ワーク

勉強やる気を出すマル秘方法!【社会人向け】モチベが上がる環境とは?

複業するなら 複業クラウド

学校を卒業して、社会人になっても勉強はつきものです。仕事で必要な知識を身に付けるために勉強したり、よりレベルアップするために仕事に必要な資格を取得したり、社会人になっても勉強しなければいけない時はあります。

でも、勉強は誰でもモチベーションややる気を保つのはなかなか難しいですよね?

今回は勉強のやる気を出すマル秘方法や勉強をする際の注意点などをご紹介していきます。

勉強のやる気を出すにはどうしたらいいの?

いざ勉強しようとしても、なかなかベットから出られなかったり、勉強するために机に座ってもすぐに集中力が切れてしまいやる気を保つことができなかったり、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

モチベーションが低下しているときや、やる気がないときは、勉強してもなかなか勉強したことが頭に入らず勉強する効果が薄くなってしまいます。

勉強のやる気を出すためには、まずは運動ややらなければいけないことを先に片付けてしまいましょう!

例えば、家事や洗濯などを先に終わらせたり、勉強前に軽い運動やストレッチをしたりすると、体全体の血の巡りが良くなり頭がスッキリします。

勉強をする際は頭の中をスッキリさせる必要がありますので、できるだけクリアな状態で勉強ができる環境を作りましょう。

現代の社会人が勉強をすべき理由

社会人が今勉強をするべき理由は以下3点が考えられます。それでは、一つずつ解説していきます。

1.必要な人材の入れ替わりが激しい

「私と同じように、社会人で勉強している人は少ないし、そんなに気にすることはないのでは?」と思う人もいるでしょう。

大手企業や技術職であれば、今の人材を育てようとする考えを持っている場合が多いです。しかし、そうではない企業の場合は「辞めたら補充すれば良い」という考えで経営しているところも少なくありません。

正社員ならまだしも、アルバイトや派遣社員、契約社員などはを雇っている企業は、このような経営方針の場合が多いでしょう。企業にとっても必要な人材が欲しいという考えは持っています。

もしも、今あなたが勤めている企業において、知識や経験、資格などを持っている人がたくさん入社してくる場合、あなたの居場所はなくなる可能性もあるでしょう。

そのようなことにならないためにも、今の環境に満足するのではなく、勉強して少しでもスキルや経験を身に付けておく必要があります。

2.1つの得意だけでは生きていけない時代に

近年、人々の生活が豊かになるにつれて、ニーズも多様化するようになってきました。それによって、競争相手は同業者だけでなく各業界にまで広がっています。

ニーズが多様化することにより、各企業は外部とアライアンスできる人材を積極的に採用する傾向にあり、ただ仕事ができるだけだったり、得意なものがあるだけだったりでは需要が低くなっている傾向にあります。

自分の強みをいろいろと手に入れることによって、今働いている企業のためにもなりますし、転職活動時でも優位に進めることができるでしょう。

3.流行を知るだけで、時代の先読みができる!

いつの時代でも、流行を作る側の人間が存在しています。

次に何が流行るのか、顧客は何を欲しているのか、どんな商品やサービスの売り方をすれば売れるのかを事前に調査をし、その時代の流れや流行を知るだけで優れたアイデアを競合他社よりも先に売りだすことができるでしょう。

ビジネスアンテナを日頃から張り巡らせ、ささいなことでも時代を先読みするためには情報量が必要となりますので、まずはコツコツと勉強する必要があります。

仕事に役立つ!社会人おすすめ勉強項目Top10

続いて、仕事に役立つ社会人におすすめの勉強項目をご紹介します。

社会人におすすめの勉強項目は以下になります。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.グローバル人材は市場価値UP英語・英会話

グローバル人材は英語力や英会話のレベルやスキルが重要です。

しかしながら、単語が話せる程度ではビジネスにおいては機能しません。

外国人の同僚と基本的なコミュニケーションがとれ、ビジネス上の業務に関することも問題なく電話で伝えられるようになって初めて意味を持ちます。

また、英語だけでなくフランス語や中国語など、さまざまな言語を話せるだけでも自分の強みとなり、会社にとっても必要な人材になることができるでしょう。

2.無駄な消費を無くせるお金・税金について

社会人になって働きだすと、さまざまな税金がかかることを初めて知りますよね?

