ワーク

統率力の意味とは?統率力がある人の特徴|チームを率いる上で大切なこと

複業するなら 複業クラウド

憧れのアノ人のような統率力が欲しい!

組織でリーダーとして働いた経験がある人の中には、「憧れのアノ人のような統率力が欲しい」と思ったことがある人みもいるでしょう。

しかし、そもそも統率力とは何かがわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは憧れの人のような統率力を身に着けるために、統率力の取得方法を紹介します。

本記事で紹介したポイントを押さえ、周囲からの理解を得たうえで統率力を身につけましょう。

統率力の意味とは?

実際に統率力を身につけても正しい意味を理解していなければ、間違った意味合いで統率力を身につけてしまうかもしれません。間違った統率力を取得してしまうと、組織全体が良い方向へ向かいにくくなってしまうでしょう。

統率力は、目標を達成するためにチーム全体を率いる力といった意味合いがあります。チーム全体を目標を達成するために率いる力を身に着けるためには、「チームをまとめる力」と「チームを率いて目標達成する力」の両方を兼ね備えておかなければいけません。

統率力を取得することで、メンバーの経験と能力に沿った役割を与えられるようになり、組織全体のパフォーマンス向上につながります。組織のリーダーを務めるのなら、統率力は身につけておいたほうがよいでしょう。

チームを率いる統率力がある人の特徴

チームを率いる統率力がある人の特徴として、以下の3つを紹介します。

1.話す言葉が頭に入りやすい

統率力を身に着けてチームを率いる人を目指すなら、話す言葉が頭に入りやすいことは必須条件です。

チームを率いるなら、メンバーへ的確な指示を出さなければいけません。もし、話す言葉が頭が入りにくかった場合、伝達ミスにつながるでしょう。

仕事をする際に伝達ミスをしてしまったら、新たに資料の作り直しをするなど本来しなくてもよい仕事が増えてしまいます。そのため、仕事の効率が低下することも考えられるでしょう。

話す言葉が頭に入りにくいと、チームのメンバーが不信感を募らすことも考えられます。そこでおすすめな話し方は、中学生でも理解できる言葉で簡潔に伝えることです。

たとえばチームのメンバーに入って1カ月の新人が含まれていた場合、指示に専門用語を含んでも相手へ伝わりにくいでしょう。専門用語を使用せずだれでもわかる言葉を使用することで、容易に頭に入りやすい言葉づくりができます。

また、人間の集中力は長く続かないためできる限り短く結論から物事を話すように気を付けてください。簡潔に短く結論から話すことで、相手に言葉が伝わりやすくなります。

2.ビジョンや将来の話を熱く語れる

統率力を取得している人は、組織の将来のことを仕事中は常に考えているため、チームのビジョンを熱く語ることができます。しかし、自身が率いているチームに関してあまり関心がない人はビジョンや将来の話を熱く語れません。

自身に置き換えて考えてみても、チームのビジョンを一切考えていないリーダーとビジョンを真剣に考えているリーダーだったら、後者の方が良いと答える人が多いのではないでしょうか?

統率力を身につけるためにも、自身が現在、所属している組織に情熱を注ぐことから始めましょう。

複業するなら 複業クラウド