ワーク

「想定より月収・手取りが低い…」総支給・額面の意味|計算方法を解説!

思った額より月収・手取りが少ない…?

月収いくらということで就職した場合に、実際には思った月収よりも手取りで受け取った額が少ないと思った人は多いでしょう。月収と手取りについては、事前によく知っておくことが大切です。

思ったよりも少ないと感じて困らないように、自分でも月収から手取り金額が計算できるようにしておくことがおすすめです。実際には、手取り額で生活していくことになりますので、詳しい計算方法を知って予定も立てられるようになるでしょう。

月収と手取りの違い

月収と実際の手取りにについて詳しくご紹介しますので、その違いについて参考にしてください。。企業から提示される月収や月給と手取り金額の違いを理解しておくのが大切です。

1.月収

月収とは何かについてですが、よく聞く月給との違いをご紹介します。求人で記載されている月給は、基本給+固定手当(営業手当、役職手当、資格手当など)です。毎月固定的にこれだけは支払われるというのが月給となっています。

それに対して、月収は、1ヶ月分の給与として実際に提示される額面給与です。

月収は、基本給+固定手当(営業手当、役職手当、資格手当など)+変動手当(残業手当など時間外手当、皆勤手当、家族手当、通勤手当など)で計算されます。月給に毎月変動する手当が付く分、月収(毎月提示される額面給与)は高くなります。

給与明細では、この月収は「総支給額」として記載されています。

2.手取り

手取り額というのもよく聞く言葉です。手取り額とは、実際に自分が受け取るお金の額です。毎月の額面給与の月収から控除される金額を引いた額が手取り額として支給されます。

月収から引かれる額が結構大きいために、この手取り額は低くなるのが特徴です。毎月月収から税金や保険料が計算されて引かれることで、減額された分が手取りとなります。その際、税金や保険料はそれぞれの状況によっても異なり、計算方法については後で詳しくご紹介します。

また、給与明細では、手取り額は「差引支給額」として記載されています。これが実際にもらえる額ですので、しっかり確認してください。

総支給&額面の意味とは?

さて、よく耳にする言葉としては、総支給と額面という金額もあります。それぞれにどういう意味なのかを詳しく知っておく必要があります。総支給〇円、額面〇円はどういう意味なのかを知っておくことが大切です。

1.総支給

総支給額とは、月収のことを意味します。月収、給与の総支給額は「額面給与」とも呼ばれていて、控除を差し引く前の額面上の金額に当たります。

総支給額(月収)は基本給+固定手当(営業手当、役職手当、資格手当など)+変動手当(残業手当など時間外手当、皆勤手当、家族手当、通勤手当など)の金額が記載されます。

給与明細などには「総支給額」として表示されますので、これが全て手取りでもらえると思いがちですが、額面上の金額でこれから引かれるため注意しましょう。

2.額面

月収、総支給額は、額面金額と言われますが、これは税金や保険料などを引く前の額面上の金額と言う意味です。金額としては表示されますが、実際にもらえる金額とは異なる「額面」の金額となります。この「額面」という意味をしっかり理解しておくことが重要です。

そして、この毎月の月収の総支給額、額面金額を足したものが年収として扱われます。年収と言った場合には、総支給額、額面金額で計算することを覚えておく必要があります。