ワーク

外資系企業に勤務するメリット&向いてる人の特徴|海外企業との違いとは

複業するなら 複業クラウド

外資系企業と聞いても、他の会社と比べても、何が違うのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は外資系企業の意味や詳しい定義、外資系企業に向いている人などについてご紹介します。

外資系企業の意味とは?海外企業の違い

外資系企業とは、外国人が一定以上の出資をする日本の企業のことを指します。

海外企業と勘違いしてしまうことも多いですが、外資系企業は基本的に日本で主導の企業を指し、海外中心で事業をする海外企業とは異なることが多いです。

しかし、外資系企業は現在明確な定義がなく、日本に進出した海外の企業や日本と外国で共同出資した企業、日本の企業として設立したものの現在外国企業に買収された企業なども外資系企業を呼びます。

3種類に分けられる外資系企業の詳しい定義

ここでは、外資系企業の詳しい定義についてご紹介します。

1.海外企業と日本企業の共同出資によって設立した企業

海外企業と日本企業の共同出資によって設立した企業は、外資系企業の中でも合弁会社と呼びます。

共同出資する場合は基本的に経営方針は出資率によって異なり、出資率が高い企業が経営方針を決めることが多いです。

2.M&Aなどで買収され、海外企業となった元日系企業

M&Aなどで買収され、海外企業となった元日系企業も外資系企業と呼びます。

会社が買収されたとしても、元日系企業である企業は外資系になり、主導権は外国企業にあるものの日本企業で勤務していたときとは異なるスキルや知識などが求められることも多いです。

3.GoogleやAmazonなど、海外企業の子会社・日本法人

GoogleやAmazonなど、海外企業の子会社・日本法人も外資系企業と呼びます。

基本的に資本は外国から出資されていることが多く、経営方針や施策などは海外の出資国が決めることが多いです。

GoogleやAmazonなどのように、海外中心で日本でも多くサービスを提供しているインターネット事業に携わる企業も外資系企業と呼びます。

外資系企業に向いている人の特徴5選

ここでは外資系企業に向いている人の特徴を5つご紹介します。

1.語学が堪能で異文化への理解がある

外資系企業に就職・転職する場合、日本語以外の語学力が必要となることが多く、企業によって求められる英語レベルも異なります。

一般的な外資系企業であればTOEICスコア700~800程度と言われており、海外に拠点を構える企業であれば日常会話だけではなく、ビジネスレベルでの英語力も求められることが多いです。

また、使用言語は英語だけではなく、一緒に働く外国人の人によっても文化が異なるため異文化への理解があることも重要となります。

2.自己アピールができる

外資系企業では、上司にただ指示された仕事内容をこなすだけではなく、自分から積極的に自己アピールをして自分は何ができるのか、何が必要なのかを発信していくことが重要です。

特に外資系企業であれば、異文化交流が多くなるため、しっかり自分の言葉で自己アピールしなければいけません。

しっかり自己アピールすることができれば、それだけでも十分外資系企業で活躍できると言えるでしょう。

3.流動的な職場環境でも、変化に柔軟に対応できる

流動的な職場環境でも、変化に柔軟に対応できる人も外資系企業に向いている人と言えます。

日本の一般的な企業と比べても外資系企業は流動的な職場環境になることが多く、業務手順の変更などに柔軟に対応することができれば、外資系企業に勤めても貴重な人材として重宝されることでしょう。

4.コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い人も外資系企業に向いている人と言えます。

外資系企業は日本人だけではなく多くの外国人がたくさん企業に勤めており、仕事中や休憩中など、コミュニケーションを取る機会も多いです。

そのため、コミュニケーション能力が高ければ高いほど、有意義に仕事を進めることができることでしょう。

また、コミュニケーションが高ければ自分と違う意見が多い現場だとしても、自分の意見だけではなく相手の意見に興味を持ちながら発信することができるため、コミュニケーション能力が高い人は外資系企業に向いている言えます。

5.タフな環境にも耐えることのできる強いメンタル

タフな環境にも耐えることのできる強いメンタルを持っている人も外資系企業に向いている人です。

外資系企業は一般的な日本の企業とは異なり、年齢や勤務年数よりも実力で評価されることが多いでしょう。

そのため、自分の方が早く入社したのにもかかわらず、部下の方が早く昇格・昇進したりすることが多く、自分の実力がはっきり人事評価されます。

そのため、悔しさをバネにしてタフな環境にも耐えることのできる強いメンタルを持っている人は外資系企業に向いていると言えるでしょう。

外資系企業に勤務するメリット

複業するなら 複業クラウド