ワーク

年功序列制度の意味とは?賃金の上がり方|制度のメリット・デメリット

複業するなら 複業クラウド

賃金上昇に大きな差!年功序列制度の意味とは?

年功序列制度とは、終身雇用制度を前提として、年齢や経験年数と共に賃金がアップする制度です。

日本の官公庁や、古い企業に良く見られる終身雇用を伴います。

高度成長期に取り入れられましたが、時代とともによりスピードを増した現代社会においては、その変容に対応していくことが難しい年功序列制度は機能しなくなると言われるようになりました。

1.年功とは

年功序列制度の「年功」とは、長期にわたり経験を積み、熟練していることを表す言葉であり、長年そのことに携わって経験し、得た技術のことを言います。

日本では「烏賊の甲より年の功」という言葉にもある通り、「イカの甲はあまり役に立たないが、年長者の経験である年功は積めば積むほど価値があり役に立つので重んじなければならない」、と古来から大切にされてきた概念です。

2.年功序列とは

「年功」という言葉を用いた「年功序列」とは、勤続年数や年齢に応じ、賃金や役職が上がっていく制度のことを言います。

かつての高度経済成長期に、働き手を確保するために作られました。

退職するまで同じ会社に勤めることで、雇用と生活の安定を保障する終身雇用を前提にした制度です。

年功序列制度では、仕事の成果による評価に関わらず、賃金がUPします。

成果主義との違い

年功序列制度と成果主義とは大きく異なる制度です。

年功序列制度では、退職まで勤め上げる社員が多く、その分採用コストを抑えることが可能です。

人件費が大きな支出となり企業にのしかかることは、企業にとっては大きなデメリットとともなりえます。

その点、年功序列制度の真逆にあたる成果主義は、社員自身の成果によって評価され、賃金もそれにあわせて上下する制度です。

社員がやりがいを持ちチャレンジも多く、長期的には生産性も高まるでしょう。

しかし一方で、成果主義についていけない社員が出て来たり、優秀な人材が他社に流出するデメリットも持っています。

複業するなら 複業クラウド