働いているだけで税金が発生する「所得税」、住んでいるだけで税金が発生する住民税など、生きていく上でかかる税金はたくさんあります。

かかる税金が多い分、どうにか節約したいという人もいるでしょう。

そのようなときには、無駄な消費を無くしてお金を増やす方法を学ぶ必要があります。

特に個人事業主やフリーランスで働いている方は税金の勉強をするだけで、実際に税金を支払う額を減らし、使える額を増やすことも容易にできるでしょう。

税金については名前は聞いたことがあるけれど、意味は知らないという人も多くいます。

そのため、無駄に税金を払っている人も多いです。税金の勉強は自分にとってもメリットしかないと言えるでしょう。

3.ビジネスの未来が読める!投資・株

株式投資は基本的に株を購入した方が株主となり、企業の事業から利益が増えた場合、その企業の株主への利益の還元として、一部の配当金がもらえる仕組みです。

企業の下部は証券取引所で売買されており、株を売買することで利益を増やすことができるため、本業+利益を得ることができます。

また、株の売買はその企業の未来を読むことで利益を得ることができるため、分析能力を自然と身に付けることができるでしょう。

4.見せ方上手への一歩 PowerPoint

PowerPointは会社のプレゼンテーションにも役に立つスキルです。

PowerPointを使いこなすことができれば、プレゼンテーション能力が高くなり、企業からの信頼を得ることができます。

また、あなたが営業職であればPowerPointを使って顧客に分かりやすく説明することで、営業実績を上げることも可能です。

PowerPointを使い営業をすることで他の営業職の人との差をつけることができ、社内で出世したり昇給したりなどのさまざまな恩恵が期待できるでしょう。

また、PowerPointのスキルや資格等は転職時にも優位に進めることができます。

5.作業効率が10倍変わる!Excel

Excelを勉強することにより、通常の作業効率よりも10倍以上変わります。

Excelをいろいろと学習をすることで、関数操作することができ、入力速度や計算もわざわざ一つずつ行わずに、一気に作業をすることができます。

また、ほとんどの業種でパソコンを使っていない企業は少なく、需要が高いスキルです。

Excelはデータ管理からレポート作成まで基本的に何でもできるツールですので、Excelの勉強をしても損はないと言えるでしょう。

Excelの関数などはプログラミング言語よりも簡単に習得することができ、ネットにはさまざまなテンプレートがありますので、そのサイトから引用するだけでも作業効率は上がります。

6.コツコツ学ぼうプログラミング

プログラミングは需要が高く、就職時にも有利なスキルです。

IT関連やプレゼンテーション、資料の内容を論理的に伝えるスキルがレベルアップするだけでなく、単純作業をコンピューターに全て任せることで、作業効率が上がり効率的に仕事を行うことができます。

