ワーク

【トレーダーの職業実態を徹底解説】仕事内容&年収&向いてる人の特徴

複業するなら 複業クラウド

トレーダーの仕事・職業の実態とは…⁉︎

トレーダーとは、簡単に説明すると証券会社などの金融機関に所属して株や債券などの売買取引を執行したりする仕事です。

近年会社などに属することなく、チャートの売買をする人も増えています。

トレーダーは主に投資家達の顧客注文を受けて、株や債券などを売買したり、ディーラーにつないだりする仕事です。

トレーダーは基本的に顧客やポートフォリオマネージャーなどの指示を受けて売買を執行します。

また、トレーダーと聞くと、1日中パソコンの前で取引をして利益を上げている個人の投資家をイメージする人も多いでしょう。そのようなトレーダーはディトレーダーとよばれ、トレーダーとは異なります。

簡単に説明すると、トレーダーとは、投資家達から「〇〇の株を買いたい!」「〇〇の株を▲▲円分売りたい!」といった注文を受けて、ディーラーに依頼を出す人のことをです。

ここでいうディーラーは、顧客からの注文を受けて株や証券を売買する仲介人を指します。

気になる!トレーダーの仕事内容

続いて、トレーダーの仕事内容を詳しく解説していきます。

1.会社の資金を運用

トレーダーは、会社の資金を運用して利益を上げる仕事です。

基本的にバイサイド(会社に所属して最適なタイミングで売買を注文する)として働き、社外の顧客から受けた注文を取引所で販売し、市場での売買成立を行います。

2.自社ファウンドの運用

自社ファウンドを運用することもトレーダーの仕事です。

自らの会社のファンドマネージャーと連会しながら、最適なタイミングで売買を行い、売買成立を狙います。

なお、顧客の注文に対するトレーダーはセルサイドと呼ばれ、証券会社に所属をして業務を行います。

特にバイサイドトレーダーは、自社のファンドマネージャーとの間に立ち、売買執行や自社ファンドの運用に貢献します。

3.数値の分析、傾向を解析

トレーダーは、数値の分析や傾向を解析する仕事も行います。特に、トレーディング業界や外資系はなかなか厳しい仕事内容になることも多いです。

そもそも、トレーダーは数値の分析や傾向を解析できなければできない仕事でもあります。

複業するなら 複業クラウド