ワーク

手に職をつけるメリットとは?収入が安定するおすすめ職業ランキング

「手に職をつける」という言葉をよく耳にしますが、手に職をつけるとは実際にどのような意味なのでしょうか?
手に職をつけることができる職業はどのようなものがあるのでしょうか?

こちらの記事では、このような悩みを解決するために「手に職をつける」の意味や職業などについてご紹介していきます。

「手に職をつける」の意味とは?

「手に職をつける」とは、基本的にその仕事に就くための資格や技術を身につけることを意味します。

例えば、医者になるために資格を取得して現在働いている人は、国家試験を受けて医師免許を持っている人です。このような人を、手に職をつけて働いている言います。

手に職をつけるで使われる職業一覧

次に、実際に手に職をつけて働いていると言われる職業を簡単な解説を交えてご紹介します。

・伝統工芸職人

伝統工芸職人はそれぞれの技術がモノを言う仕事のため、手に職をつけるで使われる職業です。

・大工

大工の仕事は実際に建築士が設計したもの通りに建てなければいけないため、経験や知識がモノを言います。

・設備屋

設備屋とは建築用語で、各種設備を設置する仕事です。新しい設備、古い設備などを含めます。設備は各業種によって異なるため、電気設備の場合は電気屋、水道関連は水道屋さんのように呼ばれるでしょう。

設備屋の業種によっては、国家資格や認定資格があります。これらの資格を取得することで就職が有利なるでしょう。また、独立して起業するときにも役立ちます。

・すし職人

すし職人になるための資格などはありませんが、キャリアや実績などが影響する仕事といえるでしょう。

・パティシエ

パティシエは経験と同時にセンスも問われる仕事です。パティシエは、実際に手に職をつけてしまえば、独立などの選択肢も広がります。知識を得たい場合は専門学校に通い菓子製造技能士を受験し資格を取得するのがパティシェへの道の近道です。

・エステティシャン

エステティシャンは技術はもちろんのこと、サービス精神がある人に向いている職業です。人のために働きたい、人に感謝されることに仕事のやりがいを感じるような人はぜひ挑戦してみてください。

・webデザイナー

webデザイナーは近年ネットの需要が高まっていることから若者を中心に人気のある職業です。webデザイナーになるための専門的な資格等はありませんが、独立などを考えている方は実績と営業能力が必要となります。

・エンジニア

エンジニアも特に資格等がなくてもなることができますが、情報系の専門学校に行くと就職の幅やチャンスが広がる職業です。

 

紹介した以外にも、手に職をつけることができる職業はたくさんあります。

手に職をつけることのメリットとは?

親や周りからもよく手に職をつけろ、手に職をつけるのは大事と聞く機会があるでしょう。では、逆に手に職がつかない職業はだめなのでしょうか?

手に職をつけることのメリットについて見ていきます。

1.安定した収入が得られる

手に職をつける職業についていれば、安定した収入が得られます。

実際に経験や知識、資格があることで資格が何もない人よりも高収入が望みやすいです。また、一般的に手に職をつけると言われている職業は比較的高収入の場合が多いでしょう。

2.一生、職に困ることはない

手に職をつけることで、職に困ることはなくなるでしょう。

先ほど紹介した設備屋を例として挙げると、設備屋に就職したところ万が一退職しなければいけないことがあっても、資格やスキルさえあれば転職活動で優位になります。

また、転職活動が上手くいかない場合でも、設備屋としての資格を取得さえしていれば自分で独立して設備屋として起業することもできるでしょう。手に職をもっておくと、このように何か起きたときに対応できます。

技術や資格は一生ものですので、需要の大きい職業ほど失業してしまうリスクも減るでしょう。

3.資格によっては高収入が得られる

職種によっては、資格を取得しているだけで未経験よりも高収入や手当がもらえる職業や企業もあります。

エステティシャンなどは資格がなくても就職することができますが、エステティシャンの民間の認可資格である「認定エステティシャン(一般社団法人日本エステティック協会)」「AEA認定エステティシャン(一般社団法人日本エステティック業協会)」などの資格を持っていれば、高収入を得ることができるでしょう。

または最初から役職付きで店舗に配属されることもあります。

4.多少のブランクがあっても問題ない

実際に手に職をつける職業についていれば、多少のブランクがあっても再度就職や転職できる可能性が上がります。

例えば、とくに女性の場合は結婚や妊娠、子育てなどの影響でいったん仕事から離れるか仕事をやめてしまうこともあるでしょう。

子育てなどが一段落した後に再就職をしたいとなったとき、手に職をもったいたり、特殊な資格を摂取してあった場合は、就職もスムーズにいきます。

手に職をつけるならおすすめの資格・仕事

ここからは、実際に手に職をつけるならおすすめの資格と仕事をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

