ワーク

最終面接の逆質問とは?転職&就活で人事が注目する逆質問をこっそり解説

複業するなら 複業クラウド

就職活動や転職活動をする際に、面接の終盤で企業の面接担当者から「何か質問はありませんか?」と聞かれることがよくあります。

この逆質問では、自分のことをアピールできる最後のチャンスです。好印象を与えることができる最終面接の逆質問の意図と、何に注目すべきかを紹介します。

ポイントをしっかり押さえて最終面接を有利に進めましょう。

最終面接で求められる逆質問って何…?

最終面接時に企業が「何か質問はありますか?」と聞く意図はなんでしょうか。

一般的にはこの質問を最後に求めることで、「学生の質問力を見たい」「会社にどれだけ興味や関心があるのかを見たい」などの意図があります。

質問力は「なんで?」と思えるような好奇心や発想力などの総合的な要素によって成り立っており、ビジネスの場ではこの好奇心や発想力見ていくことが必要です。

面接は相互評価の場になりますので、この質問をすることで「この人はどれだけ興味や関心があるのか」と確認することもできます。

極端な話をすると、何も質問が無い人よりもこの質問でいくつか企業に質問をしてくる学生の方が企業にとっては魅力的な人材に感じるでしょう。

もちろん、企業によっては何も考えずにちゃんと自分の説明が理解できたかどうかを確認するためにこの質問をすることもありますが、基本的にはこのタイミングで何か質問を企業にする方が良いと言えます。

逆質問1つで採用・不採用が分かれることも!

最終面接の自分が企業に対して質問をする1つの質問で採用・不採用が分かれることもあります。

企業からしても誰を採用しようか学歴や面接だけの内容だけでは判断できない場合、この質問の内容で採用を決めることもあるでしょう。

先ほども紹介した通り、「特にありません」と回答した人と何か質問をした人では大きく差が出てくるため、最終面接の逆質問は意外と大切なポイントです。

逆質問で注目されるポイントとは?

逆質問ではただ質問をすれば良いというわけではなく注目すべきポイントがいくつかあるため、そのポイントを押さえた質問をすることが大切です。

ここでは逆質問で注目されるポイントについて紹介します。

1.仮説思考ができるか

逆質問をする場合は単に質問をするのではなく、自分で仮説を立ててそれを検証したり、仮説に対しての改善策を提示したりなど、自分なりに「もしも〇〇の場合はどうなりますか?」と、仮説思考で質問をすることが大切です。

2.情報収集ができているか

逆質問では面接をする会社の情報収集をしっかりできているかが注目されます。

例えば、会社に対しての質問をする場合は表面的な誰でも調べればわかるであろう質問をするのではなく、会社についてしっかりとした情報収集をしていなければそのような質問ができないような質問だと効果的です。

仕事について前向きに詳しく知りたいという姿勢がわかるような逆質問ができると、功を奏した質問となるでしょう。

3.客観的な思考ができるか

逆質問では客観的な思考ができているかどうかも重要なポイントです。

面接官は自分を客観的に自己分析できているかどうかを見ていますので、質問内容によってはどの程度客観的に物事を判断できているかの指針となるでしょう。

今からできる!逆質問の準備

面接に挑む前には、逆質問の準備をしておくとよいでしょう。

もちろん、面接中にでてきた中での質問をすることも大切ですが、面接中は企業の面接担当者の話を集中して聞いたり、面接に緊張して上手く言葉が出てこなかったりすることが多々あります。

そのため、できるだけ面接の前に事前に逆質問をされることを想定して質問内容を考えておくことが大切です。

1.企業のことを徹底的に分析しよう

逆質問の準備をする際は事前に自分が面接をする企業のことを徹底的に分析しておくことが大切です。

企業のことを分析する場合は企業との競合他社との比較研究が良いでしょう。

例えば、自分なりに企業を分析して他の競合他社と違う点やどういう意図でこの仕組みを採用しているのかなど、より深掘りしたところまで考えられるようになれれば、自然と企業に対して尋ねたいことも見つかるはずです。

内容を深掘りすればするほど「この人はここまで調べてきているのか」と良い印象を与えることができます。

2.競合他社も調べよう

逆質問をする場合は競合他社について知れべておくのが良いでしょう。

例えば、御社の競合優位性はなんですか?」と聞くだけでも相手に良い印象を与えることができますし、競合他社を分析すればなぜ自分が競合他社ではなく企業を選んだのかが明確になります。

