ワーク

262の法則とは?人間関係や職場マネジメントの悩みを速攻解決する方法

複業するなら 複業クラウド

262の法則って何?

262の法則というものを知っていますか。組織の中で、有能な人が2割、普通の人が6割、無能な人が2割いるというのが262の法則です。組織をマネジメントする場合によく言われる法則で、どんな人がメンバーとなっているのかを考えるのにいいのが、262の法則といえます。

普通の人は6割という考え方で、2割の優れた人、2割の無能な人にどう対応するのかや、何を大事に考えるのかを、この262の法則を使うことで解決できます。

優秀な2割の人の才能やスキルを伸ばし、2割の無能な人をフォローすることに尽力するなど対策を考えることができるでしょう。

会社などの組織だけでなく、自分の周りの人間関係においても、自分にいい影響を与えてくれる人は2割、いい影響を与えない人が2割存在すると考えると、人間関係がうまくいくことがあります。いい影響を与えてくれる2割の人を大切にし、いい影響を与えない2割の人は避けることも、262の法則を則して考えるとよいでしょう。

262の法則で分析して考えることで、組織のマネジメントや人間関係を見直して考えることができておすすめです。

8対2で表されるパレートの法則

8体2で表されるパレートの法則とはどのようなものでしょうか。これも262の法則と似ています。

8対2のパレートの法則は、全体の8割の内容は、それを構成する2割の要素から作り出されるという法則です。

例えば、「自分が着ている8割の服は、好きなお気に入りの2割の服のことが多い」「いつも食べに行く店の8割は、お気に入りの2割の店に行くことが多い」などです。

パレートの法則は、マーケティングにも使える法則で「8割の売上は2割の常連客の売上によって占めている」などとよく言われます。逆に言えば、2割の常連客を作ることによって、8割の売上を確保できるとも言える法則です。

262の法則はどの企業フェーズで発生しやすいのか?

262の法則も8対2のパレートの法則も、2割の特別な存在があり、8割は普通以下の存在があることを意味しています。働きアリにも例えられ、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてきているという例があります。

そして、企業をマネジメントしていく上では、2割の優れた有能な人材が大事ですが、それ以外の8割の人材を大事にマネジメントしていくこともとても大切です。

企業フェーズで企業が成長しようとする時、組織変革をしたい時、会社全体の大勢の従業員を動かしたい時に、8割の人材を動かしていくことが大切になります。優秀な人材は、すぐに組織変革に付いてくることも多いのですが、残りの8割が付いてこないことが多くなります。そこに格差が生まれ、人間関係に隔たりが生まれるでしょう。

企業フェーズで創業当時は262の法則もあまりないのですが、次第に262の法則で分かれてきます。何か組織を変革したい時、新しい事業を行ったりしたい時などは、262の法則でまず6割の普通の人たちを動かすのがおすすめです。

普通の人たちを動かすのは少し時間がかかりますが、6割に浸透させていくことで、2割の優秀でない人たちも付随するようになって262の法則が大きく活きます。

複業するなら 複業クラウド