ワーク

【人事評価制度のしくみ】0から制度を新設する方法&3つの注意ポイント

複業するなら 複業クラウド

人事評価制度を作りたい!人事評価制度を改善したい!

人事評価制度は、社員をきちんと評価し、社員のモチベーションを上げるための大切な評価制度です。それぞれの会社によって人事評価制度は異なりますが、どんな内容の人事評価制度を作るのが良いのか、人事評価制度の作成方法や注意点について詳しくご紹介します。

また、社内にある人事評価制度をどう改善したら、より社員のモチベーションとなって、企業の目標達成や業績アップの成果を上げる人事評価制度が作れるかについても兼ねてご紹介します。

まずは、人事評価制度を作る目的とどんな内容の人事評価をしたらいいのか、人事評価制度を作る方法を詳しく見ていきましょう。

人事評価制度を作る目的を確認しよう

人事評価制度の目的①:給与(賞与)を決めるための人事評価の基準

そもそも人事評価制度は、社員の給与(賞与)を決めるために人事評価を行うのが最初の目的です。会社の業績に対してどのくらい貢献をしてくれているのかを主に評価しています。

その際、社員の人事評価基準を「社員のスキルや成果、数字などの業績」だけで評価するのか、「会社への貢献度などの広い意味」で評価をするのか、評価制度の目的について最初に考える必要があるでしょう。

人事評価制度の目的②:企業のビジョンや理念を伝えて貢献できているかも評価基準に

人事評価制度を作る際には、「企業として何を大切にするのか?」「従業員に何を期待するのか?」という企業のビジョンや理念を示し、従業員への期待やメッセージを伝えることも大切な目的です。

ビジョンや理念を浸透させる意味でも、人事評価基準にそれらをしっかり掲げた人事評価制度を作って社員を評価するといいでしょう。

人事評価制度の目的③:人材配置のための人事評価に

以前は、日本では年功序列で給与が決まることが多かったのですが、最近では社員のそれぞれの能力や成果、会社への貢献度、仕事への姿勢を総合的に見て評価、それぞれが設定した目標の進捗状況や達成度などを評価して決まることも増えています。

人事評価制度によって給与や昇給、昇進などが決まるだけでなく、適切な人材配置をする目的のためにも人事評価が使われています。

人事評価制度の目的④:社員のモチベーションアップ、成長を促進のための人事評価

公平で適正で透明性のある人事評価制度を社内に取り入れることで、社員のモチベーションを上げる目的があります。人事評価制度で、きちんとした人事評価基準を明確に表わすことで、モチベーションアップや社員の成長に直結した評価になるでしょう。

人事評価制度が必要になる会社のフェーズは?

次に人事評価制度が必要になる会社のフェーズについてご紹介します。どんな時に人事評価制度が必要になるのかを参考にしてください。

人事評価制度が必要な時①:50名以上の会社になった時に人事評価制度が必要

人事評価制度が必要になる時は、たとえば従業員が50名以上になった時に人事評価制度が必要です。50名以上と会社の規模が大きくなり、従業員数が増えるにつれて「自分は正しく評価されているのだろうか」と人事評価を不安に考える従業員が増えます。

管理職からの評価がきちんと行われているのかがわかりにくくなりますので、50名以上になればきちんとした人事評価制度を作るのがおすすめです。

複業するなら 複業クラウド