ワーク

履歴書は手書き・パソコンどちらが正解?転職者が陥りやすい9のポイント

履歴書は手書きorパソコンどっちで書くべき?

 

履歴書を書くときに、手書きでいいのか、パソコンで書いたらいいのか迷ったことはありませんか?手書きの方が、採用担当に受けが良いように感じますよね。しかし、自分の字が下手だと自覚している方にとってはどうでしょう。下手な字で履歴書を作成しても採用担当が見づらくなってしまうので、パソコンで履歴書を作成したほうが良いと思っているのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、履歴書は手書きで書いた方が良いのか?またはパソコンで書いた方が良いのか?というテーマでお送りいたします。履歴書を手書きかパソコンかで迷って作成が進まない方は必見です!

文字を書くことに自信がないときはパソコンにしよう

結論から申しますと、あまり手書きに自信がない方は、パソコンで作成したほうが良いです。手書きが得意でない人は、文字のバランスが悪かったり誤字脱字が目立ったりして、とても読みにくい文字に仕上がります。読みづらい履歴書になってしまっては良い経歴やスキルを持っていたとしても、書類選考に通らなくなってしまうでしょう。手書きに自信がない人は、迷わずパソコンで作成しましょう。

しかしながら、業種や企業によっても手書きの方がいい場合もあります。例えば、不動産のような書類作成をする業種の場合は、文字を正確に書けるかどうかを履歴書でチェックしていることもあるので注意が必要です。

それとは対照的に、パソコンメーカーだったり電機メーカーといった技術的なスキルが求められる業種の場合は、手書きではなくても問題ありません。自分が申し込む企業や業種によって、手書きかパソコンかを選択する方がよさそうです。

手書きでの履歴書の作成に苦手意識がある人は、申し込み企業が手書きで問題ない企業や業種の場合に限り、パソコンで作成するのをおすすめします。

履歴書をパソコンで書くメリット

履歴書をパソコンで書くメリットは4つ。

・読みやすく書ける
・手書きよりも早く書ける
・ミスしても書き直せる
・練習しなくてもいい

順を追って解説します。

1.読みやすく書くことができる

パソコンで書いた文字は、手書きと違って読みやすくなります。なぜなら、文字の大きさとバランスが常に一定であるため、見た目が綺麗になるからです。

手書きで綺麗に履歴書を書けない人は、文字のバランスが悪かったり文字の大きさが一定でなかったりするため、見た目が綺麗になりません。ひどいときは、欄から文字が飛び出てしまう人もいます。

手書きが得意でない人は、何度練習しても綺麗な文字を書くのは難しいでしょう。その点、パソコンで履歴書を書けば、誰がやっても同じ綺麗な文字が書けます。

2.手書きよりも早くできる

手書きよりパソコンの方が早く履歴書を作成できます。タイピングがあまりに遅い人は別ですが、それなりのタイピング技術がある人であれば、圧倒的に手書きより早いでしょう。

手書きだと、どうししても慎重に記入する必要があるので、時間がかかります。文字のバランスや大きさに気を使う必要があるだけでなく、誤字脱字にもかなり気を使う必要もあるでしょう。

しかし、パソコンはタイピング慣れている人は、考えさえまとまっていればバランスの良い文字を打ち込んでいくだけです。また、誤字脱字をしても、すぐに削除して直せます。

パソコンは、手書きよりも早く履歴書を作成できるので、文字の記入に時間をかけたくない方にもおすすめです。

3.ミスしても描き直さなくて良い

手書きで履歴書を作成して一番怖いのは、「記入ミス」ではないでしょうか。ボールペンで記入ミスをして、修正液で直した経験がある方はいるはず。もしくは、履歴書を一から作成しなおした経験がある方もいるのではないでしょうか。

修正液の上から文字を書くとゴワゴワして余計汚くなってしまうなんてこともありますよね。履歴書を作成し直すとなると、手間だけでなく、お金もかかるので大変です。履歴書を作成するのにあまりに時間がかかると、モチベーションも下がりウンザリしてしまいます。

その点、パソコンで作成した履歴書であれば、間違っている箇所を直すだけです。修正液のゴワゴワした上から文字を書く必要もないですし、わざわざ履歴書を書き直す手間もありません。

間違いを恐れずに履歴書を作成できるので、パソコンでの作成は効率が良いといえます。

4.練習の必要がない

履歴書を手書きで作成する場合だと、文字の練習をする必要があります。見やすい字で履歴書を書かなければ、相手は読みにくいでしょう。どうやって書いたら相手に読んでもらえるか?どういうバランスで書いたら読みやすくなるか?を考えると、鉛筆で下書きをする、または文字の練習をしてから履歴書を作成する必要があります。

パソコンであれば、手書きで作成するときに行う練習が必要ありません。書きたいことを頭に浮かべて、下書きと同じ感覚で書いていきます。下書きのように書いて、あとで読みづらい箇所を修正していけば良いでしょう。そうするだけで、綺麗な履歴書が作成できます。

「文字を書く練習などしたくない!」という人は、パソコンで履歴書を書いた方が手っ取り早いのでおすすめです。