3.自分の考え・仮説を立てよう

逆質問の対策として、自分の考えや仮説を交えて質問するのが良いでしょう。

自分はこう考えているけれど、御社はどう考えていますか?など自分の考えをまとめながら企業に質問をすることで相手に良い印象を与えることができます。

人事が採用したくなる逆質問例ベスト5

企業の人事や面接担当者が採用したくなる逆質問の例をいくつか紹介します。

逆質問で企業に何を質問すれば良いか分からない人はこれから紹介する逆質問の例を参考にしてみてください。

1.仮説を交えた質問

逆質問では、自分がもしも採用された時の仮説を立てて、「自分が御社で働くことになった場合、これはどうなるのか?」という点に注目してあなたが実際に働くことを人事や面接担当者にイメージしてもらうことができます。

たとえば、「この面接で私の〇〇の経験や知識についてご紹介させていただきました。今まで経験したことはもしも御社に採用をいただいた場合はどのような形で業務に活用できるとお考えでしょうか?」

「私は〇〇部門に応募させていただきましたが、もしも御社に採用をいただける場合は最初はどのような業務をさせていただけるのでしょうか?」など仮説を交えた質問をしてみましょう!

2.競合と比較した場合の質問

逆質問時に競合他社と比較した場合についての質問をすることも良いでしょう。

「競合他社のなかでも御社は〇〇業界への営業力が強みであるという印象を受けましたが、実際に働いている方たちはどのような強みがあるとお考えでしょうか?」などの競合他社と比較した場合の質問は効果的です。

ですが、この質問は面接を受ける企業のことはもちろん、競合他社についての情報収集が必要となりますの、しっかり事前に情報収集することが大切です。

3.社内環境についての質問

逆質問時には社内の環境についての質問をすることも良いでしょう。

例えば、「もしも御社に採用していただけた場合は、実績を上げてマネジャーとして新規事業に携わりたいと考えておりますが、新規事業の立ち上げを任せて頂ける環境はございますでしょうか?」など、自分で情報収集しただけでは分からないような社内環境についての質問をすることもポイントです。

また、「女性の働き方や近年増加している在宅ワークやテレワークについて、今後はどのような取り組みをお考えでしょうか?」と質問しても良いでしょう。

4.自社の魅力について

自社の魅力について質問をすることもポイントです。

例えば、「御社は自社の魅力についてどうお考えでしょうか?」と質問をすることで、企業は自社の魅力について回答してくれます。

これにより、「私もその魅力を感じて御社に応募させていただきました」と別の志望動機を作るきっかけができるというメリットもあります。

5.面接を通して気になったこと

逆質問では、実際に面接を通して気になったことを質問することもポイントです。

面接時では単に自分が質問を受けるだけではなく、企業側も自社の概要が仕事内容などについて説明してくれます。

この時点で何か質問があれば、その内容について質問をすることで、「この人はしっかり話を聞いていた」という良い印象を与えることができるようになります。

これは避けたい!NG逆質問!

面接における逆質問で避けるべき質問について紹介します。

逆質問では「特にありません」と答えるのが良くないことだと知り、とりあえず何か質問を考えてみたものの、逆効果になる質問もあります。

ここでは、かえってマイナスの印象を与えてしまう可能性があるNGな逆質問を紹介します。

1.福利厚生について

逆質問で会社の福利厚生について質問することは絶対にNGというわけではありませんが、会社の給与や休暇、福利厚生などの質問は仕事への関心が薄く、興味がないと判断されてしまう可能性もあるため、避けたほうがよいとされています。

福利厚生については求人情報に記載があることも多く、福利厚生について質問をするということは「この人しっかり求人情報を見ていないのでは?」というマイナスな印象を与えかねません。

それらの理由から、福利厚生についての質問は避けたほうが良いでしょう。

2.クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンは「入社後にキャリアアップは可能でしょうか?」「育休はありますか?」など質問に対して〇×、はい、いいえだけで返答できる質問のことを言います。

逆質問ではこのようなクローズドクエスチョンではなく、相手が自発的に回答できるオープンクエスチョンの質問をするようにしましょう。

例えば、キャリアアップについて質問したいのならば、「入社後のキャリアアップについて教えてください」などの質問がおすすめです。

3.調べればわかるような質問

調べればわかるような単純で表面的な質問も逆質問ではなるべく避けた方がよいでしょう。

調べればわかるような質問をすると「この人しっかり調べてない」と判断されることがあり、マイナスの印象を与えてしまう恐れがあるからです。

逆質問力を上げる方法とは…?

