ワーク

【職種別】最終面接・役員面接に役立つ質問リスト&転職面接テクニック

複業するなら 複業クラウド

一次面接や面接に通過した後は、いよいよ最終面接です!最終面接ではこれまでの面接とは少し異なる点もでてきます。

一時面接や二次面接に通過したからといって、最終面接の準備をしていなければ最後の最後で不採用になることもあるでしょう。

こちらの記事では、最終面接や役員面接に役に立つ質問内容や転職時の面接テクニックなどを紹介していきます。

それでは、確認していきましょう!

転職の面接…どんな準備をすればいい?

転職の面接時、どんな準備をすればいいかご存じでしょうか?

面接に必要な履歴書や職務経歴書の準備も大切ですが、面接の準備も大切です。

面接は30分~45分程度の時間の中で、自分のアピールを効果的に行わなければいけないため、事前に準備しておかなければ面接の緊張の影響で志望動機の部分で上手く話せなかったり、ふいな質問がきた場合に上手く回答できない事態に陥ったりすることも考えられます。

面接の準備では、家族や友人に面接官の役割をしてもらい、実際に面接で聞かれるであろう質問内容に対しての回答を模擬体験をしてみるのもおすすめです。また、企業に関する情報収集も必要です。

面接官でわかる!採用フェーズ

ここでは、面接官でわかる採用フィーズについて紹介します。

1.人事面接

採用面接をする時には、人事面接があります。面接は一度で終わりとは限りません。一時面接二次面接のように何度かに分かれて面接が開催されます。そのうちのどこかの段階で、人事面接があることが多いです。

人事面接では、基本的に面接に来た人が自社の社風に合うかどうかを判断されます。

例えば、肉体労働系の企業だとしましょう。面接にきた人が文科系の人であれば、人事は早期退職につながる恐れはないかどうかを判断します。

2.部長・担当者面接

部長・担当者面接は二次面接以降に行われることが多いです。

部長・担当者面接では基本的に実際に採用が決まった場合に所属する部署の担当者などが面接をします。

実際に現場で働いている部長や担当者が面接を行い、仕事内容の詳細を話してくれることが多く、そこでしっかりと理解ができていない場合は面接を通過することが難しくなるでしょう。

そのため、今までの面接よりも少し気合いを入れて面接に臨むことが大切です。

3.役員面接

役員面接は基本的に最終面接などに行うことが多いです。

役員面接では今までの面接内容とは異なり、面接者の中から実際に自社に合っている人材や個人の特徴が強い人を特に注目しています。

ここでも志望動機を聞かれることもありますが、一時面接などで伝えた志望動機にさらに深掘りした内容を伝えることが大切です。

社長・役員面接ってどんな雰囲気なの?

最終面接や社長・役員面接は他の一次面接や二次面接とは異なり、緊張感が高いと感じる人が多いです。

確かに、人事の人に比べると社長、役員の人は気難しい人が多いイメージを持つことも分かりますが、そこまで今までの面接と特別雰囲気が変わることはありません。

もちろん、社長・役員面接では、採用の決定権を持つ人が実際に面接を行うため、特に緊張してしまうこともありますが、それでは自分のアピールをすることが難しくなりますので、そこまで考えずに今まで通り面接に挑むことが大切です。

【定番】最終面接で聞かれやすい質問リスト7

最終面接で聞かれやすい質問をいくつか紹介します。

これから紹介する質問が必ず全て聞かれるというわけではありませんが、聞かれやすい質問に対しての回答をあらかじめ準備しておくことでスムーズに面接に挑むことができるでしょう。

1.他社ではなく弊社を志望する理由

他社ではなく弊社を志願する理由は特に聞かれる可能性が高く、いわゆる志望動機のことです。

志望動機は何であるのか、弊社を志願する理由をより突き詰めて、弊社でしか達成できないことなどを明確にしておくことが大切です。

そのためには、表面上の誰でもわかるような志望動機ではなく、業界や企業の研究をしっかりとして、入社意識をしっかり面接担当者に伝えることで、採用確率を高めることができます。

