ワーク

【退職願】書き方テンプレート&例文|書く時に注意すべきポイント!

複業するなら 複業クラウド

退職願を上手に書いて円満で退職したい!

退職を決めた場合は、「退職をスムーズに進めたい」「退職願をどう出そう」と悩む人も多いでしょう。退職願の書き方にも慎重になってしまいます。

ここでは、退職願の書き方について詳しく紹介します。この記事を参考にして、円満退社ができるように退職願いを書きましょう。

退職願・退職届・辞表の意味とは?

そもそも退職にもさまざまな種類の退職があるのを知っていますか。退職の種類としては、「自己都合退職」や「会社都合退職」、企業の経営不振、業績悪化によって募られる「希望退職」、事業主から勧められる「退職勧奨」などがあります。

退職する際には、退職願や退職届、辞表などを出しますが、これらには違いがあり書き方も異なります。その違いと書き方について詳しく紹介します。「退職願」「退職届」「辞表」の意味と内容を見ながら、それぞれの書き方、出す決まりについても知りましょう。

1.退職願

「退職願」は、会社に退職を「願い出る」ために書くものです。自分が会社を辞めることを決めて、初めて会社にそれを伺い出る、お願いするために出す書類です。

「退職願」を出したとしても引き留められれば、受理されないことや保留にされるケースがあります。

また、退職願は自分が所属する部署の直属の上司、課長や部長などに出します。ただし、直属の上司に口頭で伝えれば、退職願は必ずしも出さなくても良いものです。

ただし、上司に退職願を提出することで口頭とは違い形に残るために、自分の意志が固いことをわかってもらえ退職がスムーズにいくことが多いでしょう。

2.退職届

退職届は、退職の確定後に「手続きのために届け出る」書類です。退職について上司の承認が得られたら、次に「退職届」を出すという手順になります。その際、会社独自の規定書面がある場合はそれをもらって書くようにしましょう。

退職届の提出は、会社によって上司に出す場合と人事部宛てに出す場合がありますので、まず上司に確認してください。

3.辞表

「辞職願(辞表)」は、役員や公務員が職を辞める時、雇用関係のない立場の人が職ではなく役を辞めることを書く書類です。

よく「辞表を出す」などと言うこともありますが、会社員の場合には「退職願」「退職届」になります。

退職願を書き始める前に

退職願を書き始めるときに、書き方の前に準備しておくことがいろいろありますので紹介します。円満に退職するためには、書き方だけでなく次の3つのことを準備しておくのがおすすめです。

急に退職を決めて勝手に退職することはできませんので、事前に会社の規約を調べたり、退社するのにタイミングのいい時期を考えておいたりすることが大切となります。

また、事前に用意しておくべきものもありますので、そのあたりをみていきましょう。

複業するなら 複業クラウド