ワーク

仕事のやる気が出ない原因は…?働くモチベーションの管理テクニック!

今まで高かったモチベーションが急に下がってしまった…

モチベーションという言葉は、その行動を継続させるために必要な心理的力を意味しており、どんな仕事であれこのモチベーションを維持していないと、仕事の継続は困難なものとなります。

しかし、そんなモチベーションの維持は意外と難しく、急にやる気が起きなくなってしまうことも珍しくはありません。

モチベーションには「やる気」の意味も含まれているため、モチベーションの低下は仕事に対してやる気を失っていることとなり、仕事をするうえで支障をもたらします。

例えば、精神的にやる気が出ていない状態で仕事と向き合っていたとします。そのような場合は、仕事を苦痛に感じてしまいその結果さらにモチベーションを下げてしまうでしょう。

モチベーションは急に下がることはよくあることですが、そこからモチベーションを上げていくのはなかなか大変なことのため、原因を突き止め改善することが大切です。

そこで今回は、下がってしまったモチベーションのあげ方について詳しく解説していきます。

仕事のやる気が出ない原因・きっかけとは?

やる気が出ない原因はいくつかあります。精神面や肉体面といったように原因を上げようとすれば、キリがありません。しかし、やる気が起きないというものは、その人にとって苦痛でありメンタル面において不調を招く恐れも出てきます。メンタル面の不調は体調にも影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

そうなってしまえば負のスパイラルに陥ってしまっていることになるため、それを防ぐためにもこなぜ仕事に対してやる気が出ないのかよくある原因を、3つみて行きましょう。

1.少しのミスで怒られてしまった

仕事をするうえでミスをすることは、仕方のないことですし、ミスをしないで仕事をできる人などいません。人間ですから、誰でもミスをすることはあります。しかし、そのミスによって怒られたことが引っかかってしまい、ずっと引きずることもあるでしょう。その結果として仕事へのやる気までも失ってしまうことがあります。

一度のミスを引きずって、やる気が出ない原因となることもあるため、上手く心の中で折り合いをつけ自分で解決していくことが大切です。

2.毎日睡眠不足で意欲が起こらない

毎日の睡眠不足は、肉体的なことが原因で起こることがあります。睡眠不足になる原因は人によってさまざまですが、動画の見過ぎやゲームなどで夜更かしをしてしまうのが一因です。睡眠不足は、やる気が出ないことに繋がる恐れがあります。

睡眠不足によって引き起こされる眠気が、仕事へのやる気をそぐことはおおいにあるでしょう。そのようなことにならないためにも、早寝早起きとは言いませんが、ある程度の睡眠時間はしっかりと確保する必要があります。

3.友人・周りの人の環境が羨ましいと感じる

自分自身を取り巻く環境も仕事へのやる気が出なくなる原因を作ります。自分自身が仕事に追われているときに友人たちの環境を見て、相手の環境が自分の境遇よりよく見えると羨ましく感じるでしょう。そのうちに、なぜ自分だけという思いに囚われてしまい、仕事へのやる気が出ない状況を自分自身で作ってしまうことがあります。

自分は自分、周りは周りと割り切り心の折り合いをつけることが大切です。

成長曲線の停滞期は社会人の多くが経験している

自分自身が成長できていないのではと感じる停滞期は、社会人なら誰もが経験します。停滞期とは今まで感じられていた成長が急になくなり、今までこなしていた仕事すらしっかりとこなせていないのではと。不安を感じたり仕事ができなくなってしまう時期のことです。

停滞期は、どんな人にも起こるだけではなく、その期間に入ってしまうことで仕事が向いていないのではなどの悩みを抱えてしまいがちな時期でもあります。

その時期を脱却するためには他の人の指導や助言が大切です。最初は受け入れるのが難しいかもしれませんが、黙って助言を実践することで停滞期を脱却するきっかけとなることも多々あります。

この時期は仕事に対するやる気も出なくなりますが、助言によって抜け出すことも可能であるため諦めないでまずは実践あるのみと思いましょう。