2.今後のキャリアプラン

どこの企業でも、採用後は自発的に活躍してくれる人材を求めています。特に向上心やチャレンジ精神のある人に注目されて、今後のキャリアプランが明確で、そのキャリアプランを達成するために日々に心掛けてることなどを明確にし、しっかりと伝えることができれば採用の可能性は高まるでしょう。

単純に〇〇をしたいです!と伝えるのではなく、「〇〇を経験してきたからこそ活かせる自分のスキルや経験を活かして、弊社の新たな価値を創造し、御社のさらなる発展に貢献したいと思います。そのためには、もしも御社に入社させていただけた場合は〇〇に携わっていきたいと考えております。」のように、より具体的に内容を詰めることが大切です。

3.弊社を知ったきっかけ

弊社を知ったきっかけを聞かれた時に、どんな理由で知ったとしても、正直に話すべきか迷ってしまうことも多いでしょう。

応募した企業を広告やCM、大学の講義など、どこで知ったかは基本的に正直に答えて問題ありません。

面接担当者が知りたいのはどこで知ったかということよりも、どんな点に着目しているのか、情報収集能力はあるのかなどを知りたいがためにこの質問をしている場合がほとんどです。

どんなきっかけでも、自分の熱意を伝えることができればどこでその企業を知ったのかは関係ないでしょう。

4.現在の課題とこれからの展望

現在の課題とこれからの展望も面接ではよく聞かれる質問の一つです。

現在の自分の課題をしっかりと自己分析し、その分析結果と今の自分の現状から今後どのような展望を望めるのか、改善できるのか、しっかりと自己分析できることをアピールすることが大切です。

5.どんな社会にしていきたいか

もしも採用が決まった場合はどんな社会にしていきたいかをしっかりと明確にしておくことで、面接担当者からしてもその人を採用した際の将来的なビジョンを把握することができます。

ポイントとしては、自分だけではなく社会や会社全体として自分がどんな社会人になりたいかという点がポイントと言えるでしょう。

自分は入社後にどうなりたいのか、何をして将来的にどうなりたいのかを明確にするために必ず自己分析をしておくことをおすすめします。

単純に、「入社した際には御社のさらなる発展に向けて努力していきます」と回答したとしても何を努力するのかが明確になっていないため、アピール不足です。

6.自分の長所

自分の長所も面接ではよく聞かれる定番の質問の一つです。

自分の長所を回答する際は、長所の点ばかりに注目してしまいがちですが、長所がなければ自分の今までの実績でも問題ありません。

ついつい考えてしまう人も多いですが、長所の内容だけで採用か不採用かが決まるというわけでもありませんので、気楽に考えて自分の長所を伝えるようにしましょう。

7.具体的にどのようなことをしたいか

もしもあなたが面接をしている会社に入社した場合は、具体的にどのようなことをしたいのかということは企業の採用担当者にとっても大切なことです。

ただ内定をもらうことだけではなく、その先を見据えたビジョンを明確にしておくことで、企業担当者もその人を採用した後のことを見据えることができるため、採用に繋がる可能性が高くなります。

【変化球】最終面接で聞かれる意外な質問リスト5

続いて、最終面接で聞かれる意外な質問を紹介します。

これらはよく聞かれる質問ですので、事前に対策しておきましょう!

