ワーク

分析と解析の違いとは?情報・データを読む解くために必要な5つの思考法

複業するなら 複業クラウド

分析と解析の意味や違いとは?気になる対義語&類義語

分析と解析という言葉は同じように使われるような気がしますが、それぞれの意味や違いについて知っておくとマーケティングで役立ちます。マーケティング以外でも、分析と解析という言葉はよく使われますので、使い分け方も詳しく知っておくといいでしょう。

それぞれの意味や目的、対義語、類義語から分析と解析の違いを詳しく見ていきます。

1.分析とは

分析とは物事を細かな要素などに分けて、その性質や構造などをわかりやすくするものです。「分析」の「分」という語には、分けるという意味があります。つまり、分析はどんな内容になっているのかを細かく分けて考えることを意味します。

2.解析とは

解析とは、内容がどうなっているのかなど、組織的、理論的に研究して明らかにすることを意味します。「解析」の「解」は、解くという意味合いが強いため、なぜそうなっているのかを説いていくイメージと考えるとよいでしょう。

3.分析と解析、それぞれの目的とは

分析と解析は、両者ともマーケティングや研究、統計などでよく使われる言葉です。分析と解析それぞれの目的とは何でしょうか。

まず、「分析」の目的からみていきます。

分析の目的は、多くのデータを要素に分けて、細かく分けていくことそのものです。

マーケティングでは、「分析」や「解析」をする場合に、まず元となるデータ収集を行いますが、集めた多くのデータがどんな要素でできているのかを分類して考えるのが「分析」です。

そして、これに当たるのではないかといくつかの要素に分けて整理し、考えやすくしていく目的があります。

それに対して解析は、データの構成要素を理論的に調べるのが目的です。なんらかの結論などを「解析」によって理論的に説いていきます。

なぜそのデータになったのかといった理由を探るのが解析です。解析では原因がわかることが多いため、その解析結果を知ることによって、どうしたらいいのかがわかりやすくなるでしょう。

たとえば、常連の利用者が70%で新規の利用者が30%だと分析したとしましょう。その場合、常連の利用者70%というのが高いのか、低いのか、新規の利用者を常連に変えられているのかなど原因を探ることが「解析」することになります。

4.対義語

「分析」の対義語は「総合」です。統合とは、合わせて考えるということです。分析して考えることに対して、総合的に考えることが対義的な意味合いになります。

また、「解析」の対義語は、きちんと当てはまる対義語がありませんが、解かないで合わせている状態などが対義語の意味になるでしょう。

5.類義語

「分析」の類義語は、「分解」「鑑定」「吟味」などがあげられます。分析がどのような意味でつかわれているかにもよりますが、「解析」も類義語になることがあります。

また、「解析」の類義語は、「精査」「考査」などがあります。そして、分析どうように解析の類義語として「分析」をあげることができます。

「分析」「解析」はお互いが類義語になるほど、似ている語です。目的が異なるだけで、細かく分ける分析、なぜだか原因を探る分析などと目的が違うだけと言えるでしょう。

複業するなら 複業クラウド