コードキャンプ株式会社|「エンジニアリング×教育」のレア人材を3ヶ月で5名確保、人材プールの拡充を実現

いまエンジニアは売り手市場。優秀な人材を確保しようとすれば、それなりの費用がかかってしまいます。おそらく、人材不足に頭を悩ませている人事の方も多いのではないでしょうか。

今回、導入事例を聞くのは、オンラインのプログラミング家庭教師サービスを提供するコードキャンプ株式会社。同社では技術力と教育スキルを持った講師やカウンセラーを募集していました。しかし、両方のスキルを併せ持った人材はそう多くはありません。Another worksを導入してから3ヶ月で5名を採用した同社。なぜスムーズな採用ができたのか、その背景を伺いました。

安田朋史(やすだともふみ)
CodeCampGATE プロダクトマネージャー
大学卒業後、大手人材企業にて営業や新規事業立ち上げ、カスタマーサクセスなど多岐に渡る業務を経験。コードキャンプに参画後はプロダクト企画やユーザーグロースを担当。現在はCodeCampGATEのプロダクトマネージャーを務める。

ーはじめに、なぜAnother worksを利用していただいたのでしょうか? 人材確保にどのような悩みがあったのかなど、利用の背景を教えてください。

安田:コードキャンプのメインビジネスは「オンラインのプログラミング家庭教師」です。必要な人材はマンツーマンで対応できる「講師」と「キャリアカウンセラー」の2職でしたが、いずれも採用難易度が高かった。なぜかというと、エンジニアスキルはもちろん、教育スキルがなければ務まらない仕事だからです。技術力は一定水準を超えていれば良くて、指導の理由を説明して、生徒さんを導いていくスキルが必要です。

エンジニアさんは複業の選択肢がたくさんある仕事です。複業で開発をされている方もいるので、「講師やカウンセラーをやりたい」という方は少なく、人材確保に苦労していました。一時は「エンジニアスキル」と「教育スキル」のどちらかを持っている人を採用し、研修で伸ばしていくことも考えましたが、コストがすごくかかるんですね。かと言ってフリーランスで探してみても、費用感が合わなかったり。

オンラインスクールは、受講生に合わせるので稼働時間が流動的で、一定の講師数が必要なサービスです。だから、正社員のように定時で何時から何時まで、という働き方とは相性が良くない。稼働は読めなくていいから、人材プールを確保しておきたかったんです。そういった点で、Another worksとは親和性が高かったんですよ。

コードキャンプ株式会社2

ー御社には2019年の9月からサービスを利用していただいています。開始から3ヶ月が経過しましたが、感触はいかがでしたか?

安田:すごく成果を出せていて、3ヶ月で5名を採用することができました。内訳は他社で正社員で働いている方が3名、フリーランスが2名です。

僕たちは他の採用チャンネルも利用しているんですが、複業を希望している方も限られていますし、スカウト制度を利用していなかったので、どうしても受動的になってしまうんですね。一方、Another worksは複業を探している方が登録しているので話が早いですし、プランに登録すればスカウトは何通でも送れるので、こちらから能動的に動けた。それが成果につながったと思います。

登録者は職種とスキルで検索できるので、工数と時間が大幅に削減できたことも嬉しかったですね。技術をある程度理解してもらわないと成り立たない仕事なので、過去にどのような経験をしてきたかが分かって助かりました。ミスマッチは実際にお会いして5名中1名くらいで、「しっくりこない」と思ったことは少なかったです。

ーUIや職種経歴にはすごくこだわっていて、職能のタグは1500個を用意しているんです。創業者が人材業界出身なので、「人事さんはこれを知りたいだろうな」と考えていた項目を盛り込んでいます。現在の登録者は、企業さんのニーズから営業・マーケ・エンジニアを集めていますが、これからはデザイナー・人事・ライターを伸ばす予定です。

他サービスと比べて費用はかなりリーズナブルに

ーそういえば、費用対効果はいかがでしたか?

安田:費用はとても抑えられました。Another worksはスタンダードプランが月30,000円から、コンシェルジュ付きプランでも月90,000円からですよね。エージェントさんや求人広告に比べると、導入コストも抑えられましたし、成果報酬も発生しないので助かっています。たとえばエージェントさんの場合、一人決まると20〜30万円必要なので、僕たちの予算感に合わないんです。マッチしているサービスがなかなか見つからなかったので、満足しています。

ーところで、今回採用した方々はどのような目的で応募していたのでしょうか? Another worksの登録者は会社に勤めている方もいますし、フリーランスの方もいらっしゃいます。稼ぐためではなく、経験重視の方もいると思っていて、御社ではどうだったのだろう? と。

安田:今回は経験重視の方もいましたね。昔キャリアアドバイザーをしていたけど、少しブランクがあるので、カンを取り戻したいという理由で。繰り返しにはなってしまいますが、人材プールを厚く維持しておきたいので、僕たちとしては大歓迎でした。今後は過去に講師やアドバイザーとして働いていた主婦層も採用できればと思っています。

コードキャンプ株式会社3

社員研修や働く時間はどう決めた? 活躍してもらうための工夫

ーここからは、採用後の出来事にお話を移します。Another worksではマッチング後、直契約をお願いしていますが、報酬はどれくらいお支払いしていますか?