1.普段行っている習慣

面接の質問では、どんな習慣があるかなども聞かれることがよくあります。基本的にこの質問では、あなたが実際に普段からよくしている習慣をありのままに伝えることが大切です。

面接担当者に良い印象を与えたいがために、良くも悪くも自分が一度もしたことがない習慣を話してしまうと、万が一面接担当者に深掘りされたときにぼろが出てしまい、結果的にマイナスな印象を与えてしまうことも考えられます。

2.自分を客観的に見てどう思うか

自分を客観的に見たときにどのように思いますか?という質問をされることがあります。この質問では、自分のことを客観的に捉えられているかどうかがポイントです。

自分が思っている印象と他人が自分に思っている印象が異なることが多く、異なる場合は必ず理由を付けて伝えることが大切となりますので、自分を客観的に捉えることが難しい場合は、親しい友人に自分の印象を聞いてそれを自分の言葉で面接担当者に伝えると良いでしょう。

3.自分の趣味と考え方

自分の趣味と考え方についての質問もよくあります。

趣味の内容は何でもよいですが、自分の趣味についてどのように考えているかはしっかり面接カニ伝えることが大事です。

4.コミュニケーション能力があるか

コミュニケーションは会社に勤めるなら大切な能力の一つです。

具体的な経験をあげて、コミュニケーション能力について面接担当官に伝えることができるようにしておきましょう。

例えば、「学校の部活で部長を務めていた経験があり、後輩は自分たちが先輩ということもあり、なかなか話せずにいることを感じて、積極的に自分から後輩にコミュニケーションを取るようにしていました。」などのように、エピソードを踏まえて伝えることを意識してください。

5.他のもので自分を例えるなら

質問のなかには、「あなたを他のものに例えると、なんだと思いますか?」という類のものがあり、その質問の意図するところは何なのかと戸惑う人も少なくないでしょう。

ここでは自分が自己分析ができているのか、瞬発力と発想力、対応力を見ている意図があり、特にこのような質問は個性が出やすい質問の一つです。そのため、あらかじめ自己分析しておくことで、この突発的な質問でも上手く自分をアピールをすることが可能です。

【営業職】最終面接でチェックされることとは

続いて、営業職での最終面接でチェックされる主なもののうちから5つピックアップしまとめてみました。

1.前職での営業成績

営業職では前職の営業実績を聞かれます。

営業職で勤めていた経験がある場合は、面接担当者に明確に伝わるよう営業実績を伝えることが大切です。

現在学生の人や営業職の経験がない人でも、副業などで営業職の経験をしておくことで、「特にないです」と答えることなく、自分の実績を伝えることができます。

2.どんな商材を売っていたか

営業職をしていたことがある人はどんな商材を実際に売っていたのかが聞かれます。

営業の仕事は会社ごとに顧客に売る商品やサービスが異なるため、実際にどんな商材を扱っていてどんな年代を中心に営業していたのかを話しましょう!

この時に、同時に自分が心掛けていたことなどを話すとより印象をよくすることもできます。

3.人の目を見て話せるか

営業職は顧客相手に商品やサービスを売るため、しっかりと顧客の目を見て話せるかどうかも一つのポイントになります。

今まで営業の経験がある人はそれなりに経験やスキルがあり、人の目を見て話すことにも慣れていることも多いですが、実際に営業職を経験したことがない人や、普段からあまり人と話す環境がない場合、人の目を見て話すことに緊張してしまう人もいますよね?

面接では、人の目を見て話ができるかをチェックされます。苦手の人も人の目を見て話す練習や、実際に営業の副業で経験値を上げておくことがおすすめです。

4.やり抜く力があるかどうか

実際に営業職をする場合は、顧客に商品やサービスを断られることも多く、肉体的にも精神的にもつらい仕事です。

この仕事をしっかりと最後までやりきるためにはやる気やモチベーションも重要になってきます。

やりぬく力がありますかと質問された場合、万が一自分に自信がなくてもはハキハキと受け答えをすることで、自分をアピールすることができるため、面接時には意識してみてください。

【マーケティング職】最終面接で聞かれる質問リスト

続いて、マーケティング職での最終面接で聞かれる質問についてご紹介していきます。

1.分析は得意か

マーケティング職において、分析は必要不可欠です。

マーケティング職に就いたことがある人であれば、「今更こんなこと聞くなよ」と思う人もいるかもしれませんが、当たり前のことを当たり前にできる人材は企業にとっても必要な存在となります。

得意かと質問された場合、「はい!得意です!」とだけ答えるのではなく、なぜ得意と感じているのかをしっかり理由付けして伝えるようにしましょう!

