背景、働き方改革の真の目的とは⁉︎

働き方改革とは?

働き方改革とは、企業における労働環境を大きく見直すための施策です。2017年3月に「働き方改革の実行計画」を発表、2019年4月に「働き方改革関連法」が施行されてから今に至るまで、働き方改革を浸透させるためのさまざまな支援が長い時間をかけておこなわれています。

政府が掲げる働き方改革の目的は「一億総活躍社会の実現」。これは労働に参加するすべての人が能力を発揮し、働くことを通して人生を充実させられるような環境を求めるものです。

日本の労働環境には諸外国と比べて労働時間が長いことはもちろん、労働に対する満足度が著しく低い、という特徴があります。また先進国であるにもかかわらず生産性が低下し続けていることも、解決すべき課題の一つです。

この現状を打破するために、政府は働き方改革を打ち出し、職場環境の改善を促し魅力ある職場づくりを徹底することで、労働者の働きやすさや満足度、企業への帰属意識を高めようとしています。

コロナ禍で進んだ“働き方改革”

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業が労働環境の大幅な変更を余儀なくされました。具体的にはテレワークや時短勤務、時差出勤などの実施です。場所や時間を問わない働き方が実現し、働き方改革が一気に進行したといえるでしょう。

しかし、労働形態の変更は一時的な措置である、と考える企業が少なくありません。コロナ禍におけるテレワークは感染拡大防止のため自宅勤務を強いたり、希望しない社員にも適用されたりしています。働き方改革で推奨されるテレワークとは、性質が大きく異なるものなのです。

またチャットだと正確な意思疎通が難しい、やる気が起きず仕事を進めにくい、といった出社しないことで生じる問題も。さらに中小企業においては、テレワークなどの導入を検討すらしていない、という現状があります。

あくまでもコロナ禍をきっかけとして、政府・企業ともに多様で柔軟な働き方を定着させるため、より推進力の強い働き方改革の試みが必要です。

働き方改革の概要をわかりやすく解説!

ここでは働き方改革の概要をわかりやすく解説します。働き方改革では施策を推し進めるために必要な、3つの考え方と9つのテーマを掲げています。

働き方改革の考え方は「働きやすい環境整備」「残業時間の規制」「成果主義の導入」の3つ。

働き方改革の9つのテーマは

「労働時間の見直し」
「多様で柔軟な働き方」
「正規雇用・非正規雇用の格差を解消」
「賃金の引き上げ・労働生産の向上」
「女性若者が活躍する社会」
「海外人材の受け入れ」
「子育てや介護の両立を促進」
「高齢者の就業促進」
「転職・再就職の支援」
です。いずれも古くから日本の労働問題として議論されてきたものばかりといえます。

しかし、これらの課題が解決されれば日本の労働環境は大きく改善し、雇用者側には生産性の向上、労働者側には働きやすさの向上といったメリットをもたらすでしょう。

働き方改革を導入することで、雇用者側は労働環境の抜本的な変革を求められますが、労働者視点に立てば必要不可欠な変化であることがわかります。

働き方改革の導入背景

働き方改革はなぜ必要なのでしょうか。働き方改革を導入する理由は労働人口の低下、出生率の低下、労働生産性の向上の3つ。これらはいずれも日本の労働環境における課題として議論されているものばかりです。

導入の背景を知ることは、働き方改革を理解するうえで非常に重要です。ここからは実際のデータを元に、働き方改革の導入背景をわかりやすく解説します。

1.労働人口の低下

現代日本においては労働を担う15~64歳の人口の低下が著しく、働き方改革をおこなわないと生産活動を維持できなくなる懸念があります。

内閣府がいうには、日本の将来人口推計は2050年には9000万人、2105年には4500万人まで減少してしまうかもしれないのです。

労働人口にいたっては1995年の8000万人から減少を続け、2060年には半分の4418万人まで減ってしまう可能性を示唆しています。働き方改革による人口低下への対策が求められているのです。

