ワーク

退職願の封筒に迷わない|正しい書き方&郵送マナーを徹底解説!

複業するなら 複業クラウド

退職願はどんな封筒が正解…?

退職を決めたならば、退職願を書いて会社に退職の意志を伝えることが必要です。退職願を初めて出す人は、出す際には封筒選びから戸惑ってしまうのではないでしょうか。

ここでは、退職願を提出する時にどのような封筒がよいのか、封筒の正しい書き方について、退職願の提出の仕方を含めてご紹介いたします。

本記事を読むことで、退職願いをどのような封筒を用いて提出するとよいのか、迷わないで済むようになるでしょう。それでは項目別に詳しくみていきましょう。

退職願に適切な封筒とは?

退職願を上司に手渡しする際には、必ず封筒にいれて渡すのがマナーです。その際、適切な封筒がわからずにどうしたらいいのか、悩む人もいるのではないでしょうか。

退職願は大事な書類です。上司に手渡した後にも、さらに上の役職の人に提出され、その後、人事部に封筒のまま行くことが想定されます。きちんとした書類として退職願を入れる封筒は、慎重に選ばないといけません。

退職願の提出時におすすめといわれているのは、一般的に白い封筒です。茶封筒は事務用としてよく使いますが、正式な書類を入れる際には白い封筒にしましょう。他の色付きや柄入りを選ぶは絶対に避けてください。

封筒は白い無地の封筒で、他に何も印刷されていないものを選び、きちんとした感じを出すことが大切です。最近では多くの封筒に郵便番号の枠が付いていますが、付いていないものを選ぶようにしましょう。

封筒の大きさ選びについて説明するまえに、退職願の書類についても簡単に説明します。

退職願を書く便箋は、B5あるいはA4の用紙を選んでください。縦書きで書き、白紙または縦罫線の便箋にします。そして、封筒にはそれを三つ折りにして入れます。

封筒の大きさは、B5用紙の場合は長形4号の封筒。A4用紙の場合は長形3号と呼ばれる大きさの封筒に入れるのがよいでしょう。

会社によって届け出のための用紙一式がそろっている場合もありますので、その場合は、会社の規則に則しましょう。

また、中身が透けない裏が付いたしっかりした白封筒がおすすめです。

表に「退職願」とだけハッキリわかるように書き、宛先などは書かずに直属の上司や人事へ封筒ごと提出します。また、「退職願」の裏面には、自分の所属先の正式名称と自分のフルネームを書きます。

郵送の場合の適切な封筒とは?

通常、退職願は手渡しで直接渡しますが、事情によっては封筒で送ることも可能です。例えば病気やケガなどで退職をせざるえない人は、会社に行けない場合があります。その時は、退職願の封筒を直接提出せずに、送っても問題ありません。

ただ、その際には前もって直属の上司に退職の意志を口頭で伝えて、まず承認を得ましょう。その後で、退職願を郵送で提出する相談をしてください。

そして、郵送時には、「退職願」や「退職届」と書いた封筒をそのまま入れて送るようにしましょう。さらに一回り大きな封筒を準備し、中に入れた封筒が曲がらないように配慮しましょう。

B5の紙に書いた場合は、長形4号の封筒に入れ、外封筒は長形3号の大きさのものを準備するのがおすすめです。また、A4の紙に書いた際は長形3号の封筒に入れて、角型5号の大きさの外封筒で送ります。

郵送の場合は、退職願・退職届を入れる封筒と一回り大きな、大きさの違う2つをそろえる必要があると言えます。

複業するなら 複業クラウド