ワーク

【種類別】人気の福利厚生一覧|手当が充実している企業の成功事例5選!

複業するなら 複業クラウド

福利厚生が充実している企業で働きたい!

企業に就職・転職する場合は、給与なども気になりますが、福利厚生の内容や種類が充実している企業で働きたい人も増えています。福利厚生がいいこと、福利厚生の種類が多いために、働きやすくて仕事を続けていきやすいことも多いでしょう。

また、福利厚生の内容や種類が充実している企業は大手企業に多く、いい企業として人気や評価が高くなっています。今回は、福利厚生について詳しくご紹介しますので、どんな種類の福利厚生が人気なのか、またどんな種類の福利厚生の手当てや補助などがあるのかを知ってみませんか。

福利厚生の種類を企業や仕事選びの一つにしてみるのもおすすめの方法です。

そもそも福利厚生の意味とは?

そもそも福利厚生とは何なのかからご紹介します。福利厚生とは、「給料以外の報酬、サービス」を意味します。給与以外に、福利厚生として、どんな報酬やサービスがあるのかも働く側にとっては大切にしたいところです。

福利厚生の意味からまずご紹介し、どんな福利厚生の内容や種類があるのかを次に詳しく説明していきます。

1.福利厚生とは

まず福利厚生とは何かですが、企業は従業員に直接的な金銭報酬として給与や賞与を支払いますが、それ以外のサービスも行うのが福利厚生です。また、福利厚生を行う際は、従業員だけでなくその家族に向けた福利厚生のサービスもあります。

そして、福利厚生の目的はというと、福利厚生を良くすることで従業員が企業に貢献したい気持ちや働きたい意欲、能率の向上などを目指すようにすることです。福利厚生は、従業員の満足度を高め、離職を防いで企業に定着させる目的があります。また就職や転職の際にも魅力を発揮するのが福利厚生です。

そのような働く側にとっては魅力のある福利厚生ですが、福利厚生には法律によって定められた「法定福利厚生」と企業によってそれぞれ考えらえた「法定外福利厚生」があります。福利厚生は大きく二種類に分けられ、その福利厚生の違いも知っておくとよいでしょう。

2.法定福利厚生

福利厚生の種類には、法定福利厚生があります。これは、法律によって企業に義務付けられている福利厚生です。

具体的には、社会保険(厚生年金、公的医療保険(健康保険、船員保険、共済組合等)、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険、児童手当拠出金などがあり、企業が一部負担する福利厚生制度となっています。

全ての企業が備えていることが法律によって義務付けられている福利厚生の種類です。

3.法定外福利厚生

また、福利厚生には、法定外福利厚生という種類があり、こちらの福利厚生は企業がそれぞれ独自に行っている福利厚生制度です。

勤労者財産形成貯蓄(財形)や住居に関する福利厚生(家賃補助、借り上げ、社員寮、貸付金等)、通勤補助の福利厚生(通勤手当の支給、専用交通機関の手配等)、子育て支援の福利厚生(家族手当等)、資格取得支援の福利厚生、福利厚生施設としての保養所、社員食堂、社員寮・社員住宅、運動施設やリクリエーション施設などの福利厚生があります。

また福利厚生としての社員旅行やクラブ活動、企業による実業団の補助も法定外福利厚生の一環です。

法定外福利厚生は主に7種類!

法定外福利厚生は、企業で個別に考えられた福利厚生です。従って、それぞれに福利厚生に特徴があることも多くなっています。どんな福利厚生があって、どのような種類の福利厚生が多いのかも就職や転職の際の参考にするとよいでしょう。

法定外福利厚生では、住居に関する福利厚生が最も割合が高く充実しています。次に医療保険に関する福利厚生、食事に関する福利厚生なども豊富な企業が多いでしょう。

ここでは主だった7種類の法定外福利厚生について、それぞれの内容を詳しく紹介していきますので、福利厚生を比較する際の参考にしてください。

1.住宅関連の福利厚生

住宅・住居関連で関わる福利厚生の種類としては、借り上げ住宅、社宅、社員寮のサービス、住宅ローンの補助、住宅手当(家賃に応じてなど)があります。金額的な補助が福利厚生として行われる場合は、月に1万円~2万円などの金額の補助の福利厚生が多いでしょう。

住宅に関する手当などの福利厚生がある企業は多く、就職や転職の際には住宅手当の福利厚生について具体的な福利厚生内容を調べてから選ぶのもおすすめの方法です。

複業するなら 複業クラウド