2.出生率の低下

厚生労働省の発表によれば、2019年の国内出生数は86万5239人で、前年度の91万8400人より減少しています。

合計特殊出生率も1.42だったのが1.36に下がっており2015年から連続して減少していることからも、出生率の低下は明らかです。

これは働き改革が進んでおらず、女性の労働環境が整備されていないことに起因します。出産・育児でキャリアが中断され再就職が難しいため、出産・育児を選べない、もしくは遅くなる、という現状があるのです。

働き方改革による環境の整備は必須であるといえます。

3.労働生産性の向上

働き方改革が進んでいない日本の労働生産性は低い水準にとどまっています。

日本生産性本部が実施した調査によると、2019年度における1人あたりの名目労働生産性は821万円、実質労働生産性上昇率は前年度と比較して-0.8%という結果が出ており、2年連続でマイナス傾向にあることが判明しました。

また日本の1時間あたりの労働生産性は47.9ドルという結果が出ています。この数字はOECD(経済協力開発機構)加盟国37カ国中21位で、先進国の中では最下位です。

労働生産性の向上は働き方改革の実行をもって早急に解決されるべき課題といえるでしょう。

働き方改革の3つの柱

働き方改革の基本的な考え方は、労働環境の整備です。

働き方改革においては、特に問題視されやすい長時間労働を是正するため、働きやすい環境を整えたり、残業時間を規制したり、といったことが必要になります。

またどれだけ長く働いたかを評価する風習が残業を容認しているともいえるので、時間より成果を評価する体制への移行は必須といえるでしょう。

ここからは働き方改革の基本となる3つの要素をわかりやすく説明します。

1.働きやすい環境設備

働き方改革では、柔軟に働きやすい環境の整備が必要です。

たとえばフルタイムで働く正規雇用者だけを優遇するのではなく、アルバイトやパートなどの非正規雇用者の待遇を改善したり、副業・兼業を積極的に推進したりなどです。特に副業は労働者のスキルアップややりがいを与える効果もあるので、業務のパフォーマンス上昇が期待できます。働き方改革における環境の整備は、雇用者側、労働者側に大きなメリットをもたらすでしょう。

2.残業時間の規制

働き方改革では、残業時間を規制するために「時間外労働上限規制」が施行されています。

大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から導入されており、その上限は「1ヶ月で45時間、1年で360時間」です。

このように具体的な取り組みは既におこなわれていますが、残業した時間に手当を出さない「サービス残業」などの問題は根強く残っています。

過度な残業は過労死や鬱などを引き起こす要因となるので、働き方改革による強い対策が必要といえるでしょう。

3.評価は時間より成果へ

長時間労働は、働いた時間を評価する制度によってもたらされると考えられます。

この制度がある限り、残業などの問題はいつまでたっても解決されません。そのため働き方改革が目指すのは、どれだけ働いたかではなく、どれだけ成果を出したかを評価する成果主義の導入です。

働き方改革が実行されることで時間ではなく成果を評価の対象とすることで、長時間労働が改善される、時間を効率よく使って生産性が向上できる、といった効果が期待されます。

働き方改革の9つのテーマ

ここからは働き方改革で掲げられている9つのテーマについて解説していきます。

どの項目も働き方を自由に選択できるような社会の実現に必要なものばかりです。テーマを設定することで取り組みの具体的な方向性が示され、進むべき道がわかりやすくなっていますよね。

働き方改革の内容は難しそうに思えますが、一つずつ確認していきましょう。

1.労働時間の見直し

長時間労働は睡眠時間を確保できなかったり、鬱や過労死の原因となったりします。

体力・精神面ともに多大な影響を及ぼすため、早急な改善が必要でしょう。働き方改革の具体的な対策として挙げられるのは、ノー残業デーの制定です。

「自分だけ定時で帰るのは申し訳ない…」と思う社員は多いもの。会社全体で残業しない環境を整えることで、残業しない罪悪感を和らげる効果があります。また裁量労働制やフレックスタイム制などを導入すれば働く時間を調整できるので、働き方改革による労働時間の最適化が期待できるでしょう。

