ワーク

嘱託(しょくたく)社員の意味&勤務形態を解説!社会保険の有無は…?

そのほかの雇用形態を解説!

嘱託職員の他に、契約社員、派遣社員、短時間社員など社員にもさまざまな種類があります。これらの雇用形態の違いについても知っておくとよいでしょう。

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結んで派遣先で働きます。勤務形態は派遣先企業に沿ったもので、業務上は派遣先企業の指示に従うのが原則です。

給与や福利厚生は、派遣会社から支払われます。派遣期間の継続がない場合は、派遣期間が終わったら契約が終了のことが多く、派遣社員は1つの企業で働くのではなく、さまざま企業で働くスタイルが特徴です。

短時間社員という雇用形態もあります。所定労働時間・所定労働日数が少なく、嘱託社員や契約社員のように労働期間の期限の定めがないのが特徴です。正社員の人が子育てなどで短時間社員になるスタイルが多いでしょう。

短時間社員の場合、基本給や賞与・退職金などの計算方法が正社員と同じに扱われるメリットがあります。

どうなる?嘱託社員の社会保険制度

ここからは、嘱託社員の社会保険制度についてご紹介します。嘱託社員の場合も、1週間の所定労働時間や1ヶ月の所定労働日数が一般社員の4分の3以上の場合には社会保険に加入しなければなりません。正社員と同様に社会保険への加入が認められているのは、働く側としてはよいことでしょう。

ただ、正社員から定年などで嘱託社員に移行した場合は、再雇用の嘱託社員としての給与額をもとに社会保険料を再計算してもらう必要がありますので、注意しましょう。

その他、労働保険や有給休暇なども企業との取り決めで新たに適用可能となります。

副業・複業の雇用形態はどれに当てはまるの?

最近では副業・複業をする人が増えてきましたが、副業・複業ではどのような雇用形態で働いている人が多いのでしょうか。

副業・複業の場合は、業務委託でその業務の依頼を受けて完了までを行うスタイルが多くいます。その際はフリーランスで行うことが多い傾向です。

また、雇用契約を結んで行う場合もあります。その際には、給与は時給計算や月給などそれぞれの契約によって決まっていくでしょう。

業務委託のフリーランスで行う場合は、社会保険などは一切なく、すべてが自己責任となります。雇用契約を結ぶ副業・複業の場合は、労働時間が決められていて労働基準法の保護があります。そして、社会保険の基準を満たしていれば雇用保険以外は入る必要があるでしょう。

副業・複業で働く場合のメリットについてもご紹介します。

業務形態・契約方法で副業・複業を始めよう

これまでの経験やスキルを活かし、そして時間も割と自由に使うには嘱託社員はおすすめです。副業・複業で業務委託や働く方法も働きやすくておすすめです。

副業・複業では自分の経験やスキルがどのくらい活用できるのかをあらためて試してみることができます。副業・複業では従来の働き方ではなく新しい業務形態・契約方法での働き方ができるでしょう。自分なりの働き方を求めている人にはおすすめです。ぜひ、さまざまな契約形態から選んでみましょう。

今から副業・複業で探すなら「複業クラウド」がおすすめです。

どこよりも手軽に副業・複業を始めるなら複業クラウド

複業クラウドは「挑戦するすべての人の機会を最大化する」というビジョンのもとに、個人と企業の自由な出会いをマッチングするプラットフォームです。

サラリーマンの副業・複業はもちろん、週末だけ仕事がしたいといった主婦やフリーランス、在宅ワークで働きたい人など、あらゆる働き方の求人が用意されています。

もちろん登録は無料で登録は約2分と簡単です。

副業・副業で、新たな働き方、新たな経験に挑戦をしたい方は複業クラウドのホームページをご覧になってください。

複業するなら 複業クラウド