ワーク

【仕事が覚えられない・忘れやすい人必見】辛い毎日を変える習慣&考え方

仕事がすぐに覚えられない…覚え方のコツはあるの?

「新しい仕事が覚えられない」「なかなか上手く仕事ができるようにならない」 と悩んでいる人も多いでしょう。新しい仕事のマニュアルが常に来て、次々と新しいことを覚えなければいけない仕事も増加しています。

そんな中で、「仕事がすぐに覚えられない」「教えてもらっても忘れやすい」という人にはいくつかの特徴もあります。ここでは、仕事が覚えられない辛い毎日を過ごしている人のために、毎日を変える習慣&考え方についてご紹介です。

仕事が覚えられない人は、ぜひ参考にしてください。

仕事が覚えられない悩みを解決する3つの習慣

「仕事が覚えられない」という人は、仕事ができる人、すぐに仕事が覚えられる人の習慣をまねてみることが必要です。

新しい仕事をやる時には、誰しも不安で辛い思いをします。それをどうクリアしていくのかが重要です。仕事が覚えられない悩みを解決するために、3つの習慣をまず身に付けてみませんか。

1.ちょっとしたことでも仕事のメモを取る

仕事をすぐに覚えられるように、ちょっとしたことでも仕事のメモを取る習慣を付けましょう。最近では、メモを取るのはダサいや面倒という人も増えていますが、仕事のメモを取ることは重要です。

その時は覚えていても多くの人が、初めて聞く内容などは覚えられないでしょう。メモを取っておくことで、あとで思い出すことができ、メモを取る行為を通して自分の中で確認ができるためおすすめです。

メモを元に後からさらにまとめると、新しい仕事も覚えやすくなります。新しい仕事に対する疑問などもメモで控えておくのがベストです。メモしたものがわからないときは、そのままにせずにできるだけ早めに聞いて解決する習慣を付けましょう。

2.仕事ができる人のまねをする

仕事が覚えられない人は、仕事ができる人のまねをとにかくしてみましょう。仕事ができる人は、最初からメモを取ったり、積極的に質問したり、実際に自分が仕事を率先してやってみたりします。また、新しい仕事であっても、仕事の段取り、手順が良いことが多いでしょう。

それらの行動をまねるのがおすすめです。自分は覚えられないからと最初から尻込みをせず、積極的な姿勢を見せることでで仕事を早く覚えることができるでしょう。

3.アウトプットファーストで仕事をしてみる

仕事ができる人は、初めての新しい仕事でもやりながら覚える人が多いでしょう。全部理解してから始めるのではなく、やりながら覚える方法もおすすめです。この方法をアウトプットファーストと呼びます。

新しいことにもどんどんチャレンジしていくことで、仕事を覚えることができるようになるでしょう。やりながらわからないことは質問し、人に教えてもらうことで早く仕事が覚えられます。アウトプットファーストの習慣を仕事の面で付ける方法がおすすめです。