2.多様で柔軟な働き方

働き方改革における多様で柔軟な働き方の実現には「ダイバーシティ」という考え方が欠かせません。

ダイバーシティとはそのまま「多様性」を意味する言葉で、元々はアメリカで女性やマイノリティの積極的な採用のために広がった考え方です。

性別やワークスタイルにとらわれることなく人材を採用することで、働き方改革では多様性を生かした「ダイバーシティ経営」を目指しています。

3.正規雇用・非正規雇用の格差を解消

働き方改革では、同一労働同一賃金の導入を目指しています。

正規雇用労働者と非正規雇用労働者の格差を解消することで、多様な働き方を選びやすくする取り組みです。

働き方改革によって同一労働同一賃金が実現すれば、アルバイトやパート、派遣という働き方を選びたくても選べない、という問題を解決できる可能性が高まります。

また正社員と同じ仕事をすれば同じ賃金が支払われるので、非正規雇用労働者のモチベーションを維持できるというメリットも。

4.賃金の引き上げ・労働生産の向上

政府は働き方改革の具体的な取り組みとして「年率3%の賃金引上げ」を掲げています。

働く側としては最低賃金が保証されているほうが、仕事に対する意欲が向上しますよね。政府にとっても安定した給与は消費活動を活性化させる効果があるので、双方に大きなメリットが期待できるのです。

ただし働き方改革による賃金の引き上げは、人件費の向上を伴います。人件費削減のため人手を減らし、結果として長時間労働を強いるようなことがないよう注意が必要です。

5.女性若者が活躍する社会

現代の日本においては働き方改革が浸透しておらず、女性や若者の働く機会は数多く失われているといってよいでしょう。

働く女性は出産・育児によって離職してから再就職が難しいという現状があります。また若者の働く機会を失わせているのは、職歴のない者は正規雇用されにくいという根強い慣習です。

そのため働き方改革では離職した女性が復帰しやすい環境を整えたり、非正規雇用の若者を支援したりする取り組みが重要視されています。

6.海外人材の受け入れ

生産性の向上のためには、日本経済の活性化が欠かせません。

働き方改革が進んでいない現状のままでは日本経済の変革は叶わず、激化する海外企業との競争に打ち勝つことは難しいでしょう。

そのため働き方改革では、今の日本にはない高度な技術や知識を取り入れることを目的とした、海外人材の受け入れが積極的に推進されています。

具体的な取り組みは新たな在留資格の創設による雇用の増加、資格在留期間の大幅な短縮などです。

7.子育てや介護の両立を促進

現代の日本においては、育児や介護を理由に離職を選ばされている人々が後を絶ちません。

働き方改革を実施することで子育てや介護を両立できる環境が整えば、労働参加率の改善が見込めます。まず子育て支援としては育児休業法の改正がおこなわれました。

法律の改正により、子どもが2歳になるまでの育児休暇の取得が可能に。働き方改革による介護離職防止の取り組みとしては、介護職員の待遇改善などが挙げられます。

8.高齢者の就業促進

労働人口の低下による人手不足を解消するため、働き方改革では高齢者の労働参加を促しています。

たとえば高齢者を雇用した企業へ助成金を支給していたり、無料の相談窓口を設置したり、という試みです。高齢者の就業を促進するためには、雇用者と労働者の両方に働きかけなければなりません。

また働き方改革による高齢者の雇用促進は人手不足解消だけではなく、高齢者自身が生きがいを感じたり、地域社会で活躍することで地域の活性化を進めたり、といった目的もあります。

9.転職・再就職の支援

転職・再就職者を積極的に採用することで労働市場が活性化され、多様な働き方の実現に一歩近づきます。

転職・再就職の支援のためにおこなわれている施策は、企業への助成金支給やマッチングサービス拡大などです。

また再就職の支援は特に高校中退者やひきこもりの若者などへの教育・就職支援を中心におこなわれています。働き方改革においては人材の育成も欠かせない要素の一つといえるでしょう。

働き方改革の真の目的とは?

