ワーク

転職・中途の志望動機はどう書く?採用担当が注目する書き方例5選!

複業するなら 複業クラウド

過去の経験を最大限に活かした志望動機を書こう

転職活動で必ず聞かれる項目のひとつが、志望動機です。なぜこの企業に転職したいのか、中途採用では新卒以上に注目される部分といってもよいでしょう。

しかしながら、初めての転職だと志望動機をどう書いたらいいか難しいものです。転職活動で忙しいと、志望動機を使い回したくなるかもしれません。しかし、それでは採用されるのは厳しいでしょう。

そこで今回は、転職活動での志望動機の書き方や、具体的なケース別の志望動機の記載例をご紹介します。

ご自身を効果的にアピールする志望動機の書き方をおさえて、転職活動に挑みましょう。

転職・中途の志望動機の書き方のステップ

志望動機とは、自分がなぜ応募した企業で働きたいのかを伝える項目です。転職活動で多くの求人が出ている中で、なぜその企業に応募したのかを、採用担当者に伝えるのに志望動機の項目は役立ちます。

採用担当者は毎日膨大な履歴書を見ていますので、使いまわしの文章だとすぐ気づかれるでしょう。採用担当者は、志望動機を読み、「どうして自社に転職したいのか」を確認しています。つまり、志望動機には納得してもらえるオリジナルの文章であることが必要です。

1.志望理由

まずは、結論となる志望動機を記載します。文章の書き出しは、担当者の目に留まりやすいです。ここで結論を出して、続きを読みたいと思ってもらうことが必要となります。

採用担当者は転職希望者の対応で忙しいなか、履歴書をみているので文章にまとまりがない志望動機や、結論が捉えずらい志望動機の文章は最後まで読んでもらえないこともあるので、注意しましょう。

また、結論を最初に伝えるというのはビジネスのマナーであり、相手への配慮でもあります。転職活動だけでなく社会人として心得ておきましょう。

2.なぜこの企業なのか

次に、なぜこの企業に応募したのかという点について言及します。同じ事業展開をしている企業ではなく、どうしてこの企業に転職したいのかを伝えることで、志望動機だけでなく転職志望度の高さも合わせて伝えられるでしょう。

このとき「貴社のビジョンに共感しました」「貴社のサービスに魅力を感じました」というような、ありきたりな内容ではいけません。企業の特徴を深堀したうえで、具体的にどういったところに魅力を感じたのかを記載するようにしましょう。

3.現職の内容&ポジティブな転職理由

いまどんな仕事をしているのか、現在の会社を辞めて転職しようと思った理由を書きます。

現職の内容の詳細は職務履歴書にも記載しますので、志望動機の欄では要点を抑えたシンプルな内容で問題ありません。

転職理由では、ネガティブな表現は避けましょう。職場の人間関係や待遇に対する批判はもってのほかです。

また、「貴社で学びたい」などのアピールは逆効果です。即戦力となるスキルを求められる中途の転職では、自主的に学ぶ意欲がない人と判断される可能性があります。

4.応募企業で活かせる実体験・スキル

志望動機では、転職後に活かせる自分のスキルや経験も合わせて伝えましょう。今まで培ってきたスキルや経験を伝えることで、採用担当者があなたが転職後にどんな活躍をするか、イメージを浮かべやすくなります。

自分の経験やスキルを紹介するときは、単なる自慢にならないように注意しましょう。その経験がどう転職後の企業にプラスに働くかを、セットで書くことです。

応募企業でどんな経験やスキルが活かせるかは、応募する企業やポジションの特色を深く理解する必要があります。また、企業が求めていることを求人原稿などから理解することが求められます。

複業するなら 複業クラウド