ワーク

部署・人事異動になる7つの理由|職場の異動は断ることができるのか?

複業するなら 複業クラウド

人事異動の意味とは

人事異動の時期になると、「自分が希望しない部署に異動になったらどうしよう」や逆に「希望の部署に異動したい」と不安や期待を感じる人がいます。

企業にとって、人事異動とはどのような意味を持つのか、人事異動の意味、種類、目的、時期、効果などを知ることで、人事異動がなぜあるのかをより分かるようになるでしょう。

人事異動と一口ににいっても、案外多くの種類があります。

ここでは人事異動について詳しく学んでいきましょう。

1.人事異動とは

人事異動とは、企業の命令によって従業員が勤務地や部署などの配置転換や地位、勤務状態などを変更することを指します。

人事異動通知書、辞令などが会社から渡されて正式に命令されます。命令となりますので、企業にいる限りはこれに原則的に従わなければなりません。

このよく言われる辞令とは、人事異動だけでなく、転勤、新規採用を行う際にも企業から出される正式文書です。人事異動の場合は、辞令を交付することで、勤務地や部署の配置転換や役職などを本人に通知します。

また、人事異動は社内で辞令を公示することによって、従業員に広く通達可能です。

2.人事異動の種類

人事異動の種類についての紹介です。

主だった人事異動には、部署の配置転換、転勤・転任、昇進・昇格、降格・降職、役職への任命・解任、出向、新規採用、定年退職、勧奨退職、解雇、免職などがあります。

社内の部門、部署だけの異動や支社や支店などへの転勤や転任が急に言い渡されることも、時としてあるでしょう。同じ職場内だったとしても現在の地位からの昇進・昇格やあまりうれしくない降格・降職が急に伝えられることもあります。

また、役職への任命は喜ばしいことですが、解任や出向、勧奨退職、解雇、免職など、予期せぬ移動もあるでしょう。

人事異動の総てがよいものではなく悪い知らせもあるため、人事異動の種類は多岐に渡ります。

3.人事異動の目的

人事異動の目的は、組織のバランスを取ることです。そのため、人事異動は全従業員を対象に年齢、経験、地位などの校正バランスを考慮して、部署の配置転換、転勤・転任や昇進・昇格、また新規採用の人事異動が実施されます。

同じ職場・部署に長くいることで、スキルや経験は積むことができますが、後進の育成ができないなどの問題が生じたり、癒着などの問題がおきたりするのを防ぐのも人事異動の目的のひとつです。

企業としては、定期的に組織全体を少しずつ新しくするのが、部署での人事異動の目的にあります。

また、心身に負担が高いと思われる業務を数年ごとに入れ替えたり、現場を経験してから本部的な業務を行う部署への配置したりなど、個人の評価に合わせて人事異動は計画的に実施されるのです。

4.人事異動の時期

人事異動の時期ですが、一般的に年度末、決算時期に合わせて3月や9月~10月が多いです。

しかし必要に応じて、どの月でも人事異動は実施されます。

就職や転職をした場合に、会社の人事異動の時期を知りたいのであれば、決算時期頃を調べてみれば人事異動の時期がわかることが多いでしょう。

人事異動の時期は、自分や周囲の人が異動しないかどうか、多くの人が気にしています。人事異動の内示が本人にはおおよそ1ヶ月前には伝えられますので、その頃に内示があるかどうかで、人事異動になるかがわかるでしょう。

自分に内示が来た場合は、辞令が正式に出るまでは内密にすることになっています。人事異動になることはわかっていても、知られないようにすることが必要です。

5.人事異動の効果

企業にとっては、人事異動の効果は新しい経営戦略をするうえで必要なものです。人事異動を行うことによって、新しい組織が効果を発揮することを願い行われます。

また、人事異動をすることで従業員のモチベーションアップも期待しているでしょう。人事異動を通して、「どこの部署に異動したい」「次は何を経験したい」という従業員の希望を叶え、モチベーションをあげることを狙っています。

実際に人事異動をすることで、新しい人材を育成していくことができます。組織が固まることなく、また個人の能力だけに頼ることなく、人事異動によって企業全体の成長が期待できるでしょう。

最近問題になっている癒着や権限の一元化を防ぎ、柔軟な透明性の高い組織にする効果も、部署の配置転換をする人事異動にはあります。

複業するなら 複業クラウド