ワーク

仕事が続かない人の特徴は?原因・理由を探って自分らしい働き方を!

いつも、仕事が続かない…

仕事を始めて長く続かないといったことはありませんか?

辞めたいと思いつつも、無理して仕事に行き続けた結果、長く続かなくて退社してしまうケースは多々あります。実際に、新入社員の離職率は過去20年間で30%前後を辿っており、3分の1は結局仕事が続かないと思い退職してしまっている現状です。

仕事が長く続かないといった人はよくいますが、このようなケースにはいくつかの特徴があります。ここでは仕事を長く続けられるように、仕事が長続きしない人の特徴や原因を学んで役立てましょう。

今回は、仕事を始めて長く続かない人が、続けられるようになるための原因究明方法や特徴、続けられる秘訣などを紹介していきます。

仕事が続かない人の特徴とは?

長期間にわたって続かないという状態は、大きく5つのポイントがあります。長期間働けないといったことには、それぞれ特徴が存在し、人間関係や我慢することが苦手など理由は多いです。

続かないといったことの理由は、仕事自体がつまらないという理由よりも環境に合わないことや人間関係が苦手という人が多くなっています。長期間仕事を続けたいといった人には、特に直した方がいいポイントばかり集めました。

仕事が続かない人に、一度当てはまっているか試してほしい項目ばかりとなっているため、気になる方は一度チェックしてみてください。

1.飽き性

長く続かない理由として特に多いのが、一つのことに集中してできない飽き性タイプです。飽き性の人は、仕事だけでなく他のことでも長く続かない人が多いです。飽き性を直さなければ、何回でも仕事を始めては辞めることを繰り返してしまうでしょう。すぐに仕事をやめてしまう飽き性な人には、我慢が必要です。

飽き性の理由としては、将来に対しての計画を立てずに本能のまま行動してしまうことや、新しさや新鮮さを感じることができなくなってくると楽しくなくなってしまうからです。

結局、興味が飽きてしまうので、大好きだった仕事や趣味でもやめてしまうことになります。

2.人間関係を保つことが苦手

人間関係を保つことが苦手な人は、自分の意見を言い過ぎてしまう人や好き嫌いが激しいといった人に多いです。長く続かない状況をなんとかするために、人間関係を良好にして、仕事をしやすい環境を整えようと思っている人が多くいます。

そういった人は、相手が考えていることをよく聞き、相手の立場を考えながら行動することによって解決に導かれる可能性が高いです。相手と自分を多角的に考えることが重要となってきます。

3.我慢することが苦手

仕事でもプライベートでも我慢することが苦手な人は、続かないといった場合が多いです。我慢することができないと、仕事で少しでも腹が立つことや嫌なことがあったら、そのことが原因となり嫌になり辞めてしまいます。

また、我慢することが苦手な人は、人間関係が良好でない人も多いです。我慢できていない状況になったときは、相手はどのように自分を見ているのかといった、周りの人の気持ちを考えてみてはいかがでしょうか。そうすると、少しは冷静になり我慢できるようになってきます。

4.コミュニケーションがストレス

人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は、なかなか自分から話しかけることができません。話がうまく噛み合わず、途中で途絶えてしまいがちです。コミュニケーションが苦手な人は、話すこと自体がストレスとなってしまい、仕事したくないと思ってしまうことが多いでしょう。

そういった人は、コミュニケーションをあまりとらなくても仕事をすることができる会社で働いてみてはいかがでしょうか。コミュニケーションが少ない会社では、長く続けられる可能性が高くなり、ストレスなく仕事をすることができるようになります。

5.成長意欲が強い

成長意欲が強い人は、一つの場所にとどまるのではなく自分が成長することができる環境や給料面、待遇面がいいところなど、今の場所にとどまることが好きでない人が多いです。今のままの環境で止まるのではなく、自分がより成長速度が速く、刺激的な環境の場所で仕事をしたいと考えていると、仕事が長く続かない原因となってしまいます。

自分が一つの場所で落ち着いて仕事がしたいと考えているのであれば、一つの目標を達成しただけでなく、その先も考えて仕事の成長計画を立てると止まりやすいです。