ワーク

月2日から稼げる!おすすめの副業方法20選|会社員が副業するメリットとは?

稼げる副業とは?

副業には稼げるものがいくつか存在します。高収入が期待できる副業の特徴を理解しておくといいでしょう。どの副業にチャレンジすべきかの目安になりますので、まずは稼ぎたい目標金額を設定することをおすすめします。

稼げる副業は、スキルが必要な副業、体を動かして稼ぐ副業、自己資産を運用して稼ぐ副業などです。

スキルが必要な副業はプログラミング・Web制作・動画編集など、主にパソコンでおこなうものが多い傾向にあります。

体を動かして稼ぐ副業は、Uber Eatsなど個人事業主として働くフードデリバリーや、軽作業などの短時間の単発アルバイトなどがおすすめです。時給に換算すると報酬が高いのが特徴で、働いた時間分だけ確実に稼げます。

自己資産を運用して稼ぐ副業にはFXや株、不動産などがあります。ただし、投資した金額以上に多額のマイナスになるリスクもあるので、知識や最新の金融情報を得てしっかり学んでから適切な判断で挑戦しましょう。

社会人・会社員でもできる!副業の方法

社会人・会社員でもできる副業の方法として、パソコンを使うものがあります。パソコン一つでさまざまなことができ、気軽に取り組めるのが特徴です。

通勤時間を有効に使いたいという人は、スマホを使っての副業もあります。

パソコンやスマホでの作業が苦手な人は、体を動かす副業がおすすめです。アルバイトの求人サイトなどで条件に合う仕事を探すことですぐに始められます。体力に自信のある人にとっては手軽な副業といえるでしょう。

ここでは、社会人・会社員でもできる副業の方法を5つご紹介します。

1.副業プラットフォームで求人を探す

副業プラットフォームはたくさんあります。例えばビジネス総合系で探すと、マーケティング、広報/PR、人事、財務、エンジニア、デザイナーなど幅広い職種のプロジェクトを探せます。また、ITエンジニア・デザイナーに特化したものや、人事に特化したものなど、より範囲を狭めて探すこともできます。

副業で何をするかが決まったら、副業プラットフォームでどのような案件があるかを見てみると、現在の世の中の需要がわかるでしょう。

2.ブログなどのアフェリエイト

アフェリエイトとは「成果報酬型広告」のことです。ブログなどのメディアで企業の商品(広告)を紹介して、そこから商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みになっています。

ブログ以外にもサイトアフェリエイトやSNSアフェリエイトなどがありますが、初心者が始めやすいのはブログやSNSです。ただしブログやSNSを開設してアクセス数を集めるまでに長期間かかる場合があり、根気のいる作業になりますので、できるだけジャンルを絞ることをおすすめします。専門性をもつことで、その情報が必要な人が集まってきやすくなるからです。

3.単発のアルバイト

イベントの会場設営やお客さんの誘導、倉庫内作業、チラシ配りなど単発のアルバイトは多数存在します。

派遣会社に登録し、希望の職種や希望の曜日を伝えておくと、マッチする仕事がある場合に紹介してもらえるのが一般的な仕組みです。希望する条件に合った仕事をメールで受信することもできますのでとても便利です。給料が即日払いのところもありますので、すぐにお金が必要な時におすすめです。単発なので行きたいときに行けますし、新しい環境を好む人にとって理想的な副業かもしれません。

4.Uber Eats

Uber Eatsの配達員は個人事業主です。配達員になると、注文があればいつでも動けるように待機することもできます。いつ働くかを自分で決められるので、隙間時間を有効に活用できるところが魅力です。毎日の終業時間が不規則なサラリーマンにもおすすめできます。

報酬は週単位で支払われますので、給料を1ヵ月先まで待たなくてもいいというのが嬉しいですね。コロナの影響などで在宅時間が増えると、Uber Eatsの需要が高まり稼ぎやすくなるかもしれません。

5.知り合いからの紹介

週末だけ知り合いの飲食店にアルバイト(手伝い)に行くのも副業になるでしょう。人手不足を感じている経営者は意外と多く、人を雇うまではないけどちょっと手伝ってほしい、などという場合に声をかけてもらうとお小遣い稼ぎにもなります。

また、すでに知り合いが取り組んでいる副業に誘われるというケースもあり、その場合は安心してできますね。日頃から色々な人と情報交換をしていると、副業に関する有益な情報が入手できるかもしれません。