一度プログラミングを組んでしまえば、同じような業務はそのプログラミングを応用することもでき、仕事の効率化や人件費の削減が期待できるでしょう。

また、プログラミングを学んでスキルを身に付けることができれば、転職や独立する際にも間違いなく収入がアップすること間違いなしです。

プログラミング知識を身に付ければ、毎日会社に出社するストレスもなく、年収3,000万円以上も期待ができます。

7.ビジネスマンなら勉強して損なし!マーケティング

マーケティングを勉強することにより、ビジネスの基礎や多様な生き方を選択することができます。

マーケティングを制する物はビジネスを制するといっても過言ではないほど、マーケティングの効果は絶大で、マーケティング次第で企業の業績や売上が異なります。

マーケティングは基本的に商品やサービスが顧客にとってどのようなタイミング・価格で提供すれば売れるのかのリサーチすることで、売上に貢献することができます。

マーケティングでの実績があれば転職活動はもちろんのこと、独立して様々な企業と契約を結ぶことで収入を得ることができるでしょう。

8.売り方1つで全てが変わる営業

営業職は自分の売り方1つで全てが変わります。

営業は顧客とコミュニケーションを取る為にもコミュニケーションが必要になりますが、それ以外にも商品やサービスを売り込む能力、提供内容なども必要となるでしょう。

また、これまでのでーた分析能力も必要で、これまでのデータから情報を分析することでこれまで以上に効率的に顧客に対して営業をすることができます。

営業で培った経験や知識や他の職種でも有効活用できるため、社会人におすすめの勉強項目の一つです。

9.ノンデザイナーなりのデザイン力

デザイン力を高めることも、社会人におすすめの勉強項目の一つです。

デザイン力はデザイナーだけの力ではなく、社会人にとっても大切な能力となり、顧客の体験を作る視点や手法などがあなたのデザイン思考を構築しています。

10.書いて伝えるWebライティング力

Webライティング力を磨けば、内容は同じでも説得力の高い文章を書くことができ、社内のメールや社内文章なども分かりやすく円滑なコミュニケーションを取ることができます。

これにより、周囲からの信頼度も高く、仕事を任せられる機会が増えていく可能性が高まるでしょう。

勉強のやる気・モチベを上げる5つのポイント

勉強をしないといけないと思っていても、どう勉強をすべきかわからないときや、やる気が全然生まれないときもあります。

ここでは、勉強のやる気やモチベーションを上げるポイントは以下5つです。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.その能力を使う場所を作る

実際に勉強するときは、その能力を使う場所を作ることが大切です。

自分のデスク環境を整えたりすることで、自分のモチベーションややる気を高めるための環境を作りましょう。

モチベーションややる気を上げるには、ときとして形から入ることも大切です。

少しずつ自分の勉強しやすい環境を先に作ることで、結果的に後の勉強効率が上がっていくということもあります。

2.勉強しなければならない動機を作る

勉強のやる気やモチベーションを上げるには、その動機を作ることが大切です。

同機は何でもいいですが、例えばExcelの勉強をして作業効率を上げ、自分の時間を作るなどの動機を自分の中で作りましょう。

3.友達と一緒に勉強する

友達と一緒に勉強することで、友達に触発されて自分も自然と勉強に対してのやる気やモチベーションを上げることができます。

会社の同僚でも、友達でも良いので自分と一緒に目標に向かって勉強する人を探してみるのも良いでしょう。

また、自分の家や友達の家、図書館などで一緒に勉強することで、自分の分からないことなどを共有し、解決策を早段階で確認できる可能性もあるため、おすすめです。

しかしながら、一緒に同じ場所で勉強することで勉強よりも話に夢中になってしまう場合は逆に効率が悪くなってしまうため、注意が必要です。

4.フィードバックがもらえる人を近くにおく

自分が勉強をしても、その勉強で得た知識が正しいとも限りません。

また、自分よりもその知識がある方が近くにいることで、今よりももっと効率的にできる勉強法などを知ることができ、とても便利です。

会社の上司でも、誰でも良いのでフィードバックがもらえる人を近くにおくことを考えてみましょう。

5.できるようになったら何ができるかを明確にする

その勉強をすることにより、知識や経験が身に付いた場合は何ができるのか、仕事において何ができるのかを明確にしておくことで、自分のやる気やモチベーションを上げることができます。

その明確な目標に向かってコツコツ少しずつ勉強していきましょう!

例えば、勉強して「この資格を取る!」・「転職に有利な資格を取得したい!」などといった明確な目標があれば、勉強効率も格段に上がります。

勉強のやる気を出すには環境が重要!

勉強のやる気を出すためには勉強する環境を整えることが重要です。

勉強する環境を作るには、自分の最適な空調設備や静かな場所、周りに自分の気が散るようなものを置かないなどの環境が大切になります。

自分の家以外で勉強する場合は通いやすさや休憩スペースの確保も重要です。

環境が整っていないと、集中力が長続きせず、勉強の効率が悪くなってしまうため勉強を始める前はまず勉強をする環境を自分に最適な環境に整えることが大切でしょう。

勉強ができる人・得意な人がやっている習慣

ここからは勉強ができる人と得意な人がやっている習慣をご紹介します。

勉強ができる人と得意な人がやっている習慣は以下3点です。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.毎日1分以上やる!