2.どの段階のマーケティングが得意か

マーケティングにはいくつかの段階があり、一般的には「認知・注意」「興味・関心」「欲求」「記憶」「行動」の5つのプロセスがあり、自分が得意とする段階やその理由について、面接担当者に伝えましょう。

そもそもマーケティングにおける段階が分からない場合はマーケティング職に就職することは難しい場合もありますので、副業のマーケティングなどを経験して経験談を元に得意分野を伝えることも良いでしょう。

3.使いこなせるツールは

マーケティングツールには大きく分けて「MA」「SFA」「CRM」「ABM」などのツールがあります。

それぞれには異なる特徴があり、全てのツールを使いこなすことができれば問題ありませんが、自分の使いこなせるツールについて伝えましょう。

事前にマーケティングツールの「MA」「SFA」「CRM」「ABM」などのツールについて知りたいようであれば、無料で試せるツールなどもありますので、面接前に自分で少し利用してみることもおすすめです。

4.CMO志望かどうか

CMOとは、最高マーケティング責任者を指します。

マーケティング職に就く人の多くはCMOになることを目指しますが、実際にCMOになれる人はごく一部です。

企業側にしてもCMOの人材はとても重要となりますので、自分がCMOを志願しており、SMOになる為のプロセスまで説明できれば、大きく採用の可能性が高まります。

【人事職】最終面接で聞かれる質問リスト

続いて、人事職での最終面接で聞かれる質問について紹介していきます。

1.どんな業種の採用をしてきたか

人事職では実際にどんな業種の採用を担当してきたのかを聞かれることが多いため、どんな業種でも特に問題ありません。しかし採用する上で注意していたことや自分が意識していたことを採用担当者に伝えることが大切です。

くれぐれも、「〇〇です!」などと端的に答えるのだけは避けましょう。

また、今まで採用していきた業種と異なる業種の会社を希望している場合はその経験のどんなところを活かせるかまで伝えることができればベストな回答と言えるでしょう。

2.なぜ他業種を志望しなかったのか

人事職ではなぜ他の業種を志願しなかったのかを聞けれることも多いです。

確かに、企業側からすると、人事であれば他の業種でもあるし、なぜ自社なのかという点が気になることでしょう。

なぜ他の業種を選らばなったのかという理由プラス、自社でしかできない仕事や自社でしか叶えられない目標などを伝えると、自分の印象をよりアップさせることも可能です。

3.どんな人がカルチャーフィットしているか

カルチャーフィットとは、簡単に説明すると、「どんな人が企業の雰囲気や働き方、社風に合っているか」ということです。

カルチャーフィットしている人を的確に見抜く力も人事職にとっては必要なスキルとなりますので、面接を受ける企業を自分なりに分析した上でどんな人がカルチャーフィットしているのかを事前に自分のなかで情報収集しておくことをおすすめします。

4.前社の社風

転職する場合などは前社の雰囲気や社風を聞かれることもあります。

転職を希望する人の中には前社の社風が合わなかったから転職を希望する人も多いです。

もちろん、それが特別悪いことではありませんが、前社のことを批判や下げるようなこっとを伝えることは面接においてあまり良いとは言えませんので、前社のことを下げるようない方は避けるようにしましょう!

【エンジニア】最終面接で聞かれる質問リスト

続いて、エンジニアでの最終面接で聞かれる質問についてご紹介していきます。

1.どんな言語を使えるか

システムを構築する際は「Python」「JavaScript」「C/C++」「Java」などさまざまな言語があります。

主に自分が使える言語をそのまま伝えれば良いですが、その企業で使う言語などの知識や景観ながない場合はあらかじめ自分で勉強してスキルや経験を積んでおくことが良いでしょう。

2.スペシャリスト型orゼネラリスト型?

