ワーク

仕事が続かない人の特徴は?原因・理由を探って自分らしい働き方を!

自分らしい働き方は、どう探す?

自分にあった仕事には、働き方が非常に重要となってきます。時間や場所の拘束がある場合は、安定した収入を得る仕事が多いです。

しかし、時間や場所の拘束がない仕事は、 収入が安定しないのが現状となってきます。フリーランスなどのように、働けば働いただけ給与が発生するというのは、稼げるときはいいですが、全く仕事がない時は収入がゼロなため不安定です。

それぞれのメリットとデメリットを把握しておかなければ、自分にあった働き方を探すことが難しいです。時間や場所の拘束がストレスとなってしまい、職場で仕事すると人間関係がややこしくなってしまう可能性もあります。

今現状抱えている仕事が続かない原因を鑑みて、自宅で働いた方が長続きできるのか、職場で一定の収入を得ながら働いた方が長続きするのか考えてみてください。

自分らしい働き方は自分が今抱えている原因をしっかりと考えて、仕事を探すと見つかりやすいです。

自分らしい働き方を見つける7つの方法

自分らしい働き方を見つけるには7つの方法があります。自分らしい働き方ができる仕事は、自分のことをしっかりと把握する自己分析の結果が必要となってきます。

先ほど、仕事が続かない原因や理由を紹介しました。そこで当てはまった自分の理由を考慮しながら、仕事を探していくことがとても重要です。自分の譲れないことを書き出すや適正診断を受けるなど自分にあった仕事の探し方をみつけて探してみてください。

1.自分の譲れない軸を書き出す

自分の譲ることができないことを書き出すことで重要です。譲れないことで、自分にあっていない仕事を排除し、絞ることができます。

譲れないことや自分に合わない条件などを書き出さなければ、絞ることが難しいです。しかし、自分に必要不可欠な要素を書き出すことで、自分にあった仕事がだんだんと見えてくるようになります。自分の譲ることができないことや、仕事を探す上で重要となるため、しっかりと考えて書き出すようにしてください。

2.キャリアに関する具体的な目標を立てる

自分が考えるキャリアの具体的な目標を立てて、仕事をすることによって全ての行動が計画的に進むようになります。キャリアに関する目標は、モチベーションになり、常に目指すものを探しながら仕事ができるようになるため、必要不可欠です。

また、キャリアに目標だけでなく、目標に辿り着くまでの計画を立てることも重要となってきます。キャリアの目標を立てて、その後に目標までの道のりの計画をしっかりと細かく立てることで、達成しやすくなりモチベーションになり、仕事が見つかりやすいです。

3.適性診断を受けてみる

適応診断を受けると今まで自分が考えている仕事とは違う、新たな選択肢を見ることができます。適応診断を受けると、どうしても今まで自分が経験していることや周りの人がしている仕事を選びがちです。

しかし、適応診断は自分が考えている仕事以外の選択肢を導き出すきっかけとなり、長く続けられる職場を見つけ出すことができる可能性があります。適応診断は、自分の今ある選択肢以外がみえるため、試しに受けてみてはいかがでしょうか。

4.充実感を得られる仕事を書き出す

充実感を得られる仕事を書き出すことで、やりがいがある職業を選ぶことができます。仕事をする際に、単純作業が多いなど充実感を得にくい職業は嫌だという人がいますよね。

そういった人は、充実感を得ることができる仕事を一度検索して調べて書き出してみてはいかがでしょうか。書き出した中から自分にあった職業を探し出して、詳しく調べるなどして検討する必要があります。充実感を得やすい仕事を書き出して絞ることで、早期に働くことができやすくなるため、おすすめの方法です。

5.没頭できる趣味などを書き出す

没頭できる趣味を持っていませんか?ゲームをしている時やショッピングしている時などどういった趣味でも構いません。自分が没頭することができる趣味など好きなことを書き出すことによって、そこから自分にあった仕事を探すきっかけになるかもしれないためおすすめです。

没頭できることは、いつまでもすることができることになります。趣味と同じ要素を持ち合わせている職業を探し出すことによって、自分にあった仕事を探すことができるため、やってみてはいかがでしょうか。