ワーク

優秀人材を育てる”最強マネジメント手法”を解説!育成すべき能力とは?

複業するなら 複業クラウド

副業マッチングの企業が学んだマネジメントとは?

企業を成長させるためには正しいマネジメント手法を理解することが必要不可欠です。

マネジメントができていない企業は社員個々の能力をフルに発揮することができず、KPIを設定しても達成できず、KPIを上手く機能させることができないでしょう。

新入社員などの新人を育成する場合も、どんなマネジメント手法なのかが大切です。マネジメント次第で企業に大きく貢献してくれる優秀人材に育てることができ、企業が掲げる目標の達成に一歩近づくことができます。

反対に、マネジメント能力が不足する・手法を間違えるといった問題が発生すると将来性のある人材が成長できないほか、社内の業務効率も低下してしまうことになります。

マネジメントは企業の成果を高めるためにはかかせないポジションです。

高いマネジメントスキルを持つ人材を作り出すことが、優秀人材を数多く排出して少ない労力で効率よく成果を上げられる企業になれるかどうかが変わってくるといっても過言ではありません。

マネジメントの定義を解説

一般的に、マネジメントとは「管理」「経営」のことを指していますが、一概にマネジメントといってもたくさんの種類があります。

企業・組織におけるマネジメントでは企業の経営資源であるヒト・カネ・モノを効率的に活用して成果を出すという意味で使われます。

マネジメントという言葉は、アメリカの著名な経営学者として知られているピーター・ファーディナンド・ドラッカーが1973年に刊行した「マネジメント」から来ていると言われています。

そのドラッカーでは以下のようにマネジメントを定義しています。

・マネジメント:組織に成果を上げさせるための道具、機能、機関
・マネージャー:組織の成果に責任をもつ者

ドラッカーは起業コンサルタント・経済学者として活躍しており、「マネジメント」を含む数多くの著作を発表しています。ドラッカーが定義したマネジメントは、現代社会の企業・組織におけるマネジメントの定義として広く使われています。

優秀人材を育てる!マネジメントの種類

マネジメントの定義としてドラッカーのマネジメントを簡単に紹介しましたが、企業のマネジメント手法は、大きく分類すると6種類のマネジメント手法に分類されます。

・トップマネジメント
・ミドルマネジメント
・ローアーマネジメント
・セルフマネジメント
・リスクマネジメント
・キャリアマネジメント

マネジメント手法ごとに何をマネジメントできるのか、どの役職の方がマネジメントすべきなのかが異なります。

1.トップマネジメント

トップマネジメントでは、今後の企業の経営に直接関わる重要な意思決定および責任を担っていきます。

一つの決定が今後の企業の経営に関わってくるため、社長や取締役・執行役員クラスの経営者層に求められるマネジメント手法です。

トップマネジメントによって決定した戦略や方向性を組織全体と共有、その戦略を実現するための組織を構築するためにミドルマネジメントを行う役職と連携していきます。

複業するなら 複業クラウド