勉強ができる人と得意な人の習慣として、1日1分以上は勉強して勉強することを習慣付ける方法です。

1日1分といっても、勉強を始めてみれば10分、30分と勉強時間を増やすことができ、効率的に勉強することができます。

まずはどれくらい勉強するかよりも勉強を始めることが大切です。毎日1分と考えればそこまでやる気が低下することもないので、意識して頑張ってみてください。

2.朝にやってみる

朝は1日の中でも集中力が続く時間でもあります。

勉強時間を朝に変えるだけで勉強の効率が上がる傾向にありますので、ぜひ実践してみましょう。

また、朝は一番に入手した情報が一度リセットされ、新しい情報を受け入れる状態となっているため、新しいことを記憶したり、物事の考えたりするには最適な時間だとも言われています。

朝少し早く起きて、軽く朝食を食べた後にまだ怠けている体をストレッチして勉強に臨むとなお、効果が期待できるでしょう。

3.目標を小さく掲げる

勉強をする場合、新しい資格をとりたい、自分ができないことをできるようになりたいと最終的な目標を設定する人も多いですが、まずは最終目標を決めつつ、それに向かった小さい目標を掲げることが大切です。

小さな目標を立てて、少しずつ達成することで達成感も味わうことができ、集中力ややる気の向上にも繋がります。

勉強をしない人に待ち受ける末路…。

次に、勉強しない人に待受ける末路をご紹介します。

勉強をしないと、結果的に以下のようなマイナスを自分が受けることになる恐れがあるため、注意が必要です。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.自分の得意が淘汰される

自分の価値を高め続けられない人は淘汰される可能性があるでしょう。

自分にとって不得意なことも当然ありますが、得意は分野を増やすことで自分のできることも増えます。

仕事のモチベーションにも繋がりますし、転職や就職活動時でも優位に進めることができるでしょう。

2.自身の市場価値が下がり続ける

これから転職活動や就職活動をする際、自分の市場価値がなければ不安を感じてしまい、自分のおもっているように物事を進めることがなかなか難しくなります。

転職活動における市場価値はあなたのスキルや経験などを全体的に評価されたもののため、自分のできることや経験やスキルが少なければその分自分の市場価値が下がります。

転職時に業務内容が変われば必要となるスキルや経験が異なるため、自分の市場価値は自分のとって重要な要素の一つです。

3.古いデータ・情報しか集まらなくなる

勉強をしなければ、新しいデータや情報、流行りなどを知ることもできなくなります。

そのため、現場において今の新しいデータや情報、流行りなどを活用した戦略などを練ることができなくなるため、情報のアップデートが大切です。

自分の持っているデータや情報が古ければ古いほど、少ない情報量の中でも行動が制限されてしまうため、よくありません。

勉強を始めるにあたって注意すべきこと

続いて、勉強を始めるにあたっての注意点をご紹介します。

勉強を始める際の注意点は以下3点です。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.毎日or2日に1回は必ずやってみる

何かしらの知識を得るためには、勉強を習慣付けることが大切です。

毎日が難しいようであれば、2日に一回数分でもいいので、「勉強する」という習慣を日常の中に取り入れることが重要です。

習慣をつけることができれば、作業効率も上がり、ストレスなく勉強することができます。

寝る前の10分、お風呂に入るまでの10分勉強するなど、自分なりに「勉強」を一つのルーティーンにしてしまえば比較的楽になるでしょう。

2.大きな目標を掲げすぎない

勉強をするにあたり、目標を掲げることは大切ですが、あまり大きな目標を掲げないことも注意しましょう。

目標が大きければ大きいほどやる気が上がる人もいますが、目標が大きいことがゆえに途中で挫折してしまう人も多いです。

大きな目標に向かってその段階として小さな目標を立てることで、自分のモチベーションややる気を高めることができます。

3.アウトプットベースで始める

勉強は全ての情報をインプットするだけでは、勉強の効率が悪いです。実際にアウトプットベースで始めることで、記憶に残りやすく、身に付く速度が速くなります。

たとえば、Excelの勉強をする際はただ参考本を眺めるだけでなく、実際にExcelを開いて参考書に沿って自分で操作・アウトプットすることが大切です。

勉強もできてお金も稼げる副業・複業がアツイ!

