ワーク

人事考課制度でモチベアップ!査定基準&見落としがちな面談のコツ!

複業するなら 複業クラウド

人事評価・査定ってどうやってされているの?

人事評価や査定がどうやって行われているのかは、意外と知らないことも多いでしょう。「人事評価」は「人事考課」とも言われることがあります。

「人事評価・査定」と「人事考課」はほとんど同じ意味で使われます。

企業が従業員を評価するために行われるのが「人事評価」「人事考課」ですが、どのような方法でどんな内容を評価されているのかを詳しく知ってみませんか。

人事評価、人事考課制度については、あまり評価される側は知らないことが多いでしょう。人事考課制度の意味や査定基準などについてご紹介します。

意外と知らない人事考課制度の意味とは?

人事考課制度とは、従業員の業績や能力、日頃の業務への取り組み、姿勢などを会社側が評価する制度です。

人事考課をすることで、きちんと従業員を評価してそれを賃金に反映し、昇進の資料などにすることができます。異動配置を考える際やそれぞれの従業員の能力をさらに開発するために活用できるでしょう。

「査定」という言葉も良く使われますが、人事考課や人事評価によって査定が行われ、評価基準が設けられてランク付けなどがされます。

人事考課制度の目的

人事考課制度の目的には、下記の3つがあります。詳しくみていきましょう。

1.評価制度を平等にするため

人事考課制度をきちんと作ることで、社員の評価を平等にする目的があります。社員の評価は、上司の判断や評価などによって異なり、左右されることが多くあります。そのため、きちんとした評価制度を会社が確立しておくことで、平等な評価をすることができます。

平等な評価制度の下で、誰もが同じように査定されるため社員にとってとてもよい制度といえるでしょう。

2.企業にマッチした人材を育成するため

人事考課制度を作ることで、企業にマッチした人材になっているかをチェックすることができます。まだ足らない部分や優れている部分などを評価することができるでしょう。

企業がどんな人材を求めているのかを評価基準として、そこまで到達しているのかを評価する制度にできる目的があります。

3.社員のモチベーションを引き上げるため

人事考課制度があることによって、その制度を使って平等に評価・査定されると社員は思いますので、社員のモチベーションの引き上げにもつながります。

目指して努力したり、自分が以前より成長していることを感じたりできる制度にもなります。

 

複業するなら 複業クラウド