1.資格取得は難しい宅地建物取引士

宅地建物取引士は一般的に「宅建」とも呼ばれている資格で、不動産業界に就職するなら持っていると必ず役立つ資格です。

不動産業界では、宅地建物取引士でなければできない独占業務と呼ばれているものがあります。これは、法律で決められていますので、順守しないといけません。また、不動産会社においては従業員5名に対して1名の割合で宅建を取得している人がいないといけない決まりです。

それぐらい不動産業界にとっては必要不可欠な資格となるため、宅建を持っているだけで就職活動を優位に進めることができるでしょう。

宅地建物取引士は、持っていると就職に優位に働きますが資格取得は難関な部類に入ります。しかし、資格取得後のメリットがあることを踏まえると、挑戦する価値は十分にあるでしょう。

2.現場経験が大切な看護師や薬剤師

基本的に専門的知識や資格が必要になる看護師や薬剤師ですが、医療機関全般の事務作業などもできることから、まず就職先に困ることはありません。

薬剤師には種類があり、研修認定薬剤師、在宅療養支援認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師などの資格を取得することで薬剤師と名乗ることができます。

看護師に必要な資格は「看護師免許」です。

3.主婦になっても続けやすい!Webライター

Webライターは資格がなくても誰でも働くことができます。

近年、副業でもできることから注目されているWebライターですが、誰でもなれるため経験や実績がモノをいう職業でもあります。

Webライターは必要な資格はないものの、WEBライティング技能検定、日本語が正しく使えるかを判定する「日本語検定」や著作権に関しての「ビジネス著作権検定」などを持っていると、クライアントにアピールしやすいでしょう。

4.在宅ワークでもできる!事務系

事務系の仕事は自宅でもすることができます。

たとえば、企業の電話対応や事務処理作業も自宅にいるだけですぐに行うことができますので、女性でも続けやすい職と言えます。

事務系の仕事も特に必要な資格はありませんが、「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」「日商PC 2級」「日商簿記 2級」「秘書検定 準1級」「文書情報管理士」などがあると就職に困ることは少ないでしょう。

手に職をつけたら本当に安心なの?

実際に手に職をつければ安心と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?結論から言うと、必ずしも安心安全というわけではありません。

仮に手に職をつけると言われている職業で働いていても、一生安泰というわけではありませんし、資格を持っているからといって誰でも独立できるわけでもありません。

手に職をつける仕事に就くことが目的ではなく、あくまで周りから一歩リードするためや自分のこれからの選択肢を広げるという目的のために、手に職をつけることが大切です。

不確実な世の中で手に職をつけることが全てではない!

今の時代、急激に時代の変化が現れると時期でもあり、今から10年後には現在の仕事は3割近く無くなると言われてます。

これは、時代の進み具合やインターネットの普及及び、ロボットの普及などが増えていることが理由の一つに挙げられるでしょう。

現在は安定していると言われている職業もいつどうなるかは誰にも予想することができないため、手に職をつけることが全てではありません。

今、手に職をつけても数十年後には使えなくなるかも

今、手に職をつけても、実際には数十年後にその資格が使えるかどうか、就職活動や転職活動で必ず役に立つと言い切ることはできません。

資格や経験というのがとても重要になりますが、それが全てではないため、手に職をつけるということに縛られるのはあまり良くありません。

副業・複業を始めていろんな職歴を掛け合わせよう

手に職をつけることが全てではないことが分かったところで、実際に何の職につけば良いのかフリダシに戻った気分でいる方も多いでしょう。

就職は人生においてもとても重要な選択です。周りにどう思われようが焦る必要はありませんので、自分の就きたい職業に就くことが一番大切です。

実際に何をしていいか分からないという人は、さまざまな副業を実際に体験してみてお金を稼ぎながらゆっくり探していくこともおすすめです。

今までに経験したことがない仕事をしてみることで、自分の考え方が変わり選択肢が広がることもあります。

また、自分が目指している職業に似た副業をすることで、実際に働いてみないと分からないデメリットの部分も事前に確認することができます。

複業クラウドでいろんな職を見つけてみよう!

複業クラウドなら、様々な副業を実際に経験できるだけでなく、実際に企業の方直接やり取りをすることで、ビジネスマナーなども身に付けることができます。

また、複業クラウドは正社員雇用の求人もあるため、就職活動を一切しなくても副業をしている間にいつの間にか正社員になっているなんていことも良くあります。

このように、複業クラウドはお金を稼ぎながら知識や経験を積むことができるだけでなく実際に就職することや、ビジネスマナーを取得することもできるサービスです。

登録も無料で、簡単に登録することができます。まずは登録してみてどのような副業があるのかを確認するだけでもおすすめです。

就職活動をしながら、副業でお金を稼ぎ自分の人生の選択肢を広げることはとても大切ですので、今からでもすぐに行動に移してみましょう。