ワーク

総合職の意味とは|一般職との違いは?詳しい仕事内容・月収を徹底解説!

総合職の平均月収は?

一般的に総合職と一般職を比較すると、総合職の方が給与が高い傾向にあります。その理由としては総合職は将来の幹部候補であるからです。そのため、業務も一般職以上となるために、給与は高い傾向にあります。

総合職の初年度の年収は平均して216万円ほどといわれていますが、この金額は一般職よりも20万円程度高いでしょう。一見するとそこまでの差はないように思われますが、勤続年数が多くなるほど両者の差は開いていきます。

職務上での負担は一般職以上であることからこの差は妥当であるといえるでしょう。

一般職の意味・主な仕事内容とは

一般職とは企業における正社員の採用形態の一つです。主に書類作成やデータ入力をなどを行うことが多いとされていますが、それ以外にも総合職の補助という側面が大きいでしょう。

その他にも顧客対応などの仕事を担っているのも、この一般職の職員で構成されている場合が多いといわれています。

一般職は総合職の補助として書類やデータの管理・作成などを手掛けることでサポートを行っているため、企業間の連携においても欠かすことのできない存在です。また、転勤はないことが多く、マニュアル化された仕事が多いのも一般職の特徴でしょう。

一般職でもエリア総合職として転勤なしで総合職と同じ働きを求められることもあります。近年では総合職と一般職の枠組みを撤廃している企業も出てきていることから、企業によって一般職とは何なのかを調べたうえで採用試験に臨むことがおすすめです。

一般職の平均月収は?

一般職の平均年収として大卒初年度を例に挙げるとするなら195万円程度となり、総合職と比較すると約21万円低いことになります。この差はあくまで初年度のものであり勤続年数が長くなるとこの差はかなり広がるでしょう。

賃金格差の原因として挙げられるのが、総合職は幹部候補としての採用であるため昇進スピードなどの面でも一般職より優遇されているということです。そのかわり、転勤などを命じられることも多いでしょう。給与をとるか勤めやすさをとるかが分かれ道になります。

昇進や給与に重点を置くなら総合職、住み慣れた土地で暮らすや家族と一緒になど同じ土地で暮らすことを望む場合は、一般職がおすすめと言えるでしょう。

総合職と一般職、転勤の有無

転勤の有無についてですが、先にも軽く触れてきましたが基本的に総合職が転勤あり、一般職は転勤無しと考えていてよいでしょう。

その理由として総合職は将来の幹部候補生であるため、いろんな業務を覚える必要があるという側面があるからです。同じ会社内の他部署を移動することも多いですが、転勤を通しても学ぶことも多くあります。

一方の一般職は、総合職のサポートを行うため内勤での仕事が多いでしょう。また業務内容もマニュアル化されているため働きやすいだけでなく、転勤はほぼありません。一般職のメリットは、業務内容が一定であることからその仕事をプロを目指せることでしょう。