ワーク

労務管理の仕事内容&必要な知識とは?企業における重要性を簡単に解説!

複業するなら 複業クラウド

労務管理担当って何をするの…?

労務管理担当の仕事とは、どんな仕事なのかわからないという人も多いでしょう。最近では、さまざま働き方をする人が増えたことによって、労務管理の重要性も問われています。

コロナ禍であり、これからの将来、企業において労務管理担当の仕事は重要視されていくことでしょう。そこで改めて、労務管理担当の仕事の内容について詳しくご紹介します。

労務管理の仕事内容とは?

労務とは「企業で働く労働者に関することを、業務としてひっくるめて扱う仕事」です。「人事労務」のように使われることから、人事で扱われることも多くなっている仕事とも言えます。

労働者は企業で働くことによって報酬をもらいますが、それ以外にも福利厚生などのサービスを受けており、それらを含めて労働に関することを管理する仕事が労務という仕事です。

労務担当者が専門にいる企業もあれば、これらの労務の仕事を人事や総務・経理担当者が担う企業もあります。

次の項目で、労務の仕事内容について詳しくご紹介します。

1.給与・契約の管理

労務管理担当の仕事には、給与に関することや契約に関する管理があります。実際に給与計算をしたり、採用・退職にあたっての契約管理をおこなったりするのが労務の仕事です。

給与に関する仕事としては、給与体系の見直し、改善を検討するなどを全体的に考える仕事も行います。

2.社内の福利厚生を整える

労務管理担当は、従業員の福利厚生について考えるのが仕事です。労働者の働きに対して、必要な福利厚生(法定福利厚生、法定外福利厚生)などを検討し、労働者・従業員の立場に立って、働きやすいように社内の福利厚生を整えます。

最近では、テレワークやワーケーションなど多様な働き方が広まったため、そうした働き方をする場合の福利厚生についても考えていく必要がでてきました。これらも労務の仕事の範囲です。

3.業務改善・向上を促す

労働時間の管理を行い、超過労働となっていないかや非効率になっていないか、労働者を守る立場から業務改善や向上を促す仕事でもあります。また、安全に労働できるような管理、衛生や労働者の健康管理なども仕事です。

こうした労務管理担当を企業に置くことで、きちんとした労働時間の管理なども行えるだけでなく、現状把握や問題の発掘ができるでしょう。

テレワークなどで労働時間の把握が難しくなってきている現在、労務管理は重要な仕事となっています。

労務管理を行う際に必要な知識

労務管理を行う際に、必要な知識をご紹介します。労務管理担当者になるには、幅広い知識を持っておくことが大切です。

 

複業するなら 複業クラウド