ワーク

【履歴書の志望動機】書き方のポイント&5つの例文をマスターしよう!

履歴書で重要なのは、学歴や職歴より、志望動機!?

履歴書では、学歴や職歴を書くのに一生懸命になることも多いでしょう。学齢や職歴が就職の決め手になると思っている人も少なくありません。 しかし、学歴や職歴も大事ですがそれに負けず劣らずなのが、志望動機です。

「なぜ、就職を希望するのか」「なぜその企業でなければいけないのか」「なぜその仕事がしたいのか」といった志望動機を説得力を持って書くことが必要があります。

例えば、複数の会社に就活をしていると、同じような志望動機を履歴書に書いてしまうことがあるとしましょう。

しかし、志望動機というものは、本来は、就職をしたい企業それぞれについて考えて書くものです。つまり、各企業ごとに志望動機というものは異なるのが筋と言えます。これことから、志望動機はとても大切なものです。

採用担当の目に留まる志望動機理由とは?

採用担当者の目に留まる志望動機とはどんなようなものかを、考えたことはありますか?志望動機欄の書き方には、ポイントがあるため、それらを押さえて書くことが大切です。 多くの人が活用している志望動機の例文を真似たり、人と同じような内容の志望動機を書いたりしても、採用担当の目に留まらないでしょう。

目に留まる志望動機は、オリジナリティにあふれているものです。 そして、さまざまなな工夫を施し、説得力のある志望動機となるような、書き方を参考にしてみるといいでしょう。

履歴書の志望動機欄、書き方のポイント

履歴書の志望動機欄を書くには、主に4つのポイントを押さえるといいでしょう。履歴書の志望動機欄は、あまり広いスペースがありませんので、しっかり構成を考えて書くようにします。

履歴書の志望動機欄では、いくつか志望動機をピックアップしながら、「どういう構成にするのか」また「具体的なことをどう盛り込むのか」などを考えることが必要です。詳しく書き方のポイントを4つあげますので、見ていきましょう。

1.構成を意識し、説得力のある内容にする

まず、志望動機欄では「なぜ応募したのか」「なぜその企業でないといけないのか」を説得力のある文章で書く必要があります。そのためには、文章の構成もしっかり意識しましょう。

よく志望動機では、「企業の事業内容や製品、社風などを魅力的に感じました。」などと書きますが、それは多くの人が書くことです。そのため志望動機としては、あまり説得力がありません。

自分が志望するオリジナルの動機を書くことが大切です。そして、転職の場合は、「どうして前職を転職したのか」、「今度は何を目標としているのか」「何を魅力に感じて転職をしようとしているのか」などを詳しく書く必要があります。

つまり、志望動機の文章構成としては、具体的に自分のこれまでの仕事や仕事への姿勢をまず書き、転職理由を伝えます。そして、これからの目標を書き、応募することになった企業の魅力を書くようにします。オリジナリティのある内容で説得力を持って、説明するのがおすすめです。

2.具体性があるかチェックする

志望動機では、より具体性があるかどうかが大事なことです。抽象的な志望動機として例文を挙げると、「御社の将来性に魅力を感じました。」と書いてもどんな将来性なのかがわからないでしょう。

はっきりと自分の言葉で具体的に書きましょう。 例えば、志望動機の例文をご紹介すると「最近では世の中でプラスチックごみ減量化が言われていますが、御社では早くから包装を簡略化した商品を開発されています。将来の環境も配慮した商品となっていることに、あらためて関心致しました。」など具体的に自分が感じたことを書けるようにしましょう。