逆質問力を上げる方法についていくつか紹介します。

1.比較・検討能力をつける

逆質問力を上げる方法は、比較や検討能力をつけることが大切です。

比較や検討するものは何でもかまいませんが、他社との比較や自分がもしも会社に採用が決まった場合の仮説を立てながら比較や検討をして、その上で質問をすることがポイントとなります。

2.多角的な視点を意識する

多角的な視点を意識することも、逆質問力を上げるポイントです。多角的な視点を意識することで、視野が広がり、質問したい内容の幅も広がるでしょう。

ビジネスをする上でも多角的な視点は重要なため、多方面からの見方をすることを意識するだけでも、逆質問を有利に進めることができます。

3.ディスカッションを日常的にする

ディスカッションとは、討論や議論のことを指し、自分と複数の人たちの自分の意見を出しながら最適な答えを導き出す方法です。

日常的にディスカッションをすることで、相手の立場に立った上での質問内容を考えたり、スムーズに物事を運んだりできるため、結果的に最終面接の逆質問でも有利となるでしょう。

逆質問力を上げるコツは現場経験にあり!

逆質問力を上げるコツは現場経験を積むことが大切です。

人生でそんなに何回も面接をする機会もありませんし、どこで現場経験をすれば良いかわからないという人も多いでしょう。ましてや、採用も決まっていないのにどうやって現場経験をするんだ!と思う人もいるのではないでしょうか。

しかしながら実際に逆質問力を上げるには現場経験が一番重要です。

現場経験をこなすなら副業・複業がおすすめ

現場経験をこなすなら実際に副業・複業をすることをおすすめします。

副業・複業であればすぐに現場経験を積むことができるため、逆質問力をどのようにするとよいのか経験をつむことができるでしょう。

副業・複業には面接がないのに大丈夫?と思われるかもしれませんが、面接なしで気軽に業界や職種の経験を積むことができ現場を知ることができます。

現場を知らないよりも、簡単にでも知っておくだけで逆質問がしやすくなるでしょう。また、その業界の経験として話すこともできるので、採用の確率が他の人よりも高くなります。

副業・複業は同時にお金を稼ぐこともできますので、結果的に自分にとってさまざまなメリットが生まれることでしょう。

転職の強みになる副業・複業

逆質問力を高めるだけでなく転職をする際の強みとなる副業・複業をいくつか紹介します。

これから紹介する業界や職種に就こうと考えている人は実際に副業・複業を通して経験を積むことができますので、ご覧ください。

1.営業・セールス

営業・セールスの副業・複業は転職時にも活かすことができます。

営業やセールスといった仕事は経験がものを言う仕事でもあり、実際に副業・複業を通して副業やセールスの仕事を経験することで、転職時に他の人よりも有利に進められるメリットがあるでしょう。

副業では営業やセールスの経験を積むことだけではく、クライアントと顧客とのコミュニケーションを取るため、コミュニケーション能力をつきます。

2.経理・財務関係

経理・財務関係の副業・複業は転職時にも活かすことができます。

経理や財務の仕事をした経験があれば、転職も有利に進めることができますし、副業を通して実践経験を積みながら活かせる資格やスキルを取得することもできるでしょう。

3.人事

人事の副業・複業は転職時にも活かすことができます。

人事の副業をすることで、実際に人事としての経験を積むことができるのはもちろんですが、人事として働くことで人事担当者の気持ちが理解できるようになるでしょう。

人事にとってどのような内容の逆質問が効果的なのかを分析できるため、転職時、逆質問の質問の意図を組みとることができます。

今すぐ副業・複業を始めるなら複業クラウド

副業・複業を始めるなら複業クラウドがおすすめです。

他にも副業ができるところはありますが、複業クラウドであれば先ほど紹介した転職の強みになる副業・複業である「営業・セールス」「経理・財務関係」「人事」の仕事を実際に経験することができます。

他にも、「コンサルタント」「マーケター」「カスタマーサクセス」などのさまざまな副業を実際に体験することができ、どれも面接の逆質問に役に立つ仕事ばかりです。

複業クラウドでは実際に無料で登録し、自分のプロフィールや簡単な経歴などを記入するだけで、紹介した副業など自分が好きな案件や自分でもできそうな案件、少し気になる案件などどんな案件でも実際に受注することができます。

また、複業クラウドの案件のなかには正社員雇用ができる案件から、資格や経験、知識などがなくてもできる案件まで幅広く案件があるため、少しでも副業・複業が気になる人は一度登録してどんな案件があるのかを確認してみるとよいでしょう。

複業クラウドは無料で登録して、最短登録したその日に実際に案件を受注することができます。就職や転職の面接がすでに決まってる人でも、今すぐに登録して、実践的に活かせるように準備をしましょう。