今、何らかの勉強をしようと考えている人は、副業・複業をやってみるのはいかがでしょうか。

副業・複業は「勉強に関係なくない?」と感じる人も少なくはないでしょう。しかし、副業・複業をするとお金を稼ぎながら自分の気になっている職種や、今まで体験・経験をしたことがない仕事について学ぶことができます。

お金が派生するということもありモチベーションに繋がるので、自分一人で勉強するよりも積極的に行動することができるでしょう。

また、仕事をとして自然とスキルや経験を身に付けることができます。人によっては自分で勉強したことを、実際の仕事として活かすことで、臨機応変に対応できるスキルも同時に身に付けることができます。

勉強のために副業・複業をやるメリットとは?

続いて、あなたが勉強のために副業・複業をするメリットをご紹介します。

それでは早速、見ていきましょう。

1.実践的に技術が学べる

勉強のために副業・複業をすることにより、実践的にその技術を学ぶことができます。

ただ勉強するだけでは、実際に勉強して学んだことを仕事に活かせるかどうかも分かりません。また、実際に仕事についてみると、仕事というものはテキストで勉強した通りのようにはいかないことが多いでしょう。

勉強したことを仕事に活かすということは、机上だけの問題ではなく、内容プラスαで実践的な技術も必要になります。

副業・複業では、実際に勉強しながら実践して試すことができるのが魅力のひとつです。さらに報酬も発生するという今から勉強する人にとってはメリットばかりの仕組みとなっています。

もしもいろいろと悩んでいるのでしたら実践的な技術を学べ、お金も稼ぐことができる副業・複業を始めてみましょう。

2.報酬があるからモチベーションが高くなる

副業・複業は無償ではありません。受注した案件と納品した成果物に応じて報酬があります。そのため、たとえ未経験であったり難しいと感じたりすることでも、頑張ることができるでしょう。面倒くさいことでも報酬が貰えることによってあなたのモチベーションが高くなり、そのおかげで仕事を覚えるスピードも速くなります。

報酬ももらえて、自分の身に付けたい知識や経験の勉強もできるということもあるのは、副業・複業ならではの魅力です。自分でできるか?と不安がらずにまずは試しに一案でも受注してみましょう。

3.半強制的にやらなければならない環境にできる

副業・複業で受注した案件でも、もちろん納期というものはあります。そのため、納期までには必ず業務を終わらせなければいけません。自分のモチベーションややる気が低いときでも、半強制的に受注した業務をし、納品する必要があります。

日頃、仕事に集中ができなかったり、モチベーションが下がったら気持ちを切り替えることが難しいというような問題がある人は、このように無理にで仕事や勉強をしないといけないような環境を作ることで、無理がきくようになります。

荒療法的ではありますが、ときにはそうすることで仕事や勉強が身に付く人もいますので、試してみるとよいでしょう。

勉強のための副業・複業を始めるなら複業クラウド

これから自分のスキルアップや資格取得などの勉強を考えているならば、複業クラウドをおすすめです。

複業クラウドはクラウドソーシングサイトの一つで、実際に無料登録を行った後に簡単なプロフィールを作成すれば案件に応募することができます。

複業クラウドでは「営業」・「マーケター」・「エンジニア」・「デザイナー」・「コーポレート」・「人事」・「広報・PR」・「制作・ライター」・「エグゼクティブ・コンサル」・「カスタマーサクセス・サポート」・「PM」などの職種の案件に応募可能です。自分の気になる案件に応募すると、応募動機やプロフィールを確認した企業から連絡がきます。

簡単な登録作業で自宅に居ながらさまざまな職種の仕事をすることができるため、今の自分よりもスキルアップすることもできるでしょう。

条件なども「稼働日数」・「稼働時間」・「希望単価」・「リモートOK」などから自由に選ぶことができるので、自分の環境に合った副業を見つけることができます。

また、複業クラウドは他のクラウドソーシングサイトとは異なり、正社員登用の可能性も高いのが特徴です。新しい仕事を通じてスキルアップをしながら、お金も稼ぐことができるので、転職を考えている人も登録して利用してみてはいかがでしょう。