ワーク

何もかも全てうまくいかない時の対処法!人生を楽しむ7つのヒント

何もうまくいかない時どうすればいいの…

人生にはうまくいく時もあれば、逆に何もうまくいかない時もあります。

しかし、何もうまくいかないときは仕事のミスが続いたり、人間関係がうまくいかなかったり、恋人と大喧嘩してしまったりなどのように「この状態が一生続いてしまうのでは?」と、仕事にせよプライベートにせようまくいかない時期が続き心配になるほどです。

うまくいかない時期が長く続くほどどんどんマイナス思考になるため、言動にもネガティブなものが増えてさらに何もうまくいかなくなるスパイラルに陥ってしまいます。

そのような負のスパイラルはどう断ち切ればいいのでしょうか?

1つだけ言えることは、今までと違う行動を取ってみることです。今までと同じ行動をしていては今までと同じ結果を繰り返すだけになります。

何もうまくいかない時こそ何かを変える時です。

ここでは何もうまくいかないときの対処法や人生を楽しむための方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

何もうまくいかない時の対処法

何もかもがうまくいかないときというのは、自分であれこれ考えてもいい結果は出ないものです。

もし「最近、何もうまくいかないときが多いな…」と感じることがあるなら、この先を注意深く読み進めていってください。

人生でたびたびやってくる何もうまくいかない時期を、これからあげる3つの対処法で乗り切りましょう。

1.無理せず友人・上司を頼ってみる

何もかもうまくいかない時期を、全て自分の力で打開しようとするのは大変なことです。

前述したように、何もうまくいかないときというのは負のスパイラルに陥っている状態と言えます。正しい意思決定や判断がしづらい状況です。

そのようなときは無理せず人を頼りましょう。気の置けない友人や信頼できる上司を頼ってみてください。

自分一人であれこれ悩むよりも、誰かに相談することによって思いもよらなかった負のスパイラルを断ち切るヒントが得られるはずです。

2.新しいタスクや業務に取り組んで気持ちを切り替える

仕事において、今までとは違う新しいタスクや業務に取り組むことは、うまくいかない時期から抜け出すきっかけになります。

人の仕事を手伝うのもいいでしょう。何か自分で新しい仕事をつくるものアリです。

とにかく今までと違うことをやってみて、うまくいかない時期を抜け出すきっかけをつかむようにしましょう。

3.休息をとってみる

何もうまくいかないときには思い切って休息を取ってみるのも解決法の1つです。

日々の生活の中で何かしら動き続けているから、うまくいくときもうまくいかないときもあります。

つまり、何もしていなければうまくいくこともうまくいかないことも起こりません。

何もかもうまくいかない時には、

  1. 休日にはどこにも行かず家でぼーっとしてみる。
  2. 思い切って有給を消化してみる。
  3. 1日スマホの電源を切っておく。

など、休息を取ることによってうまくいかない時期をやり過ごしましょう。

1つ1つ課題を解決していこう!

物事が何もかもうまくいかない時は、今置かれている状況を細かく分解してみましょう。自分でコントロールできる部分と自分ではコントロールできない部分に分かれるでしょう。

新型コロナウイルスの影響で仕事の仕方が変わったり、人と会えなくなったりするのは自分ではコントロールできない部分です。

他にも日本の景気が悪いだとか、ボーナスが減ったとかいった部分は自分ではコントロールできない部分にあたります。それに対してあれこれ悩んでもしかたがありません。

それよりも、見つめるべきは自分がコントロールできる部分です。

毎日の業務や職場の人間関係、家族や恋人との関係は自分でコントロールできる部分と言えます。コントロールできてないと思う時は、1つ1つ課題を解決していけば状況は必ず良くなるでしょう。

まずは、うまくいかないことの全てを細かく見直すことから始めてください。