安田:これは会社によりけりですが、コードキャンプでは1時間あたり2〜3000円でお願いしています。

ーアナザーワーカー(Another worksを使ってお仕事を見つけた方)にはどのように働いてもらっているのでしょうか?

安田:人によって様々で、月何十時間の方もいるし、月10時間程度の方もいますね。受講時間は7〜24時まで対応していますが、マンツーマンなので時間は受講生と講師のマッチングで決まるんです。講座は平日夜や土日に集中するので、複業される方とのニーズも噛み合っていると思います。

仕事はほぼオンラインで完結しますし、スタッフからの連絡や質問はSlackで全て管理しています。基本的にITに馴染みがある人が多いので、導入はスムーズでした。オンボーデイングとして研修も行なっていますが、技術を理解してる前提で話を進め、サービス理解や管理ツールの使い方、簡単なロープレなどを行なっています。早い人は2週間で研修を完了していますよ。

ーアナザーワーカーさんはそれぞれ異なる文化や仕事の流儀を持っています。スムーズに業務を遂行してもらうために、注意していることはありますか?

安田:僕たちの場合、講師やカウンセラーは受講生と最も接するポジションなんですね。だから彼らの指導が顧客体験を左右してしまう。それでいて教育サービスなので、ただ甘やかすだけでなく、厳しく接して後押しすることも求められます。

対策として一番重視しているのは採用です。顧客体験を高めるために、基準を満たす方でなければ採用していません。その点でもミスマッチを防ぎ、採用の工数や時間を削減できるAnother worksには助けられています。

スカウトの返信率を上げるコツは、「プロフィールの熟読」にあり

ー次は、Another worksに求める改善点を教えてください。

安田:強いていうと、登録者の「年齢」が分かると嬉しいですね。登録者の職歴やスキルは確認できますが、年齢が分かると姿やパーソナリティがよりイメージしやすくなるので。

他にはレポート機能があればいいなと思います、ブックマーク数やどれくらい求人が見られているのかの数字が分かれば、次のアクションが決めやすくなります。

貴重なご意見ありがとうございます。僕たちも様々な企業さんから要望をいただいていて、開発メンバーとディスカッションしながら実装を進めています。内製で開発体制を作り、素早く改善できるようにしていますので、今後に期待してください! 逆にコードキャンプさんから質問はありますか?

安田:聞いておきたいのは、スカウトのマッチング率ってどれくらいなんでしょう? 僕らもよく利用する機能なので、他社さんの数字が気になっています。

ーマッチング率は全体でおおむね20〜30%くらいです。スカウト文章をカスタマイズしておくと30%くらいに上がって、テンプレだと下がりますね。

安田:僕たちの場合は、マッチングするしないに関わらず、だいたい半分くらいの方に返信をもらいました。他サービスと比べて、登録者のレスポンスがすごく良いなと思っていて。でも、さらに返信率を上げていきたいと考えています。コツはありますか?

ー登録者のプロフィールを熟読してスカウトすると反応率が上がりやすいと思います。今って、受け取る側がスカウト慣れしているんですね。だから「これはテンプレだな」と敏感に気づいてしまいます。登録者のスキルを見て、「なぜスカウトしたのか」を文面で伝えてあげると、「ちゃんと見てくれているな」と反応も良くなると思います。

安田:なるほど。もう一点、これは面白いなと思った活用法はありましたか?

ー面白かったのが、会社代表を務めるエンジニアさんのケースです。その方には「セールスの確度を高めるために、営業の際にピンポイントで同行してくれる人が欲しい」と活用していただいたことがあります。サービスの主軸は業務委託のマッチングや検索ですが、私たちも想定していなかった利用ケースは発生していますね。最後に、今後コードキャンプではどのように採用を進めていくのか教えてください。

安田:登録者によって複業に求めるものは様々なので、「この雇用形態がベスト」という形は決まっていないと思っています。そのうえで、ライフステージやキャリアのフェーズによって柔軟に関わり方を提案していきたいですね。また、個人事業主を採用する場合、ご自身が法人の代表の方もいらっしゃる。独自のノウハウを持っている方も多いので、お互いにシナジーを生めるよう模索していきたいですね。

今後はアナザーワーカーさんから正社員に登用するケースも考えていますし、退職した社員が出戻りしたり、複業的に関わってくれるパターンも実際に起きています。僕らのスタンスとしては、社員であろうとそうでなかろうと、手を貸してくれる人がいればお願いしたいと思っているんです。

複業は教育的な側面も持っていると思っていて、働く人のキャリアを広げる機会を作れたらすごく意義がある。採用面においても、事業としても、「今の仕事に不満はないけれど、なんだか物足りない」と感じている方に豊かなキャリアパスを提供していきたいですね。