ワーク

人間が嫌いと感じる人が向く仕事とは?特徴&原因からわかる仕事のススメ

人間が苦手・嫌いでも仕事はできますか…?

人間と関わるのが苦手、人付き合いが嫌いという人がいます。特にコロナ禍で人間と関わるのが怖いという人も増えているのではないでしょうか。そんな人でも、できる仕事があるのかが気になりませんか。

仕事をする上では、何らかの形で人間と関わらなければならない仕事が多いのは確かです。営業などは特に、知らない所を訪問したり、新しい顧客を開拓したりする必要があります。人間嫌いではなかなか務まらない仕事と言えるでしょう。

内勤の事務などでも、来客対応や取引企業などとの関係を築く必要があります。人間が苦手・嫌いというのでは意外と仕事ができないことが多くなります。

人間と関わりすぎない仕事の特徴

人間嫌いでもできる仕事はあります。人間嫌いで人間とあまり関わらないで済む仕事は、仕事が自分だけで完結したり、外に出ることがなく、その部署内だけで仕事が完結したりする仕事です。

規模が小さな仕事や役割分担がはっきりしていて、それだけをやっていればいいという仕事も人間との関わりが少なくて済むでしょう。

ここでは、そのような人間嫌いでもできる仕事について詳しくみていきます。

1.フロー・仕事がそれだけで完結する

人間と関わるのが嫌いという人は、フローや仕事が自分の所で完結する仕事がおすすめです。他との関わりが少なく、人と打ち合わせや交渉したり、他の人にお願いして対応したりすることが少なく気が楽でしょう。

自分で考え、一人もしくは少人数で仕事を黙々と行えばいい仕事などは、人間が嫌いでも向いている仕事です。

2.外に出歩くことがない

外出の必要がない仕事も人間嫌いに向いています。営業などの出歩く仕事は、人との関わりが多いです。飛び込み営業やルートセールスなどは、人間嫌いにとってはとても苦痛でしょう。

人間が嫌いという人は人間が怖いという人も多く、外に出歩いて人に会わなくて済む仕事は気が楽でいいでしょう。

3.予算がそこまで多くない

人間嫌いな人は、規模が小さな仕事、予算がそこまで多くない仕事をするのもおすすめです。規模が小さく予算が少ない仕事は、少人数でできることが多いからでしょう。

小さな目標、自分の目標をクリアすればいいような仕事は、人間嫌いでも向いています。

4.役割分担がはっきりしている

人間嫌いの場合には、役割分担がはっきりしている仕事もやりやすいでしょう。理由は、自分が担当している仕事だけをこなせばよいからです。

自分の役割だけを行っていれば、他の人間に何も言われずに済みますので、人間嫌いなことが問題にならないでしょう。