ワーク

SE(システムエンジニア)の仕事内容&収入|向いてる人の特徴とは?

複業するなら 複業クラウド

システムエンジニア(SE)とはどんな職業?

システムエンジニアは、コロナ禍の現在そしてこれから将来のことを考えても需要が高い職業です。システムエンジニアは、SEとも呼ばれます。

最近人気の高いIT業界でシステムエンジニア(SE)は実際にどのような職業なのか、またどうすればシステムエンジニア(SE)になれるのかを知ってみませんか。

仕事内容や収入はどれくらいあるのか、どんな人が向いているのかについて詳しくご紹介します。新卒や転職でシステムエンジニア(SE)を目指す人は、参考にしてください。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)とは、システム開発をするのが主な仕事です。ここでは、仕事の一般的な流れをまず知っておくとよいでしょう。

流れとしては、クライアントからの要求を聞いて分析・要求定義→基本・詳細設計→実際のプラグラミング→それをテストするです。また、この一連の流れをマネジメントする仕事もあります。

次から、それぞれの内容を詳しく見ていきますので、参考にしてください。

1.要求分析・要件定義

システムエンジニア(SE)の仕事としては、クライアントから「システムを通して、どんな問題や課題を実現したいのか」といった要求の分析、打ち合わせがあるでしょう。これらは一件、システムエンジニア(SE)に関係のないような仕事ですが、大事な業務です。そして、打ち合わせで話し合った内容をシステムエンジニア(SE)は、システム化していきます。

要求を聞くというヒアリングの段階で、実際にどのようなことをしたいのか、どう効率化させたいのかを徹底してしることが大切です。

それぞれの企業によって、個々に異なる要求があるため現場の状況に即したきめ細やかな対応ができるかが、システムエンジニア(SE)にとって、重要な仕事です。

2.基本・詳細設計

要求に即してシステム全体を考えた仕様書を作り、どんなシステムを構築するのか基本設計を行います。システムを何で構成するのかを考えるのが、システムエンジニア(SE)としての本格的な最初の仕事といえるでしょう。

3.プログラミング

どのような機能のプラグラミングにするのか、詳細設計を行います。基本設計に応じて、どのような技術や仕組みを実現していくのかを設計、プログラミングする必要があります。企業やプロジェクト、要求によっては、個別にプログラミングを作っていくことが必要な場合もあるでしょう。

4.テスト

プログラミングをしてシステム化ができたならば、それをテストすることがシステムエンジニア(SE)の大事な仕事です。必ずそれをテストして、実際にそれで使えるのかどうかを試します。

システムが設計通りに動くかどうかは、企業に実際に試してもらう必要がでてくるでしょう。現場で使えるかどうか、不備がないか、トラブルが行らないかなどをテストしたあとは、それによって改善が必要となることも多い仕事です。

5.マネジメント

システムエンジニア(SE)の仕事のひとつには、マネジメントという業務もあります。システムエンジニア(SE)として、システム開発の予算や人員、進捗状況などを管理して進めていく必要があるでしょう。

システム開発のプロジェクト全体を計画して、設計・運用するまでの一連の工程を管理するのがマネジメントの仕事です。特に、マネジメントができるシステムエンジニア(SE)を、プロジェクトマネージャー/PMと呼びます。多くのプロジェクトマネージャーは、管理職として働いており貴重な人材です。

現在、需要が高くなっているシステムエンジニアはPMとも言えるでしょう。

システムエンジニア(SE)の平均年収

実際のシステムエンジニア(SE)がどのくらいの年収を稼いでいるのかについて、次にご紹介します。

システムエンジニア(SE)の平均年収は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査2019年調べでは、男女合わせた平均年収は、568万9,000円です。307.7万円の一般的な平均年収に比べると、システムエンジニア(SE)の平均年収の高さがわかるでしょう。

複業するなら 複業クラウド