ワーク

集団面接の裏ワザ!グループで印象に残るポイント&事前にできる対策3選

複業するなら 複業クラウド

集団面接の対策どうすればいいの…?

集団面接は、企業に応募した複数人が同時に面接を受ける形態を指します。

個人面接では、自分一人しかいないため、面接に集中することがでますが、複数人同じように面接を受けている人がいると「他の人よりも優れたことを言わなきゃ!」と焦ってしまうことも多いです。

また、アピールの時間も一人よりも少なくなってしまうため、短い時間でしっかり自分をアピールすることが大切です。

そのような集団面接で面接官に印象を残すにはどうしたらいいのでしょうか?

集団面接は個人面接とは異なり、自分のアピールできる時間も限られているため、集団面接で印象に残るコツを掴むことが大切です。

今回は、集団面接の対策方法や、事前に知っておくべき集団面接の流れなどについて詳しく解説していきます。

知っておきたい!集団面接の流れ

集団面接の流れについて詳しく紹介していきます。

集団面接では、以下のような流れで面接が進みます。

  1. 入室・挨拶
  2. 自己紹介
  3. 志望動機・自己PR
  4. 面接官からの質問・応募者からの質問
  5. 退出

これを見て分かるように、流れは基本的に個人面接と変わりません。

しかし、他の人が話している時間や面接官が他の人に質問している時は、じっと待つ時間があります。

この時間に気を抜いてしまうと、印象が下がってしまうこともあるため、注意が必要です。

集団面接・グループ面接で目立つ人の特徴

集団面接。グループ面接で目立つ人の特徴を3つ紹介します。

1.端的にわかりやすく話す人

端的にわかりやすく話す人は、集団面接で印象に残りやすいです。

集団面接の場合、個人面接よりも自分のアピールをする時間が短いため、より簡潔に自分のアピールをすることが大切になります。

長々と自分のアピールをすることは誰にでもできます。

そのため、集団面接の場では、自分のことを端的にわかりやすく話す人の方が、面接官の印象には残るでしょう。

2.周りの意見を取り入れた上で発言をする

周りの意見を取り入れた上で、発信する人も印象に残りやすいです。

集団面接では、他の人が話している時についつい気を抜いてしまったり、次に話をすることを考えたりしがちです。

そのようなときに、他の人の話をしっかり聞いたうえで発言をするということは、余裕があり、それだけの能力があるということをアピールすることになるでしょう。

確かに集団面接で緊張してしまい、自分のことしか考えられない気持ちも分かります。しかし、他の人の話を聞くことも、集団面接の場では重要なポイントになります。

3.場の空気に飲まれない人

場の空気に飲まれない人も、印象に残る人の特徴です。

集団面接の場では特に、面接の場の空気に飲まれがちです。

それを上手くかいくぐることができたならば、内定に一歩近づいたと考えてもよいでしょう。ここは、重要なポイントになるでしょう。

複業するなら 複業クラウド