ワーク

【転職者向け】Web面接マナー13の注意点!好印象を手に入る面接対策

Web面接で失敗したくない…!

最近では、コロナ禍でWeb面接も増えてきました。Web面接は、対面面接とは異なる点もあり、慣れが必要です。慣れていないために失敗したということがないように、Web面接のマナーを知ってみませんか。

転職者向けにWeb面接のマナーの注意点13個をご紹介します。

Web面接だからといって気を緩めたり、逆に緊張したりしないように対策を取ってみましょう。モニター越しにどうしたら好印象を与えるかを知っておくこともおすすめです。

面接の前に、Web面接で好印象を手に入れるための対策やマナーをしっかり勉強しましょう。

コロナ禍から1年以上。担当者もweb面接慣れしている⁉︎

コロナ禍から1年以上が経ち、多くの企業でWeb面接が開催されています。人事担当者もWeb面接に慣れてきていることでしょう。

一方で、面接を受ける側がまだWeb面接に慣れていないという事情もあります。Web面接では、それなりの事前準備が必要なうえ、Web面接ならではのアクシデントが起こることもあるからです。

Web面接では、Webの面接に慣れてきた人事担当者の印象を悪くしないためにも、対策を練ることが重要となります。ここではさまざまな注意点をまとめてみましたので、Web面接の参考にしましょう。

Web面接と対面面接の違いとは?

Web面接と対面面接の最も大きな違いは、Web面接はオンラインで行うためインターネット環境、Webカムなどの機器に慣れる必要があります。そして「画面越しにコミュニケーションを図りながら対話をすること」に慣れることがとても重要です。

Web面接では、オンラインで行われるために慣れていないと音声や映像にタイムラグを感じるでしょう。また、対面とはちがい、いつものように話すことができないと感じる人もいます。人によっては、視線をどこに置いたらいいのかがわからないという意見もあるほどです。

また対面面接ですと他の学生と一緒に面接を受けますが、Web面接では自分の部屋で一人で受けます。そのため、場所をどう設定したらいいのかと悩む人もいることでしょう。

自分の部屋でWeb面接を受ける場合でも、慣れないと意外と緊張してしまうことがあります。

忘れないで!Web面接の前に確認しておくべきこと

Web面接の前には、できるだけ慣れておくことが大切です。そのために事前にいろいろ確認しておくといいでしょう。家のインターネット環境を調べたり、画面にどう映るのかなどを実際に試してみるのがおすすめです。

家でWeb面接を受けるならはどこで行うのがいいのか、画面上の映り方や印象をチェックしておきます。Web面接が始まってから慌てないために、事前準備をしっかりして決めておくことが大切です。

確認しておきたいことをまず4つ挙げます。

1.インターネット通信速度は遅延してないか?

まず、家や自分の部屋で行う場合は、インターネットの速度をしっかりチェックしましょう。有線ではなく無線WiFi環境の場合、音声や映像が遅れたり切れたりすることがありますので、あらかじめ確認します。

Web面接の場所は、家の中でネット通信の環境が悪い場所になっていないのかを確認しましょう。特にネット環境が無線WiFiなどの場合は、繋がりにくい場合もあり注意が必要です。

また、しっかり準備をしていても途中で繋がらなくなったりすることもあります。トラブル時の対応も事前に考えておくことが必要です。

2.画面の背景は最適なものか?

Web面接では、画面の背景も気にして確認しましょう。画面の背景で印象は大きく異なります。できるだけ何もない壁を背景にするのが最適です。適切な壁がない場合は、カーテンを利用するのもいい方法でしょう。白っぽい壁やカーテンを背景にするのがおすすめです

そして、壁などにポスターなどが貼ってある場合は、それらがない壁を選ぶようにします。生活感が出たり、趣味で飾っているものなどが見えたりしないようにするのがマナーです。