ワーク

「人と関わりたくない…」他人と接したくない人が向いている副業7選

あまり人と関わらず仕事をしたい…

最近では「人と関わりたくない」という心理状態の人が、結構いるのではないでしょうか。そうした人は、仕事もあまり人と関わらずにできたらうれしいと感じます。

そんな「人と関わりたくない」人は、実際にはどのような人に多いのかについても知ってみませんか。

「人と関わりたくない」人の心理状態を分析すると、「人と関わるのが面倒」「自分にコンプレックスがある」「一人でいる方が楽」「自分に自信がない」「人と関わるのが怖い」「人間関係を慎重に考えてしまう」「人と関わることでストレスになる」などとさまざまです。

こうした人の中には仕事がし辛くて悩んでいる人も多くいます。しかし、人嫌いでも、人と関わらない仕事を探すことで生活していくことができるでしょう。

人と関わらない仕事をするメリット

人嫌いの人が仕事するうえでは、人と関わりをが少ない仕事を探すことです。そのような仕事には一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

人と関わらなくてもいい仕事は、探せば意外とあります。そして下記のようなメリットとしてあると言えるでしょう。

1.自分で好きなようにスケジュールが組める

人と関わりたくない、接触したくない人は、人と関わるのが面倒で管理されたくないという気持ちが根底にあります。そのため、仕事のスケジュールをみんなと合わせて、一緒に仕事をするのが苦手です。

自分で好きなようにスケジュールが組めるならば、人が少ない時に仕事をすることができます。テレワークの仕事ならば、一人だけで自由な時間に仕事ができるので、人と関わりたくない人にはおすすめです。人と関わらない仕事のメリットの一つに、自分で時間を自由に決めて管理ができるがあるでしょう。

2.裁量権が多く自由度が高い

人に管理されたくなかったり、人が怖いあるいは自分に自信がない人は、自分の裁量で仕事ができる、自由度が高いフリーランスなどの仕事がおすすめです。これならば、気持ちも楽で人嫌いの人でも仕事がしやすいでしょう。

フリーランスの場合は、納期に間に合うように仕事を完了させるだけが多いので、その他の時間は自分の好きなように使うことができます。自分に裁量権が多くあるというのがメリットでしょう。

3.黙々と作業がしやすい

パソコンを使った作業が多いIT系やデザイナーや写真家、職人などクリエイターやアーティストなどは、パソコンの向かっている時間や自分だけの作業時間が長く黙々と仕事をすることが多い職業です。

工場での作業なども黙々と決まった仕事をすることが多く、人嫌いな人とあまり話をする必要がありません。

人と会話をせずに黙々と働ける職業の場合は、人嫌いで人と会話をしたくないがメリットとなるでしょう。

人と関わらない仕事(副業・複業)を探すポイント

ここで、人と関わらない仕事、副業・複業などを探すポイントについて詳しく紹介します。仕事探しの参考にしてください。

例えば、人と関わらない仕事は、やはり仕事自体が大きなプロジェクトなどでないことが大切です。小予算の仕事である方がプロジェクトメンバーも少なくて、人嫌いな人には向いています。

そうした人と関わらない仕事、副業・複業などを探す際のポイントを3つご紹介します。