スペシャリスト型orゼネラリスト型にはそれぞれ特徴があります。

簡単に説明しますと、スペシャリスト型は一つのジャンルの専門性を高めていき、ゼネラリスト型は幅広い業務への対応力が必要です。

企業に勤めるエンジニアは基本的に前者のスペシャリスト型が所属していることが多いですが、自分がスペシャリスト型orゼネラリスト型どちらを望んでいるのか、また、現状自分はスペシャリスト型orゼネラリスト型のどちらに分類されるのかを自己分析しておくことと良いでしょう。

3.どのような開発体制を希望するか

エンジニアとして修飾する場合はどのような開発体制を希望するのかも重要なポイントとなります。

個人で集中してシステム開発するのか、数名のグループでシステム開発をするのか、あくまでも希望となりますので、自分が開発に携わる際に希望する開発体制をそのまま面接担当者に伝えましょう。

4.何人体制で今までやっていたか

今までエンジニアとしての職歴がある人は何人体制で開発を行ってきたのかを聞かれることもあります。

一人で開発をしてきた人は特に問題ありませんが、数人のグループで開発をしてきた場合は自分はどんなことを中心に作業してきたのかを面接担当者に伝えましょう。

今すぐ使える!転職に役立つ面接テクニック

今すぐ実践できる転職に役立つ面接テクニックをいくつか紹介します。

転職に役立つ面接テクニックを今の内に習得して、これからくる面接に挑みましょう。

1.姿勢や所作を意識しよう

面接では面接時の姿勢や所作も重要なポイントです。

面接は受付から始まり自宅に帰るまでが面接だと思い、面接時間の「5分前には到着する」「ドアをノックし「どうぞ」と言われたら入室する」などを意識しましょう。

他にも、入室したらドアは静かに閉めて、待つ間は下座の席の横で立って待つことがマナーとされています。

この時点ですでに面接はスタートしていますので、周りをキョロキョロ見たり、そわそわせずに堂々とした立ち振る舞いを意識しましょう。

面接を受ける際は背もたれがある椅子が用意されていることがほとんどですが、背もたれは使わないようにしましょう!

特に集団面接の場合など、他の人が質問に答えている時は少し気を抜いてしまいがちですが、他の人が質問に答えていたとしても、あなたの姿勢や所作は誰かが必ず見ていますので、緊張感を常にもつことを忘れないようにしてください。

2.正しい言葉遣いをしよう

面接時には正しい言葉遣いで話すことが重要です。

自分のことを「私」と言ったり、「です・ます」の丁寧語で話したり、面接を受ける企業のことは「御社」と言うなど、基本的なルールがあります。しかし、面接の場ではついつい自分が日常的に発している言葉がでてしマイがちなので、気を付けるようにしましょう。

正しい丁寧語は社会人のマナーでもありますので、苦手な人は正しい言葉遣いに慣れておく必要があります。

3.不安な場合は模擬面接で練習しよう

面接はどうしても緊張してしまいますよね?自分だけが緊張するわけではなく、面接を受ける人のほとんどの人が緊張しています。

多少の緊張感を持つことも大切ですが、緊張しすぎてしまうと思うように自分の言葉が出てこなかったりする場合もあり、自分を上手くアピールできないということになりかねません。

面接担当者の人もあなたが緊張してしまうことは理解してくれますが、少しでも不安があるようであれば友人や家族などに協力してもらい、模擬面接で何度も練習して自分に自信を付けることをしましょう。

模擬面接をする場合は全て同じ人ではなく、数人にお願いして模擬面接をすることをおすすめします。

複数人と模擬面接をすることで、今まで気が付かなかったあなたの良くない点を見つけることができるでしょう。最終面接前までに模擬面接で指摘された欠点をカバーするようにしてください。

4.目を見てしっかり話そう

面接時には相手の目を見てしっかり話すことが大切です。

社会人としてのマナーとされますが、相手の目を見て話すことが苦手な人もいます。

何度も模擬面接をすることで自然と相手の目を見て話すことができるようになりますので、面接前に模擬面接をするのは欠かすことができません。

普段から相手の目を見て話すことが苦手な人は、いきなり相手の目を見て話すことは難しいため、何度も模擬面接をこなすことが大切です。

家族や友人であれば常日頃から話をする機会も多いと思いますので、相手の目をみてしっかり話す練習をするにはもってこいの相手と言えるでしょう。

副業・複業なら何度も面接を受けずに働ける

副業・複業であれば、何度も面接を受ける必要がありませんし、何度も履歴書や職務経歴書などを作成する必要がありません。

今から転職しようとしているのに副業?と思う人もいるかも知れませんが、実際に副業で会社員よりも多くの報酬を得ている人もいます。また、副業・複業なら今すぐにでも働くことができるでしょう。

就職活動や転職活動は先が見えずに、1社だけで採用が決まるということもなく、場合によっては半年以上転職活動を続けている人も多いのが現状です。

何度も面接を受けることは、面接のスキルや経験を積むことはできますが、何度も何度も履歴書と職務経歴書の作成や面接をすると、どうしても頭が痛くなってしまいますよね。

副業・複業であればそんな悩みを抱えることなく、今すぐに働くことができます。

先ほどもお伝えしたように副業・複業の経験が転職に活かせることもできますので、副業・複業で実際に働いてみることもおすすめです。

実際に転職した場合は、「自分に合わなくて辞めたい」と思う人も多いですが、副業・複業で自分が希望する職種の経験を積むことで、仕事内容や業界についての知識を得ることで、自分に本当に合った仕事を見つけることもできるでしょう。

副業・複業から転職につながることも…!

副業・複業から転職につながることがあるのをご存じでしょうか?

実際に副業・複業でさまざまな経験をすることで、その経験を活かして転職活動を有利に進めることができますが、それ以外にも副業・複業がきっかけて自分のスキルなどを案件を依頼する企業に認められてそのまま正社員として採用!なんてともあります。

もしも副業・複業で転職をすることができれば、面接などをする必要もなく、転職が成功しますので、副業・複業を始めてみるメリットは大きいと言えるでしょう。

たかが副業と思っている人も多いですが、副業にはお金を稼げるだけではなく、自分の知らない職種を知れる、自分に本当に合う職種を把握できる、今まで経験したことがない職種を副業を通して経験することで、転職時も有利に進めることができるなどのたくさんのメリットがありますので、ぜひ始めてみてください。

今すぐ副業・複業を始めるなら複業クラウド

副業・複業に興味があり、実際に始めてみたいけれどどこからどのような方法で副業・複業を始めればと良いか分からない人もいらっしゃるでしょう。

少しでも副業・複業に興味があるようであれば、複業クラウドで副業・複業を始めてみるのがおすすめです。

複業クラウドは企業と仕事をしたい人を繋ぐマッチングプラットフォームサイトの一つで、複業クラウドであれば営業、マーケティング、人事、エンジニアなどの案件を実際に受けることができ、登録しておけばいつでも自分の好きな時に案件に応募して仕事を進めることができます。

自分の将来の可能性を広げるためにも、今から副業・複業をしておくことはとても重要ですので、始めてみてはいかがでしょうか。

複業クラウドは登録料も無料で、利用料金なども一切かかりませんので、登録しておいて損はありません。複業クラウドから実際に正社員として採用され、働いている人もいます。

複業クラウドでは紹介した仕事内容以外にも、様々な職種の案件がありますので、試しに一度登録して、どんな案件があるのかを自分の目で確認してみてください。

もしかすると、複業クラウドをきっかけに自分に最適な仕事が見つかるかもしれません。

まずは行動することが大切ですので、複業クラウドに早速登録してみましょう!