働き方改革を導入する目的は、企業にとってさまざまでしょう。働き手の確保、生産性の向上など、企業の規模や社風などによって大きく異なります。

しかし働き方改革は、すべて労働者の視点からおこなわれるべきです。政府は働き方改革の目的を「一人ひとりの意思や能力を尊重し、多様で柔軟な働き方を選択できる社会の追求」としています。

つまり労働者にとっての働きやすさが何よりも重視されるべきであって、働き方改革を実践することで企業だけが得をするようでは、真の働き方改革とはいえません。

たとえば働き方改革の一環としてテレワークを導入した、と仮定します。

社員のことを考えない適当なやり方では、到底うまくいかないでしょう。かえって現場に混乱が生じる可能性も十分に考えられます。社員に負担がかかり、長時間労働せざるを得ない状況に追い込まれては意味がないのです。

仕事に追われプライベートの時間を確保できないようでは、労働者の働きやすさやワークライフバランスは失われてしまうでしょう。生産性の向上は、社員の働きやすさが確保されたうえで成り立つものです。

企業の利益を優先する前に、社員のことを考えて働き方改革を導入していく姿勢が求められるでしょう。

いますぐ始められる!働き方改革の導入法

ここからは働き方改革の取り組みを導入する方法についてわかりやすく解説します。

働き方改革は社員や部署単位ではなく、会社全体でおこなわなければなりません。そのため導入には時間や手間がかかりますし、混乱が生じる可能性も大いに考えられます。

そのため段階を踏んで少しずつ進めていき、働き方改革の必要性を浸透させていく体制が必要です。焦らずゆっくりと、時間をかけて取り組んでいきましょう。

1.テレワークの推奨

働き方改革の代表的な取り組みの一つとして、多くの企業が導入を始めています。テレワークの導入では目的を明確化することが大切です。

テレワークによって「生産性を向上させたい」のか「コストを削減したい」のか、「社員のワークライフバランスを向上させたい」のかなど、導入することで現状をどう変化させたいのかをはっきり定めましょう。

テレワークの実践には社員の協力が必要不可欠です。働き方改革の目的を達成することで社員にもメリットがあることを伝え、理解を得るようにしましょう。

2.フレックスタイム制を導入

フレックスタイム制は、仕事の始まりや終わりの時間を自分で決められる制度です。

集中できる時間帯に仕事がしたいので早めに出社したり、通勤ラッシュを避けるために遅く出社したりと、自分のスタイルに合わせて働けることが最大のメリット。

また仕事の量を調整すればプライベートの時間を多くとれるので、働き方改革の目的の一つであるワークライフバランスの改善にもつながります。社員の自主性を育てることにも役立つでしょう。

3.有給取得を推進

2019年4月から働き方改革の法案が開始されたことにより有給取得が義務化されましたが、「積極的に取りづらい…」というのが現状ではないでしょうか。

有給取得を促すためには、有給取得に加え別のメリットをもたらす工夫が求められます。たとえば有給取得のインセンティブとしてポイントを支給し、好きな賞品と交換できる仕組みを作るなどです。

また企業全体や部署ごとに有給を取得する日を設ければ、自分だけ休まなくてすむので罪悪感を覚えることもありません。

日本は働き方改革が進んでいるのか?

働き方改革法案は、2019年4月から開始されました。

現在の日本において働き方改革はどれだけ浸透し、進行しているのでしょうか。日本と諸外国の労働時間を比較することで、日本の働き方改革の現状を確認しましょう。

チーム向けワークマネジメントプラットフォームを提供するAsana Japan(アサナジャパン)は、世界6カ国で働き方に関する調査を実施しました。その調査によると「毎日残業する」と回答したのは全体の82%で、これは調査した6カ国の中で最も高い数字です。

また日本人回答者のうち26%が仕事量についてのストレスを抱えていることからも、日本の働き方改革の現状は芳しくないといえるでしょう。

政府は働き方改革を積極的に進めようとしていますが、実際の現場では労働環境が整っておらず、大幅なギャップが生まれています。

まずは現状の把握が大切ですが、中小企業は大手企業と比べて労働環境の整備が特に難しいので、国による支援が必要不可欠でしょう。

副業・複業人材を採用して働き方改革!

企業で働き方改革を導入するためには、副業人材を採用しましょう。なぜなら副業人材は高いスキルを持っていることが多く、企業の生産力の向上に貢献できるためです。

副業人材が組織の一員に加わることで、働き方改革が目指す多様で柔軟な働き方を考えるきっかけにもなります。また外側から人材を起用するのではなく、内側から副業人材を支援することも有効です。

株式会社学情が実施したアンケート調査では「勤務先で認められていたら副業したい」との回答が72.4%に及んでいます。

「収入を増やしつつスキルを磨きたい」という声も上がっており、この結果から副業に興味を持つ社員が多いことがわかりますよね。

副業を始めることに積極的な社員は意欲的に仕事に取り組むので、組織の生産性を向上させてくれるでしょう。

働き方改革の一環として副業を認めると、本業をおろそかに社員が出るかもしれない、という懸念はありますが、社員とのコミュニケーションを密におこなうことで、副業に集中しすぎないよう呼びかけておきましょう。

ちょっと変わった働き方改革まとめ

企業によっては、他ではみられない独自の制度を導入しているところも。

ユニークな試みは社員のやる気やモチベーションを高める効果が期待できます。以下で紹介する働き方改革の事例は、いずれも業務効率化を図り生産性を向上させるための取り組みです。

そのまま真似をするのは難しいかもしれませんが、自社で働き方改革を推し進める際の参考にしてみてください。

1.瞑想ルーム

仕事で疲れたり、ストレスを抱えていたり、という状態では、仕事で本来の能力を発揮できませんよね。そこで役立つのが「マインドフルネス」という考え方。

マインドフルネスとは、五感に意識を集中させて現実をあるがままに受け入れる精神状態のことです。マインドフルネスの実践には瞑想が欠かせません。そこで「瞑想ルーム」を導入している企業が存在します。

瞑想には疲労やストレスを軽減させる効果があるので、仕事のパフォーマンスを改善し業務効率の向上が期待できるのです。働き方改革は健康面にも影響を与える取り組みである、ということがわかります。

2.フリーアドレス制度

フリーアドレスとは席を固定せず、場所を自由に選んで仕事ができる仕組みのこと。企業にとっては必要以上に席を用意しなくてすむので、スペースを削減できるというメリットがあります。

またコミュニケーションが活性化されることにより、新たな仕事のアイディアが生まれる可能性も高くなるでしょう。

働き方改革を実施することで部門を超えた社員同士が結びつき、会社全体の一体感が強まる効果も期待できます。

3.オフィス廃止

働き方改革のためになんとオフィスを撤廃し、社員全員がテレワークで働く企業もあります。

情報の伝達や共有など、業務上必要な事柄はグループウェアなどのITツールを使うことですべてデジタル化し、オフィスをもたない経営を実現させました。

ただしテレワークなど働き方改革の実践で問題となるのが、やる気やモチベーションの低下による生産性の悪化。

そこで活用されているのが、社員の働いている様子を撮影して共有できる「仮想オフィス」ツールです。「仮想オフィス」とは実際のオフィスを再現したもの。

出社しているような感覚になるので、モチベーションを維持する効果をもたらします。

副業・複業人材を採用するならAnother worksで!

働き方改革の一環として副業・複業人材を採用したくなったら、マッチングサービスの利用を検討しましょう。

人材マッチングサービスは数多く存在しますが、特におすすめなのが「Another works」です。Another worksを活用すれば、理想の副業・複業人材と出会えます。

Another worksの魅力は、なんといっても高いスキルを有した人材が多く登録している点です。例えばエンジニア、デザイナー、マーケター、コンサルタントなど即戦力として活躍できる人材が約14,000名以上登録されています。

また人材の検索条件を「現在の仕事」「職種・スキル」「経歴」「希望する条件」など細かく指定できるので、「求める人材が見つからない…」という事態に陥ることもありません。

特に成功報酬・インセンティブのある仕事として登録すれば、意欲の高い人材とマッチできるでしょう。自社で働き方改革を実践したい、という場合にはぜひAnother